【インターネット】基盤ネットワーク故障への対応



※突然インターネットに繋がらなくなったぞ?
先週の木曜日の夜の話になりますが、突然インターネットに繋がらなくなりました。

と言っても繋がらなくなったのは、家のPCだけです。スマホの方は通常通り繋がるし、会社のPCも繋がっている。
症状としては、例えばyahoo.co.jpにアクセスしようとすると、以下のような画面が出てきます。



そこで、まずはネットワーク診断ツールを実行。



DNSサーバが応答していません。と出てきます。
ここで、ネット回線不通の理由として、DNSサーバまでの接続経路に不良があるか、DNSサーバ自体に故障が発生したかを考えます。

はじめに、自宅のローカル環境について、配線に問題はなさそうな感じです。配線構成を若干変更しても同じ問題が発生します。
次に考えられるのは、モデムの故障か、ルーターの故障です。
コマンドプロンプトからモデムとルーターのIPアドレスを確認してpingを打ってみます。…う~ん。ちゃんとecho replyが返ってくるな…。
という訳で、自宅のローカル環境については、問題はなさそう。

次に考えたのは、OSの不具合です。現在、自宅のOSはWindows8.1を利用しています。
調べたところ、Windows8からは高速スタンバイという不要な機能が実装されていることがわかったため、コントロールパネルから設定解除。
その後、完全シャットダウンを実行。これで直るか?…と思ったものの、インターネットに繋がらない状況変わらず。
しかし、エラー内容が変化します。



モデム故障…?さっきpingをして通ったということは、ローカル側の設定は問題ないと思ったので、あるとしてグローバル側か。
もしかしたら、グローバルアドレスを取得できていないのかもしれません。
という訳でモデムの再起動を実行。しかし、状況変わらず。…何故だ。

ルーター故障の可能性もあるかもしれないので、仕方なく、ルーターのIPをコマンドプロンプトから調べてルーター再起動も実行。
ルーターの再起動は、認証IDと認証パスワードが必要なので、面倒なのですが、仕方がないです。
そして、ルーターの再起動で接続復旧させている時に、新たなエラー『プロバイダ応答なし』が発生。
…これ、基幹ネットワーク側が壊れているんじゃないか?

モデムの状況を確認してみると、LINEが1秒毎に点滅しているし。マジかいな。
という訳で、NTT東日本に電話。結果、同じ場所に住んでいる他のお客さんからの依頼があり、ちょうど基盤ネットワークを修理していたとのこと。
この修理の後、めでたくインターネット回線が復旧しました。良かった良かった。

念のため、モデムを故障扱いにして代替品と交換していただくことにしました。モデム故障の可能性は低くしておきたいので。
2日間インターネットが使えなくなったけど、良いネットワークの仕組みの勉強になりました。


[ 2016/12/11 16:21 ] Audio Visual | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/86-f77c884e