【面談】IBJメンバーズ



※相手を信頼することから始めよう。
ぐぁぁぁぁぁぁぁ…。フラれたー…。

夏に合コンで会った女性にフェードアウトされてしまったので、こちらの気持ちを伝えてワンチャンしてみました。
今度は、フェードアウトはされませんでしたが、結果は『お気持ちにお応えできません』。

でも、これでスッキリしました。2年前に婚活パーティで会った女性に振られた時は、振られたくないで必死でした。
恋愛経験値の不足は、振られることの怖さを招いてしまいます。これが臆病な心の弱点ですね。
今は、ちゃんと振ってくれてありがとう、という気持ちです。…何か無理やり言わせてしまったみたいな形になってしまったな…。

やっぱりフェードアウトされたら何もするべきではなかったか…。自己満足してるもんな…。
2ちゃんねるの結婚相談所の掲示板を見たら、フェードアウトされたらその後に無理やり会っても経験上うまく行かなかったとあります。
今後はフェードアウトされたら、無視をしなきゃな~。

しかし、デートの感触的には悪くなかったのに、何故振られてしまったのか…。やっぱり怖くなったのかな~。
一生懸命考えた上でダメって言ってるし…。結果は同じでもチャンスは欲しかった。何か悪い態度があったんだろうか…。う~ん…。
容姿も性格も良い女性だったので、残念ですね。理由が気になるけど、男性が女性に理由を聞いたらダメだと以前お節介おばさんに言われたし。
仕方がない…。こういう時は切り替えて、行動するに限ります。弱い心に負けて、ぐちぐちくよくよしないと決めています。

という訳で、振られた直後に、IBJメンバーズの無料面談に行って来ました。



フェードアウトされた女性には、振られる確率が高いと予想していたので、振られる前に無料面談の予約をしていました。
仮にフェードアウトされた女性がもし会ってくれたら二股みたいになるのでキャンセルするつもりだったんですが…。
無駄にならなくて良かったのか良くなかったのか…。まあ、考えてもしょうがない。

さて、実は今回無料面談に行ってきたIBJメンバーズは、実は初めて行った訳ではありません。
2年半前にパーティパーティの参加で一度だけ来ています。
今回は婚活パーティではなく、結婚相談所の方が目的だったので、パーティ会場の方はスルーしました。

カウンターで要件を伝えて、近くの椅子で待ちます。
カウンターにいたお兄さん、お姉さんはイケメンさん、美人さんでした。若かったので、社員さんではなくアルバイトさんかな?

それにしても…やっぱり恥ずかしいですね。いや、別に恥ずかしいことなんて本来は何もないと思うんですが、心が意識してしまいます。
売れ残りと表現される婚活者に対する世間の目は冷たいですからね。
まあ、私もこのブログで散々売れ残りという表現を使ってきましたが、それは自分に危機感を持たせるためでした。
甘い言葉で慰められたところで、結局のところ、何も解決しないからです。

婚活を始めた頃は、私は売れ残りじゃない!出会いがないだけだ!という言葉を使って心を慰めていました。
でも、出会いを作るために動かなかったのは自分の責任だし、30歳になる直前まで恋愛や結婚に全く興味を持って来なかったのも私です。
昔、社内の先輩に女性を紹介したいと言われたことがありましたが、その時は恋愛、結婚に興味がなかったため、お断りさせていただきました。

高校までの共学時代にアプローチしてくれた女性の気持ちに応えなかったのも自分です。
女性の交友関係を広げる努力をしなかったのも私の責任です。大学は工学部だったから、外に出なきゃいけなかった…。
大学は交友関係を広げる大きなチャンスだったんですよね。他校と交流なしの男しかいないサークルに入らなきゃ良かった…。

一方で、行動が遅かったために、婚活という経験で多くの既婚者が経験できていないことを体験できている事実もあります。
ある意味で面白い人生を歩んでいるのかな~。

しばらくして個室へ通されます。プロフィールシートの記載を依頼され、カウンセラーさんが来るまでに記載することにします。
この時、飲み物をいただきましたが、いくつか選択肢があり、私は紅茶のホットを選択。
この時期は、HOTが体に染みますね。

プロフィールシートは若干記載する内容が多かったかな。
名前、年齢、住所、電話番号、年収、宗教の有無…。…。…。…。宗教!?
いや、まあ、2年半前にここでご縁があった女性が宗教をやっていたから、今更驚きはしませんが、単独でプロフィールシートに書くのか。
プロフィールシートに書かせるなら、パーティパーティの自己紹介シートにも載せてくれ。2年半前に来た時はなかったぞ。

あとは、タバコの有無、女性の希望年齢、最近の婚活方法、何年以内に結婚がしたいか。カウンセラーさんに何を聞きたいか等を記入。
タバコは一度も吸ったことがないので、これはすぐに記載。何年以内に結婚…。意外と難しいな…。
結婚相談所は最長でも1年しかいる気はなく、そこでもご縁がなかったら婚活自体を止めるつもりでいたので、1年にしとくか。
やるだけやって結婚できないなら、もう後悔もないので、結婚相談所を1年以上やって成果出なかったら続けても意味ないと思ってます。
今は婚活を始めた頃とは違って、頑張ってメンタルを鍛えて来ました。あの時の自分ではもうないと思います。

…あー、でも知人の異業種交流会には行こうかな~。あのイベントはアラフォー中心だから、アラフォー独身なら行こうかな。
まあ、先のことはその時になったら考えればいいや。
アラフォー独身…。もしそうなったら自分をよく知る人は何も言わなくても、世間の目は冷たいだろうな~。問題があると見てくるだろうし…。
実際に、私は臆病な性格でメンタル弱いので、考え方に問題ありますけどね。でも、それを変えたくてまずは結婚相談所の無料相談に来ています。


程なくして、カウンセラーさん登場!おおっ!IBJのHPで紹介されているご本人が!

カウンセラーさん『お待たせいたしました。』
私『本日はよろしくお願いいたします。』

…というやり取りで名刺をいただきます。そして、プロフィールシートを見ながら会話スタート。

カウンセラーさん『あら、32歳なんですね。お若いですね。』
私『ありがとうございます。でも、32歳で独身ですから適齢期は過ぎていますよ。そういう意味では若くありません。』
カウンセラーさん『最近の婚活は友人知人の紹介や合コンなんですか?』
私『はい。友人知人に助けてもらって、紹介をいくつかもらったり、合コンセッティングしてもらったりしています。ありがたいです。』

カウンセラーさん『結婚相談所に来られた理由は?』
私『既婚者が増えて紹介や合コンは難しい年齢になってきていることと、危機感から来ました。』
カウンセラーさん『でも、まだ32歳ですよね。』
私『いや、もう32歳ですよ』

…なんだろう。たくさんの相談所に来るお客さんを見ているはずなのに、カウンセラーさん自身に危機感がない?
成婚させることが目的なのに、お客さんに危機感を持ってもらおうとする姿勢がないのはまずいのでは…。
何というか、何故ここに来たの?的な空気を感じるんだけど…。
友人経由でも私は女性の人脈がほぼないし、30歳になる前に共学時代の女性陣はだいたいが結婚したからな~。

くそ…。今からでも資格試験の予備校か、英会話教室に行くべきか?勉強になるし…。
いや、それだと結婚したいなら時間がかかるし、真剣に結婚を考えている女性に会いたいから相談所を考えている訳で…。
今度、中学時代の友人と飲むから、可能なら紹介して欲しいと頼もう。

カウンセラーさん『どのような女性を探されていますか?』
私『行動力があって、前向きな女性です。』
私『これまでの婚活経験から、付き合ったことがあるか、付き合ったことがなくても一定以上のデート経験値がある女性を探しています。』
私『付き合ったことがある女性は、男性の良いところも良くないところも見て来ていると思うので、男性に夢を見ないと考えています。』
私『アラサーの紹介や合コンに何回か出ていますが、誘われて来ている女性は自分の意思が弱くて、高い結婚願望を感じないので…。』
私『自分の失敗を認められないために男性の失敗を認められず、プライドが高いと感じる女性がアラサー以上の合コンだと多いです。』
私『結婚相談所は、前向きな女性は多いですか?』
カウンセラーさん『多いですね。特に今の時期は前向きな女性の入会が多いですよ。』

おお!やはり自分の足を動かせる女性が来る結婚相談所は前向きな女性が多いのか。でも、営業トークかもしれん。

カウンセラーさん『12月はクリスマスがあるので、10月11月は前向きな気持ちを持っている女性の入会が多いんです。』
私『…!』
カウンセラーさん『正月後の場合、ご家族に心配されて来る女性が多いので、モチベーションが低いことがあるんです。』
カウンセラーさん『でも、モチベーションが低いとダメだと思いますので、モチベーションを上げるのも私たちの仕事です。』

…なるほど。ちゃんと理由も言ってくれたので、前向きな女性が多そうなのは本当かな。

カウンセラーさん『今入会すると、おおよそ3週間後くらいから紹介できますので、ちょうど良いかもしれません。』
私は『クリスマスは女性にとって特別なんですね。』
カウンセラーさん『男性会員さんはほぼ全員女性のこの気持ちを理解できないですけどね(笑)』

…うん。私もよくわかりません。クリスマス、クリスマスイブは祝日じゃないから基本平日で仕事だし。今年は土日で休みだけど。

カウンセラーさん『お客さん、イケメンさんですよね。目と鼻の位置のバランスが良いし…』
私『いや…、自分では、そんなことは思っていないのですが…。もう32歳ですし…』
カウンセラーさん『いやいや、イケメンさんですよ』

あまり、イケメンイケメン言わないで欲しいな。(この後、別のカウンセラーさんにもイケメンと言われる。)
でも、以前アエルラのパーティ後に高収入イケメンがいて、サクラだと思った、とか2ちゃんねるに書かれていたし…。

-----
■婚活にありがちなこと
http://girlschannel.net/topics/962801/

29. 匿名 2016/11/17(木) 14:27:16 [通報]
イケメンはいない。いてもかなりのマイナス面あり。
面食いの女性には婚活は向かない。

220. 匿名 2016/11/17(木) 17:16:15 [通報]
20代や30前半のハイスペでまぁまぁイケメンの男性は婚活の場には滅多にいない。

233. 匿名 2016/11/17(木) 17:51:58 [通報]
美人は歳とってもモテるは幻想。
飲み屋にいた近くの男同士の会話がチラッと聞こえたけど、
「あるあるだけど、美人でモテてきたはずだろうに30過ぎても独身のままなのは絶対地雷があるよな?」
って言ってて、なんだかんだ男も賢いんだな、とは思ったけどね。

私達だって、よほどウブじゃない限り、イケメン、高学歴、高収入のハイスペックな男が突然結婚相談所に出てきたら、
なんかサクラやとんでもないモラハラ気質じゃないか、とか、まず疑うよ。

ちなみに先の男たちは、美人の売れ残りはメンヘラか宗教系じゃないかって疑ってた。
-----

…アエルラで私をサクラだと思った女性は、感覚的には少なくないんだよな…。こういう話を聞くと、婚活市場に行く気が失せる。
それもあって、最近は友人知人経由で合コン参加に切り替えていたのに。友人知人が同席している場合、女性は安心していると感じるし。
私の最大の問題は、臆病な心を持っているという問題だろうな~。1人が楽だと思っている気持ちは間違いなく心にあると感じるし…。

-----
■婚活にありがちなこと
http://girlschannel.net/topics/962801/

302. 匿名 2016/11/17(木) 20:16:24 [通報]
まともな男は自分の力で嫁を探せるので、婚活には絶対きません。
彼女いなくても、高学歴・高収入なら、大学時代や職場のネットワークを利用するから。
稀に心配した親に言われて仕方なく登録したってケースもあるけど。
その辺はわかった上で、そういうところは利用しないと。
-----

私みたいに、人脈男性ばかりみたいな人もいますよ…。私が他人から見てまともな男性かどうかはわかりませんが…。
女性の人脈がほぼないのは、全て自分の責任ですが…。

-----
■婚活にありがちなこと
http://girlschannel.net/topics/962801/

315. 匿名 2016/11/17(木) 21:18:32 [通報]
婚カツ余り物とかいう人いるけど、違うと思う。
出会いがなかったり、理想があったり色々でしょう。
人ってたまたま出会った人としか一緒になれないわけだし。
-----

こういうことを言ってくれる人は、正直ありがたいです。サクラサクラ言われて良い気分じゃないし…。
今振り返ると、アエルラのネットでサクラサクラ言われて、婚活女性への不信に繋がった気がする…。
私も散々婚活女性にこのブログで色々言って来たので同類です。途中からストレスの発散にブログを利用してたしな…。
わかっていはいますが、婚活は相手を知らないからこそ、信用するところから始めないといけませんね。反省です。
婚活が長引くと、性格とメンタルがおかしくなりやすいですね…。


さて、説明は続き…。

カウンセラーさん『それでは、実際のIBJの活動のデモをPCを使ってお見せしたいと思います。』

おお!待ってました!パフパフッ!ドンドンドン!

カウンセラーさん『プライバシー保護のため、写真だけはモデルさんに差し替えたものをお見せします。』
私『あれ?ということは、写真以外は本物のプロフィールということですか?』
カウンセラーさん『はい。そうなります。自己PRは参考になると思います。』

婚活パーティに行っていた時、自己PRを書くことが私は大の苦手でした。何を書けば良いのか全然わからない。
女性に希望することを書けばいいの?宗教NG、タバコNGとか条件を書けば良いの?それとも趣味とか書けば良いの?
自慢話はいらんとか、ネットを見てると女性が知りたい情報が何か全くわからないし…。

カウンセラーさん『自己PRを確認するために、女性の検索をしてみます。』

ついに検索項目が!

カウンセラーさん『対象地域はどこにしますか?』
私『とりあえず関東全域で』
カウンセラーさん『年齢はどうされますか?』
私『28歳から33歳にして下さい。』
カウンセラーさん『同年代の女性をお探しですか?』
私『そうですね。ある程度社会経験を積んでいるアラサーの女性が良いし、女性の立場で考えると、たぶん同世代男性が良いと思うので…。』
私『そういう考え方から、結婚相談所に行くなら、アラサーのうちにと思って今日は来ました。』
カウンセラーさん『…』

いや、何故ここで無言になるの?
女性は手遅れになる前に、男性は手遅れになってから婚活という話を聞くけど、男性も手遅れになったらおしまいですよ…。
アラサーで彼氏なし彼女なしは既に手遅れだと思うのですが…。

カウンセラーさん『学歴はどうされますか?』
私『希望なしで』
カウンセラーさん『血液型はどうされますか?』

…え?血液型?何でもいいです。血液型で女性を選ばないし…。この項目がある理由は、女性かな。女性は占い好き傾向あるから。

私『未選択で。あと、残りの項目は全て未選択で良いです。』

こうして、28歳から33歳までの関東で活動している女性が検索されることになります。
今日時点で関東には何人在籍しているんだろう。

カウンセラーさん『4500人ヒットしました。』
私『…え!?』

予想以上に多いな…。アラサーだと結婚したい女性多いんだな~。
先日、関東にいるIBJ女性会員は5000人を予想しましたが、近い数値が出て驚きました。私の勘も捨てたもんじゃないですね。
…というか、女性は都市部に住むことが好きなのか?ネットを見ていると地方は嫌だという女性多いし…。

カウンセラーさん『ヒット数を減らしましょう。東京都神奈川だけにしてみましょうか。』
私『そうですね。』

再検索開始。結果は…。

カウンセラーさん『2500人ヒットしました。』
私『…え???』

東京と神奈川だけで2500人もいるんですかw 裏を返すと、埼玉、千葉のIBJ女性会員ってそんなに多くないんだな。

カウンセラーさん『神奈川だけにしてみましょうか。』
私『そうですね。』

再検索開始。結果は…。

カウンセラーさん『400人ヒットしました。』
私『では、ここから自己PRいくつか見させていただく感じで。』

…東京だけで2100人のIBJ女性会員(28歳~33歳)がいるとは…。凄いな~。さすがIBJは会員数が多いだけあるな。
ちなみに、IBJの男性会員比率は低いようです。女性の方が多いとハッキリ言っていました。結婚願望はやはり女性が強いか。
カウンセラーさんの話だと、28歳になると結婚相談所に来られる女性が多いとのこと。30歳で結婚したいなら29歳からだと遅いしな。
自己PRを見ると、なるほど。皆さん、自分のことをうまく書いているな~と思います。こういうのは私は不器用だからな…。

カウンセラーさん『私たちが添削しながら自己PRをかけますよ。』
私『おお!そうなんですか?助かります。自己PRを書くことが苦手なので。女性の視点(カウンセラーさんは女性)を取り入れたいです。』
カウンセラーさん『入会された場合は、弊社カウンセラーと一緒に考えていきましょう。』

自己PR以外にも、カウンセラーさんからの紹介コメントの記載も並列に記載されることがわかりました。
これはありがたいな。個人の自己PRだけだと、女性にサクラと思われる可能性を減らせるかも。
…というか私はイケメンじゃないと思うし、年収も多くない…と思うので、サクラだと思われない…と思いたい。

私『基本はPCからお見合いしたい女性を探す感じですか?』
カウンセラーさん『あとはスマホですね。』

…通勤時に電車内で女性を検索できるな…と一瞬思ったけど、止めよう。
電車の中でスマホで女性を写真付きでページをめくりながら検索するのは良くない気がする。傍から見たら危ない男性かもしれん。

カウンセラーさん『プロフィールさえ書いてしまえば、24時間お相手を探せますよ。』
私『そうですね。最近は夜勤があるので、休憩中の昼間も探せるのは良いですね。』

そんな話をしつつ、プロフィールを見ていると、気になるボタンが。

私『お見合い申し込みボタンの横にあるお気に入りボタンって何に使うんですか?』
カウンセラーさん『お気に入りに登録すると、カウンセラーからはそれが見えるので、お相手の異性に紹介をセッティングすることがあります。』
カウンセラーさん『この方があなたをお気に入りに登録しています。宜しければ、一度お見合いしてみませんか?という感じです。』
私『なるほど。そういう用途にも使うということですね。』
カウンセラーさん『1人でも多くの方に成婚していただきたいので。』

何となく、これは女性会員のために作られたシステムな気がするな。
お見合い申し込みしてお断りされると辛いからお気に入りに登録して、その情報をカウンセラーさんが収集して相手の男性に呼びかける。
お断りの場合は、女性にはそれが伝わらないので、精神的にノーダメージということです。うまく考えているな~。

ただし、会員数が多く、1人で60人以上のお世話をしているため、上記の仕事をするかは100%保証はないとのこと。
やはり本当に良いと思ったら、自分からお見合い申し込みボタンを押して振られる覚悟でアタックが必須か。
ちなみに、これにより、各個人が持っている1か月当たりのお見合い申し込み数が減少することはないとのことです。

私『お見合い申し込み数はコースによって違いますが、何件くらいが良いんでしょうか?』
カウンセラーさん『20件が一番良いかと思います。』
私『女性からの申し込みでそれを承諾した場合、私ができる申し込み数は減りますか?』
カウンセラーさん『減らないです。』

仮に自分が女性20人にお見合いを申し込んで、別の女性20人が私にお見合い申し込みをしたとして、最大40件/月お見合いできるのか。

私『だいたい、お見合い承諾率はどのくらいですか?』
カウンセラーさん『1割から2割くらいです。月に4-5件お見合いが組めると思います。』

ということは、単純計算で16~18回毎月女性からお見合いお断りメッセージが届くのか。これは精神的に来るな…。
プライドが高いと精神がズタズタになってあっという間に退会するような気がする。
プライドの高い女性だとIBJには来れないな…。これは病むぞ…。結婚相談所に来る前にプライドをなくす努力をしたことは正解だった。

私『女性からお見合い申し込みは来ないかもしれないので、お見合いを組むだけでも大変ですね。』
カウンセラーさん『お客様は、女性からの申し込みが多そうな気がします。』

…うーん。もし本当にそうなら嬉しいけど。たまたま大手企業に所属しているだけなんだけどな。
逆にサクラサクラと婚活パーティの女性に2ちゃんねるの掲示板に書かれたので、女性が不審に感じて申し込みない気がするんだが…。
…私は結婚相談所では相手を信用することから始めると決めているので、サクラと疑う女性とは会ってもうまく行かないだろうし、いっか。

私『男性は女性を選んでいいんでしょうか?』
カウンセラーさん『何故そのような質問を?』
私『アラサーで既婚者になった友達の奥さんに出会いのきっかけを聞くと、ほとんどが友達のアプローチを受けて結婚しています。』
私『アラサー合コンに出ている女性は、自分が好きになった男性じゃないとダメなタイプが多いと感じています。』

女性は誘われる性のため、自分から男性をデートに誘うことは多くありません。
したがって、容姿も性格も良い女性は合コンにはいても、愛されるより愛する人に愛されたいという要求をする傾向を感じています。
婚活からの結婚で、男女双方が第一印象で互いに強い興味を持たないと成婚がなかなかできていない1つの理由はこれでしょう。

結婚相談所のブログを読んでいると、成婚しているカップルは、だいたいそんな感じです。特に、女性に初見で興味を持たれなかったらアウトです。
そういうことがあるから、私は毎日2kmランニングしたり、自炊することで野菜中心に30品目摂取して、スタイルを維持する努力をしてるのに…。
これまで女性に興味を持って来なかった自分に反省もして、最近は安い値段の服でも組み合わせを考えておしゃれにも気を配ってるんだけどな。

昔の友人に会うと、服装がカジュアルになったと言われるし、応対して下さったカウンセラーさんからも全員におしゃれだと言われました。
しかし、頑張ったら頑張ったで、今度は婚活女性にサクラの疑いをかけられるとか…。だから、婚活女性に不信感をもった訳です。
逆に、婚活女性はすぐに男性を不信に思いやすいから、婚活してるんじゃないのか?と考えたこともあります。
結婚相談所に在籍している女性は、そうではないと信じたい。

そういえば、婚活を始めた直後に1人だけ結婚相談所に在籍している女性がいました。
結局、デート代を全部おごってくれという感じを受けたので断ってしまいましたが、断った時に彼女だけは唯一、

『こちらこそ、ありがとうございました。男性のお気持ちを知る上で大変勉強になりました。』

と言って下さいました。断った後にお礼を言ってくれた女性は彼女ただ1人です。以降の女性はフェードアウトか罵声でした。
あれから婚活を3年続けていますが、今振り返ると、一番マナーができていた女性だったかもしれない。
結婚相談所に在籍している女性は、結婚相談所で婚活していない女性とは、やはり違う可能性はありそうだ。
恥ずかしい気持ちを押して、大金払って本気で結婚したいと思って、お見合い申し込みを断られても頑張っている女性たちだもんな~。

-----
■婚活にありがちなこと
http://girlschannel.net/topics/962801/

233. 匿名 2016/11/17(木) 17:51:58 [通報]
美人は歳とってもモテるは幻想。
飲み屋にいた近くの男同士の会話がチラッと聞こえたけど、
「あるあるだけど、美人でモテてきたはずだろうに30過ぎても独身のままなのは絶対地雷があるよな?」
って言ってて、なんだかんだ男も賢いんだな、とは思ったけどね。

私達だって、よほどウブじゃない限り、イケメン、高学歴、高収入のハイスペックな男が突然結婚相談所に出てきたら、
なんかサクラやとんでもないモラハラ気質じゃないか、とか、まず疑うよ。

ちなみに先の男たちは、美人の売れ残りはメンヘラか宗教系じゃないかって疑ってた。
-----

…ガールズちゃんねるに上記のコメントをした女性は、結婚相談所に在籍してない可能性がある気がする。
本当に在籍しているのか?在籍してないなら、空想で結婚相談所にいる男性を語って欲しくない。こういう女性とはご縁を持ちたくない。
…自分もこれまで空想で婚活女性を色々と語ってしまったからなー。同じことをしていたということか。

いかんいかん。やはり相手と初めて会うからこそ、信用からしなければ。これ、成婚したいなら大事!
女性の人脈がないなら、相手を信頼することから始めないと、何も起こらない。相手を信頼した方が婚活はたぶん楽しいしな。
結婚相談所ならアムウェイみたいなこともないだろうし、相手に信用もしやすい。女性の人脈がなくて結婚したいなら結婚相談所一択か。
例えば電車でナンパしても断られるのは男性に信用がないからで、結婚相談所に在籍している女性は男性に信用が欲しいから在籍しているはず。

私の場合は、結婚に本気だからこそ、もし自分をいいと言ってくれる女性がいるのであれば、その気持ちを大事にしたいと思います。

もちろん、私はスタイルを良くして維持する努力をしていますし、第一印象を良くする努力をしていない女性はお断りします。
婚活しているのに第一印象を良くする努力ができないのであれば、たぶん、結婚してもぐーたらしそうだし。
独身時代に婚活中も私生活を律せない女性は、結婚してもたぶん直りません。自分に甘い女性は私が求める女性ではないです。
カウンセラーさんには、第一印象を良くする努力ができない女性はNGと伝えました。

そこさえ努力してくれるのであれば、あとは自分を良いと言ってくれたプライドが高くない女性とご縁があれば良いなと思っています。
おそらくですが、女性は出産を本能で考え、男性は女性を守ることを本能で考えているような気がします。
この推測が事実の場合、女性は自分を守ってくれる男性を探し、男性は女性に選ばれるために努力することが求められるということです。

したがって、男性は自分にアプローチしてくれた女性を選び、その女性と結婚した方が円満な結婚生活になりやすい気がしています。
アプローチしてくれた女性が複数いる場合は、その中から選ぶ必要はありますが。
そう考えると、女性は男性を選ぶ立場とは言え、モテる男性を選びたいなら第一印象を良くする努力が必要になります。
つまり、モテる男性が良い女性は、他の競争相手の女性に勝つための『選ばれる』ための努力が男性と同様に必要になります。

私は、産まれた時から容姿に恵まれた女性が良い訳ではありません。
容姿を良くする努力と自分の失敗を認める努力ができる女性こそ、真の美人だと思っています。
昨年、偶然再会した中学時代に私にアプローチしてくれた美人さんは、再会した時、高いプライドを感じました。

生まれた時から容姿に恵まれていて男性のアプローチを受けてきたため、プライドをなくす努力をしなかったのだと思います。
子供と一緒に幸せな家庭を築いているようには感じましたが、性格の面では、私が求める女性ではありませんでした。
私の場合は、プライドの高い女性はどんなに美人でも一緒にいて疲れます。それを婚活して気づきました。
プライドの高さは自分の失敗を認められない心の弱さから来ます。私にアプローチして失敗したことを認められなかったのでしょう。
結婚相談所に来る女性は、恥ずかしさに勝てる女性が一定数在籍していると思います。もし、それが事実なら…

私『理想が高い女性は在籍していますか?』
カウウンセラーさん『…一定数いらっしゃいますね。下げるように言ってもなかなかできなくて、そのような女性は長期会員になっています。』
私『逆に成婚している女性は、どのような女性ですか?』
カウンセラーさん『カウンセラーの話を素直に聞いてくれる女性は、成婚していく確率が高いです。』

この言葉を聞いて、私はプライドをなくす努力ができる女性が、IBJには在籍していることを確信しました。
素直に人の話を聞ける。言葉にすると簡単ですが、心で理解することは非常に難しいことです。
何故なら、人の話を素直に聞ける人はプライドが高くありません。自分の弱い心に言い訳をしない人にしかこれはできないのです。


そういえば、以前アエルラにいた美人女性で、たぶん私のちょっとした行動か仕草で一発なし判定したと思われる女性がいたな。
そういう婚活女性は結婚相談所には多いのだろうか?

私『カウンセラーさんから見て、こんな理由で男性にNG出すの?という女性はいますか?』
カウンセラーさん『残念ながらいらっしゃいます。例えば、3回目のデートでいきなり高そうな服を着て来てNGを出した女性がいました。』
私『…何故、NGを出したんでしょうか?』
カウンセラーさん『高そうな服を着て来たので、浪費癖があるのだと思い、NGにしたそうです。』
私『スゴイ思い込みですね。というか、そんな表面的なことで一発NGは男性が可愛そうです。』
カウンセラーさん『男性に事情を聞いたら、その日は仕事着(高価な服が必要な仕事)で行こうと思っただけで、特に他意はなかったそうです。』
カウンセラーさん『女性に男性のその事情を話したら納得されて、NGをOKに変更されました。最終的に結婚しています。』
私『こういうのが結婚相談所の仕事ですね。』
カウンセラーさん『お互いの誤解を解いていくことも結婚相談所の仕事です。』
カウンセラーさん『NGのまま変更なしのことも多々ありますが、私たちはNGの際は必ず理由を聞くようにしています。』
カウンセラーさん『NGの理由を収集すれば、次はそれを踏まえた異性をご紹介できたり、寄りを戻すきっかけにもなります。』
私『相手をよく知らないからこそ、相手に警戒心を持ったり疑ったりしますから。でも、相手をよく知る努力が足りない気がしますね。』
カウンセラーさん『そういう女性に気づきを与えることも私たちの仕事です。』

具体例を出し、自分の考え方をしっかり話してくれる当たり、サポートはしっかりしている印象をIBJからは受けました。
ところで…

私『そういうちょっとしたことで、男性にNGを出す女性は、全体でどの程度いらっしゃいますか?』
カウンセラーさん『おおよそ1割くらいです。』

1割もいるのか。ちょっとしたことですぐに男性にNGを出す女性は、結婚相談所なら少ないと思っていたんだが…。
いや、逆か。そういうちょっとしたことですぐに男性にNGを出すから結婚できなくて、結婚相談所に来るのか。
やはり客観的に自分を見て来る第3者がいないと結婚できない女性は一定数婚活女性にはいるんだな。


カウンセラーさん『合コンや紹介はどの程度あるのでしょうか?』
私『1か月に1回程度です。』
カウンセラーさん『なかなかうまくいっていない感じでしょうか?』
私『そうですね。実は、ここに来る直前に振られました。』
カウンセラーさん『デートは何回されているんですか?』
私『1回行きました。パフェ食べた後に少し散歩もしましたし、見た感じ私に興味を持っていたと思います。』
私『LINEを見る限り、相当悩んでくれてお断りになったことは伝わりました。しかし、デートの感触から何故断られたのかわかりません。』
私『男性に対する心も広いと感じる女性で、男性の失敗を許すことができるアラサーではなかなか見つからない女性でした。』
カウンセラーさん『もしかすると、その女性は何かトラウマを抱えている可能性がありますね。』
私『トラウマですか?』
カウンセラーさん『結婚相談所にも稀にそういう女性がいらっしゃいます。』
カウンセラーさん『それまでは結婚がずっと遠い夢のところにあったのに、急に現実味を帯びて来て怖くなってしまったのです。』
カウンセラーさん『そのような女性は、子供の頃に心に傷を負っている可能性が高いです。』
カウンセラーさん『例えば、子供の頃に食事をテーブルに運ぶ途中で床に落として、お父さんに引っぱたかれたとかですね。』
私『…。』
私『これを一度やってしまった女性は、直ることはあるのでしょうか?』
カウンセラーさん『これをやってしまう女性は、同じことを繰り返します。私は過去に会ったこのような女性には相談所退会をお願いしました。』
カウンセラーさん『このような女性は何をやっても結婚できない女性です。深追いせず、諦めて次に行かれた方が良いです。』

今回私を振った女性が過去にトラウマを持っているかどうかはわかりません。でも、何となくトラウマを持っている気がする。
不思議なことに自分と同じ境遇を感じた女性だったんですよね。

私も小学3年生の時に当時のクラスメイトに好きな女性を教えたら、皆には秘密にすると言っていたのに、後日クラス中にバラされました。
クラスメイト全員にからかわれ、当時は太っていたこともあって、いじめの対象にされました。あれで人間不信になってしまった気がする。
幸いにも直後に父親の転勤で、その学校の人とはお別れになりましたが…。

私が恋愛に臆病になってしまったのは、たぶん、これが1つの原因かもしれないな。
以降、女性からアプローチを受けても恋愛を心のどこかで面倒としか思えなくなってしまっていたような気がしています。
今もメンタルが弱いのは、当時のことが尾を引いているのかもしれない。
一度弱った心を元に戻すことの大変さは婚活を3年やっている私自身が一番よく知っています。

『ごめん。みんなに話しちゃった。』
で済ましたクラスメイトは今、何をしているんだろうか。…メンタルを鍛えようと思って頑張っている今の自分にはどうでも良い話か。
人は他人に認められたい気持ちを本能で持っているため、努力できない人は他人をネタに自分を友達の輪の中心に持って行きたがります。
真面目な人間が損をするのは虚しい話ですね。ずる賢い人間が得をする世の中になってしまっています。
コツコツ頑張ったけど、なかなか報われなかった。そんな真面目な女性が結婚相談所にいるといいなー。

-----
【2016/12/4 追記】
2ちゃんねるを見たら、たぶん、↓のような人の可能性もある気がしました。
女性に行動力があるかどうかを見極める力は本当に重要です。

>>458
結局わからん。
相手コンシェルジュも俺に対するNGポイントは何も聞いてないらしく、展開が早すぎて気持ちがついてきてないだけじゃないか、と。
結婚したくて婚活始めたはずが、いざ具体的な話になったらマリッジブルーって、どういうこっちゃ。
ここは他の女性会員の意見も聞いてみたいところだ。

とにかく根気強く連絡取り続けるわ。
-----

私『私は結婚を"目的"に婚活している訳ではありません。一緒にいたいと思った時に、結婚はその"手段"だと思っています。』
私『この人と幸せになりたいだと、結婚は目的になります。でもこの人となら不幸になってもいいだと、結婚は手段になるはずです。』
私『結婚の目的が幸せなら、例えば会社が倒産してお金がなくなって不幸せになったら、離婚になるのか?そうではないはずです。』
私『この人となら幸せになっても不幸になっても一緒にいたい。それが結婚の本当の意味だと思っています。』
カウンセラーさん『素晴らしい考えですね。私もそう思います。』

私の考えは間違っていないようです。よし!ちょっとだけ自分の考え方に自信がついたぞ!


さて、カウンセラーさんとの話は続いていきます。



私『マッチングツールにある"共感マッチ"とは何ですか?』
カウンセラーさん『性格を含めたお相手への要望から、ご希望に沿った相手を探して紹介するシステムです。』
私『エントリーコースとスマートコースだと、紹介はないように見えますが、こちらの紹介とは別なんですか?』
カウンセラーさん『別になります。マッチングツールと紹介は別のものになります。』
カウンセラーさん『紹介というのは、カウンセラーさんから見て、この人はあの人に合うかも!と思った場合に紹介するシステムです。』
カウンセラーさん『共感マッチは簡単にいうと、カウンセラーがお相手へのご希望を聞きますので、この部分で違いがあります。』
カウンセラーさん『共感マッチはパートナーエージェントさんのマッチングシステムと似たようなものですね。』
私『例えば、プライムコースの女性の紹介の範囲は、IBJ所属会員全員になりますか?』
カウンセラーさん『そうなります。お互いがスマートプラス、プライムのどちらかのコースに入っている範囲で紹介はしません。』

なるほどね。うーん。紹介は私はいいかな~。とすると、20件お見合い申し込みができるスマートコースが一番良さげかな。
エグゼクティブコースは5人/月しかお見合い申し込みできないから、2か月に1回くらいしかお見合いできなそうだし…。
…あ、マッチングラボとみんなのフォトの説明を聞くのを忘れた。まあ、いっか。


私『お相手のプロフィール検索に当たって、非公開にされている情報ってありますか?例えば、写真とか。』
カウンセラーさん『写真非公開は可能ですね。医師と教師の方だと多いです。ネットワークが狭いので、バレやすいという理由だそうです。』
私『私は、写真非公開のお相手に申し込みする気は起きないので、そのようなお相手は最初からお断りかな…。』
カウンセラーさん『オプション公開になっていますので、相手が特定個人への公開許可をするかお見合い許可をすれば写真を見れますよ。』

相手が許可するケースって、私の申し込みを相手が許可するか、相手からお見合い申し込みするケースの2つしか基本ないでしょ…。
そもそも結婚相談所で活動をすることが恥ずかしいと思っていないと、写真非公開という理由にはならないと思う。
結婚相談所での活動を人に話すことを恥ずかしい気持ちはわかりますが、自分の気持ちに素直になれる女性が良いので、
写真非公開の女性は他の条件がどのような条件であってもお見合いは申し込みしなくていいかな。相手から申し込みがあった場合だけ考えよう。




うーん。スマートコースの初期費用は消費税を含めて約25万円かー。大きな出費だなー。
…たくさん残業できるように資格を取得するために勉強を続けて実力をつけよう!そうすれば給料は上がる!(笑)
消費した分は、頑張って稼げば良いと思います。今、ここで投資しないと↓になる可能性があります。

----------------
■結婚出来ないことが苦しくて、つらい方
http://girlschannel.net/topics/956930/
58. 匿名 2016/11/11(金) 23:16:24 [通報]

年齢的にもまだ諦めるのは早いです。
お見合いパーティーなどは嫌ですか。お見合い相談所には行きたくないですか。
正直申し上げて、なかなか自然に出会う確率は低いですしコンパで会って付き合っても相手が結婚を考えていなかったら最悪のパターンです。
私はそんなところなんかに行かなくてもできるという変なプライドは捨てて下さい。
私はそんな方を何人もみて、40代後半になっても独身で選べる年齢で行けば良かったと言っていました。

私も結婚出来なくて辛くて、でも自然に会いたくてを繰り返しこれは無理だと相談所に入会しました。

30代後半の12回目のお見合いでやっと主人に会いました。約1年半、まだ早い方です。
パーティも相談所も本当に疲れます。
でも結婚出来ない方が辛いなら、一度行ってみてください。
----------------

結婚相談所で活動する人に世間が冷たい理由は、高いお金を払わないとお相手を見つけられない魅力ない人だと思うからだろうな。
確かにそうかもしれませんが、いたとしても一部だけであり、全員がそうではないと思うんですけどね。
そもそも本当にヤバイ人は、婚活すらしないと思うからです。
結婚したら独身時代よりお金はずっとかかるので、逆に考えると結婚相談所の料金の高さに躊躇する人は、結婚に覚悟がないと思います。



IBJのHPにも載っている女性の方のため、このブログにも載せてしまいますが、綺麗な女性だもんな~。
世間は性格に問題があるに違いない、とか言うのだと思いますが、そうでない女性もたくさんいると思います。
彼氏さんとうまくいかなかったのかもしれませんし、人には色々事情があるのでしょう。

先に話しましたが、人には他者に認められたいという感情があります。自分を肯定してもらいたい訳です。
しかし、人は自分に努力ができない人を肯定的には見ないことが多いです。そのため、努力できない人は他者に簡単に認められません。
努力ができない人が人に注目されるには、自分のことでは他者に注目されないので、他人をネタにするしかありません。
そして、自分は悪くない、相手が悪いと決めつけ、毎回自分に都合の良い論破をしようとします。
このような人は話に筋がありません。そのため、ある程度同じ時間を過ごすと違和感を感じるようになります。

努力できない人が結婚できない理由はこれだと思います。自分を棚に上げて叩く人は、自分に努力ができない人なのです。
そんな世間の声にも負けず、本気で結婚したくて素直に相談所に来れる女性は話に筋が通っていて素敵だと思います。
考えていることと行動していることが一致しているからです。

私は20代の頃はオタク活動生活を中心にしていたため、攻撃的なオタク(何があっても相手を否定し、自分を肯定する)を見てきました。
自分も少なからず、そういう面はあったのでわかりますが、自分を傷つけられることが怖い弱メンタルを持ってるから、そうなってしまいます。
全員ではありませんが、世間からオタクがバカにされる風潮があるのは、他人を認められない努力しない人の存在にあります。
そういう意味では、結婚相談所には素敵な女性はきっと多いと思います。自分に素直になることは簡単にはできません。
それだけ結婚したい気持ちが本物なのでしょう。まあ、全員がそうか?と言われれば、それは違うとは思います。確率の問題です。


IBJのカウンセラーさんとは、予定時間を大幅に超過し、2時間半も無料面談していただきました。
忙しい中、ありがたい話です。まあ、これも仕事ですからね。相談所が一社しかなかったら、カウンセラーさんも親身になってくれなかったでしょう。

さて、IBJのことはだいたいわかりました。独身証明書とか、源泉証明書とか、そういったものは郵送対応も可能なことがわかりました。
まさか役所や母校に取りに行く必要がないとは思わなかったですが、色々な意味でラッキーです。

結局のところ、婚活からの結婚が難しい理由は、相手に対する信頼の有無にあります。
相手に対して信頼をするためには時間が必要です。信頼がないから、つまり、相手のことをよく知らないから相手を疑ってしまいます。
婚活では、相手をよく知らないために疑心暗鬼になってしまい、ちょっとしたことで相手に警戒心を抱いてしまう訳です。

一方で、知らない相手との間に信頼できる友人知人が入ると、人は案外簡単に相手を信頼してしまいます。
そのため、婚活をする時に最も考えなければいけないことは、如何に相手に自分を信頼してもらうかにかかっています。
そういう意味でも、正しい婚活は、

①信頼のおける友人知人経由で飲み会や紹介を受ける。
②相手を信用することから始めようという前向きな気持ちで婚活をする。

このどちらかしかないと思います。
結婚相談所は、他の婚活方法と同じで相手のことはわかりませんが、独身証明書等の提出が必要なため、虚偽ができません。
また、カウンセラーさんが間に入ってくれることで、よく知らない相手にしやすい誤解を解くこともできます。

したがって、信頼のある第3者が入らない婚活は、結婚相談所で前向きに婚活を行うことが最も良いと思います。
よく知らないからこそ、相手を信用してみよう。この気持ちを持って結婚相談所に行けるなら、結婚はできると思います。
独身証明書等の書類の提出は、知らない相手を短時間で信用するための1つのツールです。


あとは、私の決心だけです。パートナーエージェントよりもIBJの活動の方が私は合っていそうです。
1週間くらい悩んで気持ちを固めて入会を決めようと思います。


[ 2016/11/20 15:03 ] 婚活 | TB(0) | CM(2)

血液型を気にする(と言うか性格と直結していると頑なに信じている)人は居ますね。俺の友人にも一人、居ます。男ですが。
確か、こういった血液型信仰があるのは世界的に見ても日本だけだと聞いたことがあります。
このような考えの発端とここまで根付いてしまった経緯について関心が尽きません。いや、やっぱりどうでもいい気もします。

しかしまあ、アラサーで婚活するとなるとイケメンや美人に対して警戒心を露わにするものなんですね。男性も女性も似たようなことを考えるものです。
外見が良くて結婚できないなら内面に問題があると考えてしまうのは自然ではありますが、それは理由の一部でしかない気がします。
10の外見の男性には10の女性を、という風に考えているとイケメンや美人を同じ人間だと認識できなくなりますので、真の理由はそれなのでは。
・・・はい、俺がそうです。
[ 2016/11/21 22:02 ] [ 編集 ]

>> 餅ドラゴンさん

昨夜は夜勤で今、起きた。夜勤はやっぱり体に良くないね(笑)
合コンに行くと、血液型の話をされることは少なくないかなと思う。話題の1つになる、というところかな~。日本だけなのか。意外。

この1年は合コンを中心にやってきたけど、そろそろ人集めも年齢的に限界で、なかなか人が集まらないね。結婚してる人が多くて…。
やるだけやってダメなら、もう悔いはないかな。結婚には縁がなかったということで。余生をノンビリ過ごすことも良いと思う。
[ 2016/11/22 17:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/82-2db5ab9c