【検討】結婚相談所の選び方



※明るく、楽しく、貴重な経験に挑戦してみよう!
さて、前回の日記で記載したように、結婚相談所の選定に当たって、どこに行こうかなーと考えています。

もちろん、一緒にいて楽しいと感じられる女性がいるかどうかは運の要素も絡みますが、なるべく可能性は高い方が良いです。
複数の結婚相談所に行く選択肢もありますが、基本は1つにしようと思っています。お金も無尽蔵にある訳ではありません(汗)
後は紹介や合コンや異業種交流会も継続して探って行きたいと考えています。人のツテを利用することも大切なことです。

結婚相談所の選定に当たって考えなければいけないことは、大きく2点あると思っています。

① 自分が求める女性像は何か?
② 女性心理を分析して、①の求める女性がどこに行くか?


婚活を始めた頃、私は何も考えていませんでした。29歳で20代最後だし、行ってみようかな、という考えからです。
そのため、男性心理の本能に忠実な形で女性に興味を持っていたと思います。振り返ると興味を持ったポイントは若さと容姿ですね。
やはり、男性心理を分析すると、女性の若さと容姿に大きく惹かれるようにできているようです。

では、このことも含めて、これまでにご縁の会った女性を時系列で改めて振り返ってみたいと思います。
年齢は出会った時点の年齢です。

-----
出会った時期: 2013/12
出会った場所: 婚活パーティ(自治体主催)
学歴/年齢:   高卒/25歳(年齢差-4)
仕事:      不明
デート回数:   0回
連絡した人:  私
申し込み理由: 容姿と若さに惹かれたため。
断った人:    私
断った理由:  お金がないと言いつつ、遊びに使うお金はあるという発言から。(男性に金銭で頼る気満々)
特記事項:   結婚相談所に登録済(ただし、親の意向)

-----
出会った時期: 2013/12
出会った場所: 婚活パーティ(自治体主催)
学歴/年齢:   大卒/23歳(年齢差-6)
仕事:      自転車屋さん
デート回数:   3回
連絡した人:  私
申し込み理由: 真面目な性格に惹かれたため。
断った人:    自然消滅
断った理由:  容姿が好みではなく、いつの間にか私から連絡を取らなくなった。
特記事項:   付き合った経験なし(好きな男性に告白した経験あり)

-----
出会った時期: 2014/4
出会った場所: 婚活パーティ(パーティパーティ)
学歴/年齢:   大卒/29歳(年齢差0)
仕事:      不明
デート回数:   0回
連絡した人:  マッチングシートによるカップリング
申し込み理由: アニメの話題で盛り上がれたから。
断った人:    女性
断った理由:  宗教をやっていることを理由に断られた。
特記事項:   宗教(イスラム教)をやっていた(女性談のため、事実かどうかは不明)

-----
出会った時期: 2014/5
出会った場所: 婚活パーティ(アエルラ)
学歴/年齢:   大卒/30歳(年齢差+1)
仕事:      小学校の給仕係
デート回数:   0回
連絡した人:  マッチングシートによるカップリング
申し込み理由: フリータイムで最初に来てくれたから。
断った人:    私
断った理由:  婚活パーティ後の飲み会で、下品な発言が続いたから。
特記事項:   断った際に『私も合っていないと思っていました。』と言われた。

-----
出会った時期: 2014/5
出会った場所: 婚活パーティ(アエルラ)
学歴/年齢:   大卒/27歳(年齢差-3)
仕事:      声優
デート回数:   3回
連絡した人:  マッチングシートによるカップリング
申し込み理由: 中間シートで私を指名していたから。
断った人:    女性
断った理由:  実家が資産家であり、将来婿養子を取るために実家に戻る必要があると言われたため。
特記事項:   断られてから1年後、Facebookが本人であれば結婚していた。苗字が変わっていたため、婿養子は取っていない。
          Facebookの情報が正しければ、実家の都道府県が本人の話と異なっていた。断った理由は嘘であったかな?
          ただ、嘘をついた理由は、デートで話した内容から私では釣り合わなくて申し訳ないという理由で口実を作った気がした。

-----
出会った時期: 2014/8
出会った場所: お見合い(母親の友人の友人の娘さん)
学歴/年齢:   大卒/28歳(年齢差-2)
仕事:      大手グループ企業会社員
デート回数:   9回
連絡した人:  私
申し込み理由: 女性から連絡先交換を求められた。
断った人:    私/女性(同時)
断った理由:  コミュ力が低過ぎて一緒にいて疲れるから。女性側の断った理由は、私が海外勤務に興味がある話をしたから(推定)
特記事項:   付き合った経験なし(告白した経験も告白された経験もなし)

-----
出会った時期: 2015/4
出会った場所: 会社のイベント
学歴/年齢:   高専卒/23歳(年齢差-8)
仕事:      ネットワーク開発
デート回数:   1回
連絡した人:  私
申し込み理由: 女性からアプローチがあったから
断った人:    女性
断った理由:  不明。私、モテなくない!で満足してしまった可能性大。
特記事項:   周りの社員に気を使われていること、同僚に彼氏がいると嘘をつく(推定)の見栄があり。
          メンタルが弱く、プライドや見栄があることを感じるため、結婚できない考え方をしている。

-----
出会った時期: 2015/7
出会った場所: SNS
学歴/年齢:   大卒/30歳(年齢差0)
仕事:      不明
デート回数:   1回
連絡した人:  私
申し込み理由: メッセージから何となく近い価値観を感じた。
断った人:    私
断った理由:  容姿を良くする努力を全くしてないことがわかったから。
特記事項:   

-----
出会った時期: 2015/12
出会った場所: 親友の奥さんの紹介
学歴/年齢:   大卒/31歳(年齢差0)
仕事:      非正規アルバイト
デート回数:   0回
連絡した人:  
申し込み理由:
断った人:   
断った理由:  容姿を良くする努力を全くしてないことがわかったから。『めっちゃ金持ってるやんけ!』という発言をされたから。
特記事項:   この女性については、もう何も語りたくない…。婚活してないことはわかった。


-----
出会った時期: 2015/12
出会った場所: 親友の紹介
学歴/年齢:   大卒/28歳[推定](年齢差-3)
仕事:      保育士(公務員)
デート回数:   0回
連絡した人:  私
申し込み理由: 容姿が好みだった。真面目そうな性格だった。
断った人:    女性
断った理由:  LINE未読によるフェードアウト
特記事項:   親友曰く、容姿が良いだけでモテなさそうとのこと。愛嬌がなく、ブスっとしていることが多いからだろうと言っていた。

-----
出会った時期: 2016/3
出会った場所: 知人の紹介
学歴/年齢:   大卒/30歳(年齢差-1)
仕事:      会社員
デート回数:   1回
連絡した人:  
申し込み理由: 
断った人:    私
断った理由:  行動力が無さ過ぎて、もっと色々経験した方が良いと思った。容姿がそこまで好きではなかった。
特記事項:
   
-----
出会った時期: 2016/4
出会った場所: 異業種交流会
学歴/年齢:   大卒/32歳(年齢差0)
仕事:      会社員
デート回数:   3回
連絡した人:  女性(お節介おばさん経由でアプローチがあった)
申し込み理由: デートでの様子を見る限り、一目惚れ[推定]
断った人:    女性
断った理由:  LINE既読によるフェードアウト(振られることが怖くなってフェードアウトしたと推測。)
特記事項:   デート中の様子から付き合った経験0.容姿が良かったのは、最近になって運動して痩せたから。

-----
出会った時期: 2016/6
出会った場所: BBQ
学歴/年齢:   大卒/37歳(年齢差+5)
仕事:      会社員
デート回数:   1回
連絡した人:  私(BBQ後の二次会でアプローチがあった。容姿が好みだったので食事に誘うことにした。)
申し込み理由: 年齢は関係ない。性格が大事と私が発言したからだと推定。
断った人:    私
断った理由:  プライドが高く、上から目線な態度が続き、一緒にいて楽しくなかった。
特記事項:   断った際に『私も合っていないと思っていました。』と言われた。

-----
出会った時期: 2016/7
出会った場所: 合コン
学歴/年齢:   高専卒/29歳(年齢差-3)
仕事:      会社員
デート回数:   1回
連絡した人:  私
申し込み理由: 話しかけやすかったから。容姿が好みだったから。
断った人:    女性
断った理由:  LINE既読によるフェードアウト(この人で良いのかな?という発想になったと推測。何となく怖くなったのもあるか?)
特記事項:   臆病な性格で行動力がない。
-----


これまでの出会いをまとめてみました。実際はこれだけでなく、飲み会だけ、婚活パーティで話しただけ、というパターンもあります。
これらの出会いに、女性心理の私の分析結果を含めると、私が求める女性像が見えてきます。

[求める女性像1] 行動力がある
私のこれまでの経験から、結婚相手の女性を探すに当たり、これは絶対に外してはならない項目と断言して良いです。
女性の場合は、男性以上に出会いを作るために行動することが結婚するために重要であると思います。この理由は女性心理にあります。

女性の場合、容姿や若さで異性に惹かれることは、男性と比較して多くはないと思います。
アラフォーになってくると若さを求めるようになりますが、アラサーまでは同年代か年上を希望する女性が多い傾向です。
アラサーまでの女性であれば、男性に対して若ければ若い程良い、という考え方が男性と比較して出にくいと感じるからです。

女性が男性を見る際に最も見ているポイントは精神的な強さだと考えています。
しかし、ここで問題があります。精神的な強さは容姿や若さとは違って、時間をかけないと感じ取ることができないものです。
これを短時間で感じ取れるようなるためには、色々な男性とデートしたりする経験値が必要になります。

男性とデートする経験値が足りないと結婚願望を持った場合に問題になります。
最初から相手を結婚相手としてふさわしいかどうか、という基準で見てしまうため、

『本当にこの人で良いのかな?』

という感情を持ってしまいやすくなります。これは動けなくなる原因の感情になります。
結婚を意識しない若い時は何も考えずに付き合えていたと思います。しかし、真面目な性格で経験値がないと考えてしまうのです。

行動力があれば経験値を貯めることができるため、短時間で相手を見る力が付きます。つまり、経験値を積むことで決断力が付くのです。
逆にいうと、行動力のない女性は、デート経験値の不足で決断力が養われず、最終的に結婚できない、ということになります。

短時間(例:デート数回)で相手を判断し、『この人だ!』と思えるのであれば、その女性は決断力が養われている女性です。
経験値を積んでいない場合に『この人だ!』と思うケースは、一目惚れや容姿がストライクな場合以外にないと思います。
自ら結婚に向けて行動したことで、経験値を貯めることができるため、短時間で迷いのない決断をすることができるようになります。
私自身も経験値を貯められたことで、そのような決断をする力が現在はついています。だからこそ、アプローチできるようになりました。

つまり、アラサーからの出会いで結婚できる考え方をしている女性とは、行動力がある女性ということです。
アラサーになったら、自ら行動しないと出会いは難しい年代です。
毎日家と仕事の往復、時々同性の友達とお出かけ。アラサーの場合、それで出会いができる訳がありません。

子供の頃と違い、アラサーになると既婚者や特定の彼氏彼女がいる男女が増えてきます。
特に容姿が良い女性の場合、男性は男性心理の影響により、特定の彼氏がいるか既婚者として見て来る可能性も上がります。
職場に男性がいたとしても、男性は簡単に声をかけて来なくなります。

仮に、女性に彼氏がいないということがわかったとしても、なかなか声をかける男性はいません。
それは、失敗した場合にどうなるか?ということを男性が考えるようになるからです。
別れた場合、職場で気まずい雰囲気が出てしまう可能性があります。互いに転職しない場合、それが30年続く訳です。
居心地が悪くなるため、職場に行くことが苦痛になる可能性があります。

そのため、一定以上に恋愛経験を積んでいる場合は、男女どちらも職場の異性にアプローチしません。
みんなで飲み会に行ったり、遊びに行ったりして、何となく友達くらいのレベルまで関係ができた段階で2人で遊びに行き、
あれ?私たちって付き合っているのかな?という流れに持って行きます。この場合、まず失敗しません。
アラサーであれば、年齢的にも結婚になってくるため、長い春が続いて別れるということも確率は低くなります。要するに低リスクです。

ところが、恋愛経験値の不足、または真面目な性格の場合、ストレートにアプローチしてしまうことが多い傾向があります。
アプローチが不器用ということです。この場合、社外に出て、婚活市場や合コンで出会いを探すしか手段がなくなります。
基本的に、失敗したら二度と会うことはないからです。気まずい空気が社内で何年も流れる、というリスクはありません。

したがって、不器用なアプローチしかできない恋愛経験の不足している人は職場の異性の数に関係なく、外に出るしかないのです。
そうすると必要になってくるのは、自ずと行動力になります。
行動して色々な異性とデート経験を積み、短時間で異性が自分と合っているかそうでないかを判断できる力をつける。
行動力こそが、アラサー彼氏彼女なし男女に求められる結婚するために必要な力になります。

良いと思える人と出会いがあった時、『本当にこの人で良いのかな?』ではなく、『この人だ!』と思える力が付いた時、あなたは結婚できます。
しかし、ここで問題があります。日本人は、元々恋愛(アプローチ)を受けることが苦手な人が多いということです。

外国の事情の詳細は知りませんが、日本人は昔からお見合い文化が盛んでした。そもそも何故日本でお見合い文化が流行っていたのか?
それは、日本人が恋愛が苦手だからです。日本人は元々真面目な傾向が強く、軽さが外国人と比較してあまりありません。
私は今、SEとして外資系企業(外国人ばかりの環境)で働いていますが、外国人は日本人と違って軽さがあります。
外国人は、日本人と出会うと、シャイだ、と言います。外国人から見ると、日本人は恥ずかしがり屋さんで積極性がないように見えるのです。

シャイな特徴を日本人の奥ゆかしさとして美化している人がいますが、これはハッキリ言い換えてしまうと行動力がないということです。
挑戦することを嫌がり、安定を求める。(特に日本女性)
それが日本人の思考の傾向として存在していることは、外国で長期に働きたいかアンケートを取ると如実に表れています。


話は逸れますが、私は女性とデートをする時に、あえて転職を考えていることを匂わす発言をすることがあります。
これは女性心理を分析し、相手の女性が私に興味を持っているかどうかを確認する手段に使っています。
日本女性、特に婚活女性は行動力がないことは経験を積めばわかります。そのため、安定を好み、挑戦を嫌う傾向があります。
転職を匂わす発言をした時、『転職するんですか?』『でも、年齢的にも、もう転職はしない時期ですよね』と聞かれることがあります。

何てわかりやすいんだ…。

このように転職されては困るという心理背景を感じられる発言があった場合、相手の女性は私に興味を持っていました。
日本女性は自分の気持ちをハッキリ言わない傾向があります。婚活では、日本女性に転職を匂わす発言は使えます。
ハッキリ自分の気持ちを言ってくれないなら、言葉巧みに間接的に女性に自分の気持ちを言わせれば良いのです。
ストレートに聞くより間接的に言わせた方が条件反射的に出る発言のため、遥かに信憑性の高い気持ちを知ることができます。

婚活男性の皆さん、気になる女性がいたら、ぜひ転職を匂わす発言をしてみて下さい。自分に興味ない女性は無反応です。
男性に興味があるからこそ、転職について質問して来ますからね。行動力のない日本女性は考えていることを分析しやすいです。
ただし、行動力がある女性には使えない手のため、注意して下さい。


話を戻しますが、外国人に草食系と称される日本人は、行動力がなく、恋愛に積極性がないことが多いです。
そのため、草食系男性と草食系女性が出会っても何も発生しません。だからこそ、日本では結婚するためにお見合いは有効な手段なのです。
真面目な男女、または行動力のない男女は、お見合いでの結婚が最も結婚への近道だと思います。

しかし、ここでまた問題があります。
性格的にお見合い結婚が合っている人が恋愛結婚を望む傾向が最近は増えているということです。(特に日本女性)
この原因は女性心理を分析すれば簡単に導けます。理由は大きく2つあります。

1つ目は、女性には他者と自分を比較する心理が働きやすく、恋愛結婚する女性を羨ましく思うこと。
2つ目は、お見合いが廃れて来てしまい、お見合いすることを恥ずかしいと思う女性が増えたこと。

行動力のない女性は、男性からのアプローチを受けても経験値が不足している場合、『本当にこの人でいいのかな?』心理が働くため、
恋愛結婚が簡単にできません。恋愛結婚するために必須の条件は男女双方にお試しで付き合う軽さがあることです。
真面目な性格の場合、お付き合い=結婚という思考になりやすいため、この軽さを持ち合わせていません。

恋愛結婚をするためには、良いと思える出会いがあったら、自分から男性にアプローチして食事に誘ったりすることです。
ところが行動力のない女性は、これができません。ひたすら相手の男性がいつか気づいて自分を食事に誘ってくれることを待っています。
アラサーで自分から食事に誘えないんじゃ、恋愛結婚したくないとしか思えません。考えていることと行動していることが不一致です。
せめて婚活市場に行くくらいの行動はして欲しいと思います。

女性には愛されたい願望があるとはいえ、行動力がない自分を棚に上げて恋愛結婚を望む女性は、結婚できない考え方をしています。
おまけに男性側が行動しても行動力のない女性は『本当にこの人で良いのかな?』思考が働いてフェードアウト傾向があるし。
行動力がない受身の女性が恋愛結婚を望んだら、行動力の無さが経験値の無さを考え方に反映させ、生涯独身へまっしぐらです。

以下は、行動力のない女性が恋愛結婚を望んだ場合の40~50代の女性の人生を示しています。
アラサーになった場合、他力本願思考では結婚はできないことを如実に表している例と言えます。

----------------
■結婚出来ないことが苦しくて、つらい方
http://girlschannel.net/topics/956930/
58. 匿名 2016/11/11(金) 23:16:24 [通報]

年齢的にもまだ諦めるのは早いです。
お見合いパーティーなどは嫌ですか。お見合い相談所には行きたくないですか。
正直申し上げて、なかなか自然に出会う確率は低いですしコンパで会って付き合っても相手が結婚を考えていなかったら最悪のパターンです。
私はそんなところなんかに行かなくてもできるという変なプライドは捨てて下さい。
私はそんな方を何人もみて、40代後半になっても独身で選べる年齢で行けば良かったと言っていました。
私も結婚出来なくて辛くて、でも自然に会いたくてを繰り返しこれは無理だと相談所に入会しました。

30代後半の12回目のお見合いでやっと主人に会いました。約1年半、まだ早い方です。
パーティも相談所も本当に疲れます。
でも結婚出来ない方が辛いなら、一度行ってみてください。
----------------

アラサーは結婚を考えた場合に、イエローではなくレッドゾーンである。それくらいの気持ちを持てば行動できるはずです。
人間は気持ちで行動力が決まります。勇気が出なくて出会いの場に行けないとか言っている女性は、実は結婚したくないはずです。

日本女性は受身の傾向が外国人と比較して顕著ですが、本当に結婚したいなら、以下のような言い訳はしないはずです。
これらは、結婚したいけど、自分からは行動できなくて、それが辛いから、その辛さから自分の弱い心を守るために、
言い換えると、自分の心への言い訳(結婚するための行動を起こせない言い訳)をするために脳が作り出した幻想です。

----------------
■結婚出来ないことが苦しくて、つらい方
http://girlschannel.net/topics/956930/

46. 匿名 2016/11/11(金) 23:14:14 [通報]

・ブサイク
・貧乏
・性格最悪

の逆3冠王男と妥協婚した自分をリアルに想像する

「一人でよかった (ホッ」

私はこの方法で乗り切ってる


83. 匿名 2016/11/11(金) 23:25:20 [通報]

婚活してみたけど同年代で残ってる男性ってどこか変な人が多い。
友人に「あなたはアラフォーで未婚なのは、変なところがあったんじゃなくたまたまでしょ。
なら相手も同じだと何故思えないの?」と言われ、頭では納得できるんだけど気持ちがついていかない。
----------------

このような行動しない理由を考えている限り、結婚はできないでしょう。本当に結婚に興味がないならこのトピに書き込みしません。
女性は女性心理の影響で男性に責任を取らせようとする思考回路を持っていますので、男性に問題があるとして自分の問題は棚上げし、
片付けようとする思考回路から上記のような発言が生まれ、大量の+がつくのでしょう。

私は婚活市場には変な男性が多いのではなく、価値観が合わなかったか、自分の結婚相手に相応しいか無意識に考えているために、
友達の男性なら何とも思わないことが、婚活男性だとちょっとしたことで変という烙印を押しているだけだと思いますね。
女性心理を分析すれば、女性は男性に高い基準を求めていることがわかりますので、婚活から成婚するには、
男性に歩み寄れる女性であることが必須条件になります。

----------------
■結婚出来ないことが苦しくて、つらい方
http://girlschannel.net/topics/956930/

36. 匿名 2016/11/11(金) 23:11:10 [通報]

結婚が全てではないと思ってて、一人が楽!
って思ってるけど、無性に一人が寂しくなる日がある。
情緒不安定なのか、単なるワガママなのか自分でもわからないんだよね。
----------------

前回の婚活日記で書きましたが、行動力のない女性はやはり心のどこかで1人が楽だと考えていそうです。
こういう女性は、やっぱり結婚したくなんじゃないかと思いますね。

----------------
■結婚出来ないことが苦しくて、つらい方
http://girlschannel.net/topics/956930/
273. 匿名 2016/11/12(土) 01:20:41 [通報]

どうして、多くの人が出来ている、結婚、出産が私には出来ないんだろうと考えるとツラい。
親の方がツラいと思うと申し訳なくて、泣きたくなる。
私は、そんな悪いことして来たのかな…
----------------

何も悪いことはしてません。単純に出会いのための行動をしていないだけです。
もし、本当にそう思っているなら行動すれば良いのに、何でいつまでも待っているんでしょうか?
何でアプローチしてくれた男性が過去にいたのであれば、それを断ってしまったんでしょうか?

『本当にこの人で良いのかな?』という考え方には、危機感が全く感じられません。白馬の王子様を待つ思考の持ち主ということです。
世の中にいる男性が100人中100人がストライクゾーンなら、こんな悩みを持つ前に既婚者です。女性は誘われる側ですよ。
子供の頃にスタイルを良くする努力をして出会いの場に行けば、高確率で既婚者です。何故行動力がないことに気付かないのか?

結婚には運の要素もあります。しかし、男性は自分から行動を起こさないと、まず結婚はおろか、付き合うことも難しい性別です。
男性の場合は行動力があっても振られてしまう確率があります。
でも、誘われる側の女性はアプローチを受け入れるだけで良いから男性より恋愛は簡単のはずです。

自分のタイプの男性が自分に自動的にアプローチしてくれるなんて甘い考え方をしているから結婚できないんです。
あなた、世の中の男性全員がタイプの男性なんですか?相手に求めるものは何もないんですか?
容姿にしても経済力にしても、何かしらありますよね?行動も起こさないのに自分の都合だけ求めるのは本当に止めて欲しいです。

だから、行動力のない女性は、アラサー以上になったら行動力がある自分に生まれ変わらなければいけないんです。
アラサーは出会いの場に積極的に行かなければ、もう男性から声がかからない年齢です。わかってないんでしょうね。行動してないから…。
アラサー以上で勇気が出なくて行動できないとかいつまでもぐちぐちぐちぐち言っているのであれば、本当は結婚したくないんです。
いい加減に自分の気持ちに気付いて欲しいと思います。

アラサー以上の女性が精神的に幼いと感じる理由です。先日友人の奥さんも30代の彼氏なし女性は精神が幼いと言っていました。
行動力のない女性は、私が見る限り、無意識に以下のことを心の中で考えています。

① 出会いの場(飲み会)に誰かが時々誘ってくれるに違いない(他力本願)
  ->[背景心理]だって出会いの場に1人で行く勇気が出ないし…
  ->[背景心理]私なら自分から出会いの場に行かなくても誰かがプロポーズしてくれる容姿があると思うし…
② 出会いの場に行けば、毎回自分のタイプの誰かがいて、その人がいつも私にアプローチしてくれるに違いない(他力本願)
  ->[背景心理]告白されたいし、愛されたいし…
  ->[背景心理]自分から行くなんて恥ずかしいし…

出会いのために積極的に行動していれば、アラサーになると好みの男性どころか生理的に受け付ける男性は出会いの場に多くなく、
更に話していて楽しい男性となると、まず簡単には見つからないことがわかるはずです。
アラサーで結婚してない&彼氏のいない結婚願望のある美人は、性格が良いなら行動力のない美人である確率が非常に高いです。

『本当にこの人で良いのかな?』という考え方は、生理的に問題なく、話していて楽しい男性でなければ出てこない心理です。
出会いのために積極的に動いている行動力のある女性なら、この考え方が『この人だ!』に変わります。
『本当にこの人で良いのかな?』という考え方をする時点で、出会いの場に全く行っていない証拠です。
『本当にこの人で良いのかな?』と思える男性自体、女性心理を分析すればアラサー以上の女性ならかなり稀少だと思いますよ…。

そして、行動力のない女性には、他人から見える行動にもマナーができてないと思う行動が目立つ傾向があります。

----------------
■結婚相談所で婚活されてる方
http://girlschannel.net/topics/692801/
107. 匿名 2016/03/22(火) 11:13:24

もうね、婚活したことない子って対応が本当にブサイク。。
「私は稼ぐ力があるから男に頼らなくていい。稼ぐ力がない子が結婚したがるw」
とか超理論出してこないし、
「結婚するなら絶対院卒でないと!親が思うところあるだろうし」
とか言わない。
30過ぎて紹介話にお礼言えないのも婚活したことない子ばかり。もちろんそうでない子もいるけどそういう子が圧倒的に多い。

結婚するかしないかは別として、会社と家の往復ばかりしていたら縁談のマナーは身につかないよ。
痛い大人にならないために、浮世離れしないためにある程度の年齢になったら相談所は行ったほうがいいよ。

相談所は自分のスペック見て男性を紹介してくれるから、客観的な婚活市場での価値解るしね、
----------------

上記を見ていて思いましたが、確かに婚活していない女性は、ごはんを奢ってもお礼を言えない女性が多かったです。
行動力がないと婚活のマナ-というか、社会人としてのマナーが身に付かないというのは本当ですね。
アラフォー女性ばかりの異業種交流会には、行動力のない女性が山のようにいました。マナーも微妙な女性が確かにいました。
行動できないと結婚できないだけでなく、一回り下の世代から見ると痛い人に見える、という見本だと思います。大変失礼ですが…。


[求める女性像2] 前向きである
婚活では自分の弱い心に挑戦し、前向きな気持ちで頑張る必要があります。
では、前向きに婚活している女性と後ろ向きに婚活している女性の違いは何か?
言い方を変えると、ポジティブ/ネガティブということですが、結婚を考えた時、ポジティブ要素は重要です。

結婚は生活であり、考え方や価値観の違いでぶつかることもあるでしょう。
お互いに相手の気持ちを尊重して、時には譲歩することも幸せな家庭を作る上で重要な要素です。

繰り返しますが、結婚するためには行動力が必要です。
そのためには、自分が初見で興味がなくても自分に興味を持ってくれた異性にもなるべく会うべきです。
ご縁がなかったとしても間違いなく自分の経験値になりますし、事実、私は自分に興味を持ってくれた女性に会って経験値になりました。

前向きな気持ちを持っているということは考え方がポジティブということであり、これは自分の足で行動できることを示しています。
誰かが自分の理想の男性を連れて来てくれて、その男性が自分に熱烈にアプローチしてくれるなんてことはありません。
20代前半までならあったかもしれませんが、アラサー以上なら自分に熱烈にアプローチしてくれる異性はゼロだと思うべきです。
そんな奇跡みたいなことは、まず起こりません。基本は自分の足で行動することで良い人との出会いの道が開けます。

婚活は精神的には時間がかかればかかる程、辛くなりやすいことです。しかし、その分だけ相手に優しくできる力が身につきます。
行動力のないアラサーアラフォー女性をたくさん見て来たからこそ、断言して良いですが、行動力がない女性は自己中です。
出会いの場に自分の足を使って行くということをしなかったため、心が弱いままでプライドだけ育ってしまい、自分の都合を男性に押し付けます。
行動力のなさは、結婚できない性格を持った自分を作ってしまうのです。お見合い結婚タイプの女性が恋愛結婚にこだわったら生涯独身です。

心を鍛えることができた女性(無駄なプライドをなくすことができた女性)は、基本的に一定以上のデート経験値があると考えます。
男性は離したくないと思う女性なら、頑張ってアプローチして結婚まで持って行こうとします。
離しても惜しくないと男性に思われるから婚活者になる訳です。
私も婚活を始めた頃は心が弱かったので、仮にそれまでの間に誰かと付き合っていてもどこかで別れた(振られた)と思います。

ここまで考えた時、私自身の過去の経験から、アラサーで婚活に前向きな思考をしている女性のパターンは2つ存在すると思いました。

[パターン1] 付き合っていた男性に結婚願望がなく、女性から別れを切り出した場合
[パターン2] 突然結婚願望が出て来た場合

男性から別れを切り出して別れた場合は、マイナス思考が働いて、以下のようになる恐れがあります。
男性に結婚願望がないのであれば、自分から振って次に進む!という行動力が必要ということです。
つまり、アラサーで付き合っていた男性に別れを切り出せる結婚願望のある女性は、前向きな思考回路を持っていると考えます。

----------------
■【真剣】オススメの結婚相談所教えてください!
http://girlschannel.net/topics/895985/
6. 匿名 2016/09/20(火) 11:06:35

主さんと全く同じで28の時に長く付き合った人に結婚する気はまだないと言われて別れました
それから7年も引きこもり気味になってしまい35歳の今やっと婚活してます
もっと早くするべきだったわ…
----------------

突然結婚願望が出る、ということはあまり多くはないと思いますが、周囲に異性のいない環境に身を置いていた場合はありえると思います。
あ、いつの間にかアラサーだ。急に結婚したくなった。でも、周囲に異性がいない。婚活するかー。みたいな軽い感じです。
無駄なプライドがある女性や心が弱い女性は、行動力がないので、身近で自分に声がかかるのを待つでしょう。

ネガティブ思考だと自分から行動はあまりしませんが、ポジティブ思考なら本気で結婚したいなら自分の足で行動するはずです。
ポジティブな場合、自身が婚活することを恥ずかしいとは思いにくいと思います。恋愛結婚にこだわらないからです。
こだわらない理由は、ある程度恋愛経験を積んでいるからだと思います。積めていないと未練が残り、ネガティブに婚活しやすいです。
積めていない理由は、行動力がないからです。要するに、軽さがありません。

このような婚活に軽さのあるタイプを見分ける方法は簡単です。無駄なプライドがないからです。
良い意味で何も考えていないのです。しかし、付き合ったことがない、なさそうな場合は、どこかのタイミングで振られることを考えます。
そして、フェードアウトします。

交際経験がない場合、基本的に度胸がありません。したがって、ポジティブに婚活している女性は、高確率で度胸があります。
では、このような常に結婚に前向きな女性はどこに行くのか?
私は友人知人に紹介や飲み会を頼むか、結婚相談所に行くかのどちらかだと思います。
飲み会に誘われてきた友人知人だと、経験上、結婚願望は薄いと思います。本当に本気なら自分から飲み会や紹介を頼めます。

直接の交友関係を当たる確率は低いと思います。アラサーになるとフリーの男性自体が少ないです。
仮にいたとしても、結婚願望があるかどうかを直接本人に確認することは、いくらポジティブ思考でもなかなか勇気がいると思います。
また、あまり時間をかけたくない都合もあると考えます。結婚願望が本気の場合、同じように本気の男性を望むと考えます。

婚活パーティは身分が知れない男性が多いので、ポジティブ思考女性なら安くても真剣に結婚したいなら選択しにくいはずです。
恋愛経験値がある分、高確率で安心感のある出会い方を求めます。無駄なプライドもないので、友人知人に相談もできます。
これは婚活して経験値を貯めた私と同じ考え方になります。となると、本気で結婚したい女性は結婚相談所へ行きます。遊びでは困るからです。

では、どこの結婚相談所が良いか?
結婚相談所と言っても、色々あります。会社によってシステムは異なります。

色々見て、IBJメンバーズが良さそうかなーと個人的には思いました。(以下の画面をクリックすると、HPへジャンプします)

IBJメンバーズHPへ

実は2年程前から結婚相談所自体は少しずつ調べていましたが、最初の頃は、パートナーエージェントを考えていました。
しかし、今年の夏にちょっとやってしまったんですよね…。
という訳で、パートナーエージェントは候補から外し、IBJを選択することにしようと思います。

とりあえず無料相談をしてみたく、来店予約をしましたが…、いやー、緊張しましたね。相変わらずメンタル弱いな~。
まあ、実際に入るか入らないかは、実際に働く人の声を直接聞いてから最終的に判断します。

IBJを選んだ理由ですが、いくつか理由があります。
私の場合は、過去の婚活経験から、自分というよりは、女性の立場を心理分析して結婚相談所を選定しました。
初めに、下の画面の右下を見て下さい。

IBJ登録料

IBJは成婚料がなんと20万円します。成婚料が無料の結婚相談所もある中で、この金額は高い方です。
成婚料が高い、ということは、相談員が親身になってくれる可能性が高いです。
私は自分で行動できる人になれたので、相談員の方はあまり活用しないかもしれませんが、大きいのは女性側に付くことです。

婚活を個人で行うと、基本的に自分を客観的に見てくれる人がいないため、高望みしてしまう傾向が出ます。
しかし、相談員さんがいれば、二人三脚で一生懸命考えてくれ、客観的に色々見てくれると思います。
女性本人も真剣のために相談員さんのアドバイスは聞きやすいため、分不相応高望みになりにくいと推測します。

----------------
■結婚出来ないことが苦しくて、つらい方
http://girlschannel.net/topics/956930/
443. 匿名 2016/11/12(土) 07:58:21 [通報]

男性は現実的だから行けそうな人にしか寄っていかないと聞いた事がある
お見合い番組とか見ててもそうだよね
男性からプロポーズする時はバラけるけど女性からの時は無謀な所にも一斉に群がるでしょ

つまり男性が寄ってくるという事は女性もそんな程度なんだよ
あ、こいつ無理と思う時はだいたい自己評価が高い
----------------

上記のことは婚活しながら気になっていたことです。
私も高望みな部分は間違いなくありますが、この女性はレベル高過ぎて無理だと思った場合は、アプローチしませんでした。
アプローチしたケースは、女性側からのアプローチがあった場合のみです。

一方、女性の場合は、男性と比較するとあまり自分を客観視しない傾向があるような気がしています。
例えば、ナイナイのお見合い番組を何回か見ていると、女性は高収入イケメンに集中している傾向を感じるからです。
おそらく遺伝子のいたずらでより優秀な遺伝子を欲してしまうために、女性は男性以上に高望みしやすいのだと思います。

考えてみると、男性は極端な話、100人の女性に自分の遺伝子を残すことが論理的には可能です。
一方、女性は生涯に残せる自分の遺伝子は男性よりは限られます。
女性が男性より高望みする傾向が出てしまう理由は、遺伝子に理由があると考えると良いかもしれません。

しかし、今は男女平等の社会です。人間が作った社会という仕組みにより、物理的な力が男性より弱い女性は守られるようになりました。
これは裏を返すと、最終的には高望みできなくなるということに繋がる気がします。身の丈にあった相手を選ぶことが結婚までの最短距離です。

そのため、高望み傾向が出やすい状況で一押ししてくれる相談員さんの存在は重要だと思います。
アラサーの場合、これが恋愛市場より成婚率を上げるきっかけになる確率は高いと思います。
成婚料が高くなければ、相談員さんは親身になりません。女性に親身になれる相談員さんがいることこそが重要です。


他の理由としては、在籍人数の多さもあります。現在IBJに所属している会員数は、おおよそ55000人前後のようです。
続いて年齢分布を確認します。

IBJ会員数

35歳までの女性の割合はおおよそ55%になります。
IBJは男女比が4:6程度(非公表)らしいため、これを事実として計算すると、IBJの女性は約33000人になります。
このうち、35歳までの女性の人数は単純計算で、33000×0.55=18150人になります。関東に絞っても5000人はいるかなーと推測します。

私は基本的に30歳前後の女性をターゲットにするので、仮に1000人程度だったとしても十分な数です。
残念ですが、生理的に受け付けない容姿の女性もそれなりにいるとしても、この数なら会ってみたい女性はかならずいると思います。
もちろん、女性側の条件設定で私が検索から外れる可能性も大いにあります。
しかし、アラサー合コン市場で女性とデートできている率は、まぁまぁあると思いますので、お見合いはできるかな…と思います。

理由としては大きくはこの2つですね。あとは、繰り返しになりますが、相談員さんがどういう人かで決めます。


私は、アラフォー中心の異業種交流会でアラサーの時に行動力がなく、結婚相談所へ行けなかった男女を見てきました。
アラサーで危機感を持たなかったら、高確率で生涯独身です。家庭のある人生を掴めるチャンスは終了します。
異業種交流会にいる男女は、傍から見ていて危機感を感じません。しかし、これは当たり前です。
結婚相談所へ行く決断を心に言い訳することでしなかった男女の集まりですから、なるべくして永遠の婚活者になっています。

自分にとって上の世代であるアラフォー女性たちを見ていて良かったと思います。
アラサーで結婚願望のある彼氏なし女性は、日常生活で周囲に異性がいるいないに関わらず、行動力がない女性しか基本残っていません。
恋愛結婚は男女互いに行動力があるからこそ、成立します。行動力があるアラサー男女は、アラサーで既婚者になります。
残っている彼氏彼女なしのアラサーに関しては、おそらく結婚相談所の方がまともな行動力のある男女がいる割合が高い気がしますね。

ただし、アラフォーになったら結婚相談所でもまともな男女の割合は減ると考えています。
結婚した友人に話を聞いていても30歳前後は婚活パーティ、35歳越えたら結婚相談所と言っている人が多いです。
おそらく、35歳以上で結婚相談所を考えている男女は、結婚相談所は最後の砦、自分はアラサーで結婚相談所は不要、と考えています。

逆だと思います。アラサーで飲み会や合コンに来る女性は、危機感がありません。危機感がないから恋愛結婚にこだわり、婚期を逃します。
その証拠が異業種交流会の危機感のないアラフォー男女の集まりです。容姿が良いだけで危機感がない本気で結婚したくない人たちです。
友人の話から、恋愛結婚を諦めるのがおそらく35歳になり、そこから諦めて結婚相談所に一定数来ると私は考えています。
したがって、35歳を過ぎると、結婚相談所にいる男女の危機感という意味での質は大きく落ちると思います。

ガールズちゃんねるを見ていると、結婚相談所の男性で自己中だと感じる男性はアラフォーの年齢層に属する人たちです。
これが35歳以上で結婚相談所の男女の質が落ちるメカニズムと考えています。
結婚相談所こそ、アラサーで行くべきところですね。
私の場合は、これまで婚活は良い勉強になりましたが、もう60点取れるレベルにメンタルを鍛えられたので、結婚相談所中心の活動に切り替えます。


アラサー合コンに出ていると理由はわかりませんが、不思議なことにヨガと山登りをしている女性が少なくありません。
体力をつけることと美しさを保つことを目的にしているのかもしれませんが、私には何となく恋愛結婚を狙っているように感じます。
この推定が事実の場合、これは全然行動力のうちに入りません。何故、男性が動いてくれる前提で考えているのか。他力本願全開です。

この理由は、容姿に対する高過ぎる自己評価にあるように私には感じられます。
ヨガか山登りの少なくともどちらかをやっている女性は、例外なく容姿の自己評価が他者評価より圧倒的に高いと感じるからです。
そのため、女性の愛されたい願望も合わさって、社会人サークルに行けば、自分に声をかけてくれる男性がいると考えるのでしょう。

私は、まず声はかからないと思います。先程説明したように、告白に失敗するリスクを最近の男性は取らない傾向があります。
失敗したら、サークルに居にくくなり、サークルを辞めることにも繋がる可能性があります。
元々男性は恋愛目的で社会人サークルに所属することは極めて稀です。ガチな趣味としてサークルに高確率で行っていると思います。

したがって、恋愛で余計ないざこざを招いてしまうリスクは取らないのです。結婚したいなら社会人サークルは選択肢から外すべきです。
恋愛結婚したいという女性のような願望は男性にはあまりありません。男性は恋愛にプロセスを求めない傾向があるからです。
恋愛結婚をしたい、婚活なんかしたくない、という思いを感じる女性は、例外なく高いプライドを感じます。

アラサーで彼氏なしになる理由は行動力がないからです。好意を伝えることを恥ずかしいと思う女性がアラサー彼氏なし独身になっています。
自分から男性になかなか声もかけられないのに、恋愛結婚できる訳ないでしょう。できるならアラサーで既婚者か彼氏がいます。
社会人サークルから恋愛結婚できるとしたら、最初からそのサークルの趣味をすることが目的の場合だけです。

恋愛目的ありでサークルに入った場合、だいたい周囲の人は気づいています。
自然な出会いにこだわり、恋愛結婚したいとアラサーになっても考えている女性は、アラフィフになっても独身率が高いです。

自身の容姿に対する過大評価は、結婚を遠ざける理由にしかならないのです。これは間違った努力です。
アラサーになったら、本当に結婚したいなら、婚活市場に積極的に出向くしかありません。
このタイプの女性はほぼ例外なく『出会いがない』と言います。つまり、『出会いがあれば自分は結婚できる』と考えています。

逆です。恋愛結婚できるタイプとは危機感を持って行動できる女性です。行動力がない女性は婚活結婚が合っています。
行動すれば気づくはずです。アラサー合コンで容姿が良いのに、無駄なプライドが高い女性が多いと感じる理由はこれです。

人の振り見て我が振り直せができないのは、プライドが高過ぎて、自分ならできるという自分への根拠のない甘さにあります。
アラサーでヨガや山登りをしている婚活市場に出てこない結婚願望のある女性は、高確率で20年後も独身でしょう。
そして動かなかったことを後悔して泣くんです。

恋愛にこだわり過ぎると、仮に合コンで会った男性から熱烈アプローチを受けても経験値不足で本当にこの人でいいのかな?という思考をしています。
嬉しいけど合コンだしな~。できれば恋愛結婚したいな~。という思考をしてしまい、20年後に最後のチャンスだったことに気付きます。
行動力の無さは恋愛プロセスにも高望みをしてしまうため、生涯独身の自分を招く行動でしかないのです。そして、動かなかったことを後悔します。

----------------
■結婚出来ないことが苦しくて、つらい方
http://girlschannel.net/topics/956930/
254. 匿名 2016/11/12(土) 01:07:37 [通報]

結婚して幸せな人もいれば、そうでない人もいる。
本当に結婚がしたければ、もう行動に移すしかないと思うんだよね。
家と職場の往復だけじゃ出会いなんてないし、あったら今頃結婚してるわな。
----------------

上記のコメントは的を得ていますが、情報が不足しています。ヨガと山登りを始めとするサークル活動は結婚のための行動ではありません。
結婚願望のある男性がいる場所に、恋愛結婚を諦めてお見合いに行くことです。アラサーで恋愛にこだわっている場合ではありません。
本当に本気で結婚したいなら、飲み会を頼んだり、紹介を頼んだり、恥ずかしがってないで、どんどん出会いの場に行くことです。

アラサーで恋愛結婚にこだわってしまったら、高確率で20年後に生涯独身という最大の妥協を強いられます。
結婚願望がないなら良いのでしょうが、そうでないなら一刻も早く動くしかありません。
そもそも恋愛結婚は恋愛を意識していない場合に成立することだと思います。結婚を意識していたら、それで自然な出会いではなく婚活です。

アラサーになって婚活市場に行かないことは、全ては自分へのプライドの高さ、甘さから来る行動力のない自分を棚上げする思考から来ます。
結婚目的で異性との出会いが欲しいなら、結婚目的で活動している異性に出会うしかありません。
恥ずかしいと言ってる危機感のない人は生涯独身です。


私が求める女性は、結婚に対して、①行動力がある/②前向きである、です。
この考え方のできる女性と恋愛結婚するためには、20代前半のうちに何としても捕まえるしかありませんでした。
アラサーで上記①②を満たす女性は、結婚相談所に最も高い割合で存在していると思います。

結婚相談所にいる女性は、役所に独身証明書を取りに行けるメンタルがあります。アラサーなら合コンにいる女性よりプライドは低いと思います。
# アラフォーは知りません。たぶん、ガールズちゃんねるを見る限り、プライド高い女性が多いと思います。
恋愛結婚を諦めらない上に行動力のないアラサー婚活女性と違って、結婚相談所なら決断力のある女性が多いはずです。

結婚は一緒に残りの人生を歩んでみたいと思った相手と一緒にいる『手段』であり、『目的』ではありません。
この人と幸せになりたいだと結婚は『目的』になります。しかし、この人なら不幸になっても良いだと『手段』になります。
私は、結婚を『手段』にできる女性を探したいと思っています。


さて、どんな出会いがあるのか。楽しみにしてみようと思います!
私は全然できた人間ではありません。日々メンタルも含めて勉強です。


[ 2016/11/12 22:12 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/81-83fdb3d8