【検討】進むべき道



※実年齢を考えてどうすべきか?
さて、前回の婚活日記で示してきたように、婚活者が婚活者になる理由は一言で示すと『打たれ弱さ』にあります。
これは、私自身が婚活する理由を心理分析することで導くことができました。

アラサーで既婚者になっている多くの男女は、子供の頃から無意識に恋愛に興味を持ち、付き合うという経験をします。
基本的な恋愛は、男性が女性に声をかけ、女性は男性の告白に対してYES/NOで回答をする流れです。
(事例は少ないですが、女性が男性に告白するケースもあります)

恋愛は遺伝子に問題がなければ必ず子供の頃に興味を持ったはずです。
したがって、婚活者には、以下のような子供の頃の恋愛模様があったと考えられます。

---------------------------
婚活男性】
・臆病な心(振られることが怖いという打たれ弱さ)に勝てず、自分から告白できなかったケース。
・自分に告白してくれた異性を断ってしまったケース。(恥ずかしかった、好みではなかった等)

【婚活女性】
・自分に告白してくれた異性を断ってしまったケース。(恥ずかしかった、好みではなかった等)
・誰も自分に告白してくれなかったケース。
・臆病な心(振られることが怖いという打たれ弱さ)に勝てず、自分から出会いを探して行動できなかったケース。
---------------------------

異性のいない環境に身を置いていた(例:男子校、女子校)もありますが、どのように身を置いていたかは関係なく、
良い男女はアラサーまでに結婚していくケースがほとんどです。
婚活から結婚する人と婚活から結婚しなくて良い人の境界線は、異性に対する柔軟な考え方(軽さ)があると思います。

遊びに誘われたら、勘ぐったりせず一緒に出掛けてみる。
そういうことをすることで、異性がいない職場の人でも男女の交友関係が広がり、そこから何らかの出会いは生まれます。
交友関係が狭い人は、軽さがあまりない人である可能性が高いと考えています。

婚活者が臆病で心が弱いという分析が正しい場合、子供の頃から一緒にいた友人は自分が居心地が良い友人だったはずです。
色んな人と繋がって交友関係を広げる、ということをしなかったのではないかと思います。
この人は私とはあまり合わない、みたいな感じで深く相手を知ることを意識しなかった。
それが、異性との交友関係の広がりをできない原因に繋がり、異性と接点がないまま、アラサーになってしまうと考えます。

臆病な心が原因か、色々な人と接点を持ち、人に感謝できるようになると、アラサー以上の婚活者にある傾向を感じ取ることができます。
それは、中学生、高校生の恋愛をしているということです。アラサー以上の年齢になっているにも関わらず、行動が幼いです。
例えば、婚活している女性とデートに行くと、付き合ったことがない、なさそうと感じる女性は、周囲を余り見ていません。
何故なら、突然ふっといなくなることがあるからです。『え?』と思わずにはいられませんでした。

周りに気を配れる人の場合、突然姿が見えなくなることはありません。少なくとも既婚者の知り合いにそんな男女はいません。
要するに、この行動は異性に好かれるにはどうすれば良いか?そういうことをしっかり考えて来なかった過去が感じられます。
多くの婚活者から、自分の好みの異性がいつか自分に熱烈アプローチしてくれる、という考え方を感じる理由はこれだと思います。
ありのままの自分を受け入れてくれる異性を探しているのが、多くの婚活者の傾向な訳です。果たして異性から見て魅力的でしょうか?

臆病な打たれ弱い心は、自己中な自分を形成してしまい、異性から見て魅力に欠ける自分を作ってしまうということです。
したがって、婚活をする上で重要なことは、磨けば魅力的になれる原石を探すことです。(最初からパーフェクトは求めない。)
婚活者の中にも、数は少ないですが、異性のために努力できると感じられる人もいます。
その異性に自分が興味を持たれるかどうか、となると話はまた別になってしまいますが、経験値がたまるとわかるようになります。


今、私には1人のアプローチしている女性がいます。
その女性は臆病で、異性に好意を隠すタイプで、プライドも高く、よく知らない異性に対する警戒心が強いように感じられます。
プライドが高い理由は、容姿に対する自己評価が高く、婚活で結婚したくない、自分なら恋愛結婚できる、という考え方があるからだと感じます。

以前ご縁のあったプライドの高さがエベレストなアラフォー女性は容姿が良いだけで一緒にいてつまらなかっただけでしたが、
今、アプローチしている女性はそうではないと感じます。そのため、プライドの高さも許容範囲内の高さです。

何故そう感じるかと言うと、ある理由から男性に対する理想が高くないと感じるからです。そのため、圧力を感じません。
子供の頃はカッコイイとかそういう理由だけで、男性からのアプローチを受けて付き合ったように感じます。
男性は身の丈にあった女性にアプローチする傾向があるため、分不相応高望みでなければ、付き合った経験は高確率であります。

誰からもアプローチされた経験がなければ申し訳ないと思いますが、女性の場合、若さがあれば、痩せることで魅力的になりやすいので、
面識のある男性に誰からもアプローチされたことがないのであれば、男性に良く見られる努力を怠っただけです。

一方で今回会った女性は、話を聞いていても間違いなく日々節制していることがわかります。努力しているだけあって容姿が良いです。
彼女の場合は、上記のプライドだけでなく、臆病な心が自身の行動範囲を狭めているだけな気がします。
職場が女性だらけでなければ、アラサーになって飲み会の場に出て来なかった可能性もあるように感じました。

しかし、臆病な心を持っている場合、本来は何が何でも出会いを作るというような強い意思を持って婚活市場には来る必要があります。
婚活市場はスピードが求められる世界です。
お試しで付き合ってみよう、という考え方が必要だと思いますが、臆病な性格だとそれが簡単にできません。
アラサーになると結婚を意識してしまうため、余計に慎重になってしまいます。臆病な男女が結婚できない理由はこれです。

アラサーなって一度の結婚経験の無い男女で残っている良い人は奥手(臆病)の可能性が高いのはそういうことでしょう。
よく知らない人からアプローチされても、『え…っと』みたいに考えてしまって、迷ってしまうのです。
先のことを考えずにお試しで会ってみれば良いのに、とも思いますが、それが簡単にできたらアラサーで既婚者です。
この背景には、振ってしまったら申し訳ない、という思考が働くことも関係している気がします。臆病な人は優しいと感じる方が多いです。

だからこそ、結婚を意識する年齢になると、お付き合い=結婚というように考えてしまいます。そうするとますます行動できなくなります。
結婚願望はあるのに、結婚したくて頑張って行動して見るのに、いざアプローチを受けると固まってしまう。これが奥手な男女です。
自分がどうしたいのか決められず、右往左往してしまい、結局結論を出すことができず、自然消滅(フェードアウト)になります。

しかし、臆病だった私の過去の経験上、知り合った期間はあまり関係ないような気がします。
知り合った期間は関係なく、異性から突然のアプローチがあった場合に戸惑う性分を持っている確率が高いと思うからです。
女性は誘われる側になりますので、臆病な女性でも子供の時は深く考えずにアプローチを受け入れられます。

子供の頃に戸惑うのは、男性側です。女性から突然のアプローチを受けても心の準備も考えも整理できていないので、
誘うことを短時間で決断してよ、ということを女性に求められても、逃げてしまうことになります。これが過去の私でした。
婚活を始めた頃、フェードアウトする女性は何て不誠実なんだ、と思ったことがありましたが、そもそも私が過去にフェードアウトしていました。

行動できなかったことは10年以上経過した今も大きな後悔となって残ってしまっています。
つまり、フェードアウトはある程度時間が経った後に後悔という感情を生む確率がとても高いのです。
自分の事ばかり考えている人はフェードアウトは失礼だと思いにくいですし、なるべくして婚活者になるタイプのため、どうでも良いです。

婚活者の中にいる結婚できるタイプは、フェードアウトしないレベルに精神が成熟している男女のことを指します。
…婚活ブログを見てると、婚活している人はフェードアウト男女が多いため、やっぱりな…というタイプが多いですが…。
根は良い人が多いんですが、心が弱く打たれ弱いので、生涯独身になるべき性格を持っているタイプです。
婚活者の中にいる原石とは、フェードアウトしない可能性のある精神レベルに成熟する可能性を持っている男女です。

誘われる性である女性の場合、私と同じ状況に陥るようになるのは、お付き合い=結婚を意識する年齢になった時だと思います。
どんなによく知っている男性であっても、突然アプローチされると戸惑うのが臆病な女性の傾向だと私は考えています。
以下は、臆病な女性がアラサー彼氏なし(結婚願望あり)の際に持つであろう感情と推測しています。

-------------
■「好きな人と結婚したい」…じゃ結婚出来ませんか?
http://girlschannel.net/topics/900028/
75. 匿名 2016/09/23(金) 15:55:40 [通報]

年を重ねるごとに、もしこの人と長年付き合ってもし別れてしまったら、その時自分は何歳なんだろう?
そこからまた新しい恋人を見つけることができるのか?
っていうのをすごく気にするようになってしまって、慎重になりすぎてなかなか交際できなくなってしまった。
学生だった頃は、ただかっこいいとか優しいとか純粋な気持ちで付き合いたい!って思えたのに…。
-------------

私もそうですが、先のことを考えると動けなくなる原因になります。
したがって、私にアプローチしているのかな?という感情を女性側に持たせる必要があります。

アラサーで結婚できる男女は良い意味での軽さがありますので、うぬぼれ要素があります。
うぬぼれ要素は、交際するうえで大事な要素だと思いますが、臆病な女性にはうぬぼれ要素がありません。
そのために、ハッキリ言われない限りはアプローチだと思っても疑いを持つのです。

一方で、いきなりアプローチすると逃げる(フェードアウト)原因になります。ここが臆病な女性の最大に厄介なところです。
ハッキリとアプローチする前にアプローチかなと思われる行動を取り、ある程度心にアプローチの可能性があるという準備をさせないと
アプローチしたところで高確率で逃げてしまうのです。アラサーで結婚願望のある臆病な女性は、とんでもなく面倒なタイプの女性です。
私自身がそういう感情を持っているため、間違いありません。臆病なタイプは決断するまでに物凄く時間がかかるのです。

しかし、婚活の場合はある程度のスピードも必要です。そこで私は11月の頭まで時間をかけて待ち、再度アプローチしました。
最後に会ってから1か月以上経過しています。時間をかけてアプローチしてくれるなら本物かな?と思わせるためです。
こちらの考えていること、気持ちを全て明かした上でのアプローチです。送信ボタンを押すには時間が必要で、かなり緊張しました。
でも、送信ボタンを押せた自分を褒めてあげたいと思います、昔の自分ならきっとできなかった。

臆病な女性の場合、こちらの想いを全て明かさないと安心感を持ってもらえません。
それでも返信が来る確率は低く、時間が経てば経つ程、どんどん返信する確率は下がります。
しかし、彼女には頑張って出会いを作りたいという意思を感じました。その気持ちにかけてみることにした訳です。

11月頭のアプローチも正解だと思います。
ガールズちゃんねるを参考にすると、どうやら11月頭は彼氏なし女性は寂しさを覚えやすいようです。
でも、これで返信がなくても後悔はありません。やるだけのことはやり切ったと思うからです。
いつまでも悩んでもらっても困るので、今回は期限も切りました。期限を切らないと決断をどんどん先延ばしにされてしまいます。

婚活をして思うことは、本来自分が良いと思う人には時間をかけてアプローチすべきことだと思います。
別に恋愛に限らず、良いものは手に入れるのは大変なことです。仕事であれば給料を上げる成果を出すことは大変なことです。
恋愛であれば、時間をかけて例え振られても相手の考えを変えるまでアプローチするべきなのでしょう。ウザいと思われたら引くべきですが。
それでも振られてしまったら、諦めるしかないかもしれませんが、例え失敗しても良い経験になります。
振られて辛い、という感情は最近は持たなくなりました。振られたことで逆に良い経験ができた。ありがとう。という気持ちです。

今、私がアプローチしている女性は、よく見かける婚活者とは違います。自分と向き合える女性であり、男性の立場に立てる女性です。
色々な場所で婚活してきたため、わかります。
自分のタイプの女性が自分に熱烈アプローチしてくれるなんてことは幻想です。良いものは自分で努力して手に入れる。
それくらいの考えが必要だと思います。一歩間違えば自己中アプローチですが、今のレベルアップした自分なら完全な自己中ではないはずです。

これがダメなら…、そろそろ紹介も難しいし、35歳までには遅くても結婚したいので、結婚相談所に行くかな~。
あまり時間をかける訳にもいかない年齢になってきますので…。恋愛下手な自分には結婚相談所での活動が合っていると思います。
というのも、色々活動してわかったのですが、私は知り合った期間関係なく、女性からいきなりアプローチされると引いてしまうようです。

飲み会に行くと、ありがたいことに1人以上の女性に興味を持ってもらえることが多いのですが、いきなりだと迷ってしまいます。
子供の頃からそうだったので、そう感じてしまうのでしょう。

子供の頃はアプローチされたら告白しなければいけないプレッシャーに。
婚活してからは付き合ったら結婚するのかな?結婚しなければいけないのかな?プロポーズしなければいけないのかな?というプレッシャーに。

そういうプレッシャーを感じてしまうため、どうしても短時間で結論を出すということができません。
ある程度時間を置かないと、結論が出せないのですよね。これが臆病な人の考え方だと思います。
まあ、婚活している以上、やはり心に問題があるということです。打たれ弱い私らしい特徴と言えなくもないでしょう。

そういう意味でも、覚悟ができる結婚相談所は良いのかもしれません。
お見合いした後に答えを出すまで1週間くらい考えられますし、即回答を求められる飲み会より気楽です。
…やっぱり恋愛向いてないんだろうな~。こういう考え方をしているから…。

しかし、色々やってみて自分の心に問題があることに気付けて良かったと思います。

『出会いがない』
『いい人が見つからない』
『勇気が出なくて行動できない』
『仕事が忙して恋愛している暇がない』
『そもそも恋愛に興味がない』
『学生時代から女子校or男子校で異性が周囲にいない』
『恥ずかしいから婚活したくない』
『高いお金を払って婚活したくない』
『妥協するなら生涯独身で良い』
『好きな人と結婚したい』
『学歴は自分より高い方が良い』
『結婚相談所はこだわり強そうな人が多くて何か嫌』

などなど、数えきれない程の言い訳をする男女が婚活者には大勢います。
これらの話を聞いていて思います。一体誰と戦っているのかと。
聞いていると、いつか自分の理想の異性が自分のために行動を起こしてくれるのではないか?という他力本願が垣間見えます。

自分と向き合うことができないから、例えば出会いがないという人は良い異性と出会いがあっても食事に誘ったりしないのではないでしょうか?
自分と向き合うことはできないのは、心の弱さ、打たれ弱さに原因があります。

婚活パーティ、紹介、合コン、交友関係の拡大、社内の女性へのアプローチ。
色々やってみて思うことは、ここにいる男女は本気で結婚したいのだろうか?ということです。
結婚したいといいつつ、自分が良いと思う異性にあっても怖くなって逃げ出す女性が過去にいました。それも1人ではありません。

女性の質という意味では、紹介や合コンの方が上でした。
しかし、婚活パーティにいる女性は、結婚への本気度という意味で、合コンや紹介に来る女性より高いと感じました。
本気で結婚したい人は、受身の姿勢ではなく、ちゃんと自分から行動できるということです。
純粋な心を持っているという意味では、自分に素直になれる女性は、婚活パーティの方が比較的多いと感じています。

婚活者は心が弱いために交友範囲が狭い、ということを考えると、結婚したくても友人知人を頼れない、友人知人の輪を広げられない。
本当は以前から知っている男性の方が安心感を持てるので女性としても安心だけど、なかなか難しい。
そういう女性が婚活パーティにはいたような気がしました。数は多いとは感じませんでしたが。

以前、お節介おばさんと話していて、『出会いがない』みたいな言い訳をする人は、実は結婚したくないんじゃないか?という話をしました。
本当に結婚したい人は、受身な姿勢で誰かを待つだけでなく、自分の足を使って行動も起こせる。
そういう意味でも結婚相談所は可能性がある気がしました。本気で結婚したい人がいると思えるからです。

お金を払っているからには、妥協はできない。という話はネットで良く聞きます。
しかし、本当に重要なことは、結婚相談所で活動している人は自分の足で動いた可能性が高く、本気で結婚したいからそこにいるということです。

アラサー飲み会、合コンに参加したことで、そこにいる女性は、行動力がないことがわかりました。
それと同時に、自分がいいと思える異性が自分に熱烈にアプローチしてくれることを待っているような気がしました。
容姿や性格は飲み会に誘われる女性の方が上でも、行動力という意味では、婚活市場にいる女性の方が上です。

しかし、ベストは私みたいに両方で活動することだとは思います。
婚活ブログを見ていて性格も良く、本気度も高いと思う両方のバランスが取れている男女は、何でも挑戦している男女です。
婚活パーティ、婚活サイトに登録したり、友人知人に紹介を頼んだり、誘われた合コンや飲み会には積極的に顔を出したり。
とにかくできることは何でもやっています。

業者主催の婚活市場だけ行く人は容姿や性格がイマイチでメンタルに脆さを感じる一方、結婚に対する本気度が高い。
紹介や飲み会の誘いがある人は、容姿や性格は良いことは多いと感じる一方、メンタルも弱いし、結婚に対する本気度も低い。

では、友人知人に手当たり次第に合コン、紹介を頼める人で、かつ婚活サイトや婚活パーティに行く人はどうか?
私はこれができる人こそ、メンタルも強く、結婚願望も高い、自分の心に向き合える男女だと考えています。

今、アプローチしている女性から返信は高確率でないでしょう。行動力がないため、メンタルが弱いのは見ていてわかります。
婚活サイト、婚活パーティは、宗教等の諸事情がある女性が多いので、身分が確実に保証されている結婚相談所はありでしょう。
プライドが高くて婚活から結婚したくない、恋愛結婚がしたいなんてことをアラサー以上になってもこだわっている人は独身生活が向いています。
実は1人でいることが楽だという気持ちがあるから、結婚願望があっても結婚に本気になれずに行動できないように感じるからです。

自分からアプローチできないメンタルの弱い女性は、仮にアプローチして振られたりしたら、プライドが高いと心が傷つくし、辛いですからね。
こういう女性は行動力がないから男性をあまり見ていないだけあって結婚相手に求める理想の条件が高く、更にアプローチ方法も理想を求めるし。
もう将来孤独になって辛い思いをすれば良いと思います。アラサーがどういう年齢かを全く理解できていません。

行動できない人は、手遅れのところまで時間経過したところで、心で後悔させないと理解できません。
時間が戻せないところまで来て、このような女性はようやく後悔すると思います。
結局のところ、行動できないのは、危機感がないということであり、実際は結婚したいと思っていないのです。

ガールズちゃんねるの結婚関連トピで、私は共同生活に向かないから結婚はいいです、みたいな強がりコメントをよく見ます。
何故強がりかと断言できるかというと、結婚や婚活トピに書き込みをするからです。
本当に結婚や婚活に興味ない人は、結婚や婚活のトピには来ないんですよ。
プライド高いため、自分の心の弱さを認められないので、こういう性格だから独身なんだと周囲からはおそらく思われています。

結婚相談所が何故良いかと言うと、独身証明書の提出が必須だからです。
これは精神的には高いハードルです。しかし、これを役所に取りに行けるということは、結婚にとても前向きと見て良いでしょう。
いつまでもぐちぐちぐちぐち自分の弱い心を守るための言い訳ばかり考えている女性は、結婚しない方が良いです。
何故なら、このような女性は自分の幸せしか考えていないから、アラサー以上で彼氏なしになっていることを理解できていないからです。

『出会いがない』『勇気が出なくて行動できない』等の言い訳に共通していることは、否定語が含まれているということです。
否定語を使って言い訳をするということは、後ろ向きな考え方があるか、自分の弱い心に言い訳をする場合に出て来る言葉のはずです。
人間心理を分析すれば、出てくる言葉は必ず本人の考え方や心の強さが関係してきます。私も反省しないといけません。

結婚できない理由は心に問題ある。あながち間違っていないでしょう。
相手の立場に立てない女性(自分の弱い心を守る女性)が結婚できないのは、周囲の環境(職場が女性だけ)等が理由ではありません。

結婚したいと本気で思っていないから、いざ男性から結婚願望がある話をされると逃げていきます。
結婚願望があっても振られる可能性があることを感じたりして怖くなるような心の弱さがあると、ちょっとしたことで逃げていきます。
心に問題がなければ、相手と向き合えるはずです。それができない弱メンタルの持ち主をほぼカットできる世界が結婚相談所だと考えます。

親同伴で結婚相談所に来るような女性は正直なところ自分で動いていないですが、このような女性はコミュ力があまりに低いことを
私は過去のお見合い経験から知っているので、今の自分なら見分けをつけることができます。
このような女性を除けば、残っている女性は基本的には前向きに結婚相談所に来ている女性が多いはずです。

32歳もそろそろ折り返し。結婚できるところまでメンタルを鍛えられたと感じた今こそ、結婚相談所で平行して活動すべきかもしれません。
結婚は、どのような出会い方であっても年齢の要素が大きく響きます。年齢的にも、動くなら今が最後のチャンスかもしれません。


[ 2016/11/07 18:03 ] 婚活 | TB(0) | CM(2)

結婚相談所ですかー。ウチの親がまさにそれですね。
正確にはわかりませんが、父が40歳の時に最初の子供を産んでいるので38か39歳で結婚したんだと思います。
今と昔とじゃ事情は色々と違いますが、そういうパターンもあるということで。
[ 2016/11/09 22:19 ] [ 編集 ]

>> 餅ドラゴンさん

なるほど。親父さん、結構良い歳かなとは感じてたんだよね。しかし、その年齢から子供が複数というのは、かなり運が良い気がする。
一言しか会話してないけど、穏やかな感じのご両親に感じたよ。だから、結婚できたんだと思う。
俺は神経質で分析してばっかだから、ロクな人間じゃないと思う。

それでも、動くなら今しかないだろうなとは思う。
後悔したくないから、と言えばそうだけど、それよりも楽しみたいかな。
例えば、お見合いしてYES/NOの回答すらもらえなくてもいいんだ。会ってくれただけで十分。
プロフィールみたら写真だけで無理判定する女性は間違いなくいるからね。
人間には生理的に受け付ける範囲とそうでない範囲があるから難しいところだよ。

結婚相談所には、結婚に前向きな女性がいても、数自体は少ないと思う。
合コン、婚活パーティ、紹介等、色々やってみたけど、交際経験豊富そうな女性はほぼいない。
みんな何かしら心に闇を持っているように感じるわ。自分も含めてね。

だからこそ、楽しめれば良いかな。問題はどこに行くかなんだけど。
手当たり次第に会うのではなく、可能な限り、1人の女性と何度か会う方向性で行きたいからな~。
そうしないと、相手の内面はやはりわからないしね。
[ 2016/11/09 23:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/80-f7351dfc