【婚活】アラサー以上で彼氏なしの良い女性の探し方



結婚に最も必要なことは、危機感を持ち、積極的になることである。
婚活を始めてから、まもなく3年になります。

初めは、自分の容姿が良くないことの改善から始めました。太っていたために容姿が良くなかったからです。
運動と栄養成分を考えた3食自炊生活を続け、3カ月で見た目の改善に成功しました。
しかし、容姿の改善だけでは婚活はうまく行きませんでした。それはプライドが高かったからです。

自分のプライドが高いことを自覚し、自分の心の弱さと正面から向き合えるようになったのは、つい最近です。
実に、婚活を始めてから2年半がかかったことになります。

運動もできる方、勉強もできる方、容姿も良い方、真面目で優しいと周囲に言われて育ってきて来たこと。
アプローチしてくれた女性は共学時代にたくさんいました。今でも合コンに行けば、女性1人以上に高確率で興味を持たれます。
それが自分から危機感を失わせてしまいました。何とかなるだろう、という考え方です。

モテてしまったのは、人生においてプラスにもマイナスにもなります。私にとってはマイナスが大きかったです。
告白する勇気を出せない。告白して振られるのが怖い。
自覚はなかったのですが、無意識に心のどこかでこのような考え方をしていたと思います。

婚活をしてメンタルを鍛えて告白したり女性を食事に誘ったりしたことで、これまでの行動しなかった時間をもったいなかったと思いました。
共学時代に自分に興味を持ってくれた女性は30歳になる前に全員結婚してしまいました。
同性愛者でないなら、恋愛に興味がないは間違いなく嘘です。恋愛に興味がないのではなく、振られるのが怖い、が正解です。
子供の頃に恋愛に興味がなかった人が、アラサー以降になって婚活をする訳がありません。

告白は誰にでも勇気が必要です。しかし、自分の心に挑戦をしなければ、精神が大人になりません。
婚活者はそのほとんどが精神の成長が体の成長について行っていないと感じます。
このことに気づけるようになったのは、自己のプライドの高さに気付き、心の弱さに挑戦する努力をしてきたからです。

心の弱さに挑戦すると自己のプライドの高さに気づけるので、プライドが高い人に接するとその人のプライドの高さがわかるようになります。
どういうことかというと、プライドの高さと心の弱さは表裏一体だからです。



上記の両津の言葉は、恋愛において実に的を得ている言葉だと思います。

・周りに婚活をしていることを話すことは、恥ずかしい、揶揄われる、というのが嫌で言えない。
・モテて来た過去の栄光にすがったり、見栄があるために、婚活してることを相談できない。

婚活していると、上記のような考え方をしている男女にたくさん会いました。婚活している人には必ず理由があるということです。
私も婚活を始めた時は、上記のような考え方をしていました。
自分が恋愛や結婚ができないのは、出会いがないからだ。そのうち誰かが紹介や見合い話を持って来てくれるかもしれない。
これは、全て行動できない自分を棚上げしていることを意味します。

婚活していれば、婚活市場にまともな男女が少ないことはすぐに気付きます。自尊心が高過ぎるか、低過ぎるからです。
私がそうだったからこそ断言できます。婚活者が婚活者になった理由は、振られることを無意識に怖れて心の弱さから逃げたからです。
本来、行動(挑戦)して色々な人と触れ合い、そこで失敗や学びをすることで、自分の行動、態度を変えれば、それが成長になります。

自ら行動することで、人は成長し、学び、ちょうど良いレベルで自己を肯定することができるようになります。
ちょうど良いレベルの自己肯定とは、自分と相手の両方の自己を肯定できる精神レベルを持っていることを意味します。
ところが、婚活者は自尊心が高過ぎるか低過ぎるかで安定していいない人がほとんどです。

自尊心が高い人は、自分のことを無条件で肯定するように相手に求める態度を取るため、プライドが高くなります。
自尊心が低い人は、自分に自信が持てないので、ネガティブ思考をしやすく、ちょっとしたことでフェードアウトを実行します。
どっちもあまりに自己中な行動です。自己中な行動を取ってきた過去があるから、婚活者になるのです。

この両極端な自尊心は、日本人に特に顕著な傾向だと考えています。外国人と一緒に仕事等で触れ合うと気づきます。
2ch、ガールズちゃんねる等を見ていればわかりますが、相手を尊重するということができません。
実際にやってみなければわからないのに、自分に不都合な未来を想像して行動しない言い訳ばかりしています。

自尊心が高過ぎるので、自分に対してメリットがある異性を求める婚活者が多過ぎます。相手のために行動できる人がほとんどいません。
そこにあるのは常に、自分自分自分自分、です。振られることが嫌だとか、プライドが高過ぎます。どれだけ打たれ弱いんですか。

自尊心が低い人も同様です。ちょっとしたことですぐに傷つくことを恐れ、勝手に逃げていきます。
婚活女性には、よく『出会いがない』という人がいます。何言ってるの?としか思いません。
出会いの場に積極的に行かなかっただけでしょう。行かない理由は、振られるのが怖いからでしょう?勇気が出ないからでしょう?

何故、それを認められないのか?それは自尊心が低いために、例えば婚活の場でぼっちになって自分を否定されることが怖いからです。
結局のところ、自尊心が高い人も低い人も、共通していることは、心が弱い、打たれ弱いということです。
恋愛に挑戦して来なかった、自己肯定ばかりで相手を肯定できなかった、そういう行動ばかりしてきたから他者から見放され、婚活者になります。

付き合ったとしても、振られるんじゃないか、という発想をする男女が婚活者には多いです、それは心が弱いからです。
プライドが高くなる理由は、自分の弱い心を鍛えるのではなく、守ろうとする行動に動いた時です。
だからこそ、婚活者はプライドが高い人が多くなります。そして厄介なことに、自己のプライドの高さには簡単には気づけません。
理由は簡単で、人間は自分に甘いからです。

心の弱い人は、自分が周囲に自慢できると思える要素を使い、自己が恋愛に興味を持って来なかった理由を正当化する言い訳をします。
臆病で打たれ弱い自分の心を守るために、客観的な事実(出会いがない等)を使う人もいます。
理由だけ聞いていれば確かに事実かもしれません。しかし、自己のプライドの高さに気付いた私には言い訳に聞こえるんですよ。
何故なら、本当に恋愛に興味ない人は、婚活すらしないからです。
恋愛ができる人とは、自分の心に正直になれる人です。婚活者を見ていると、自分の気持ちに素直になれない人が多いと感じます。

婚活している時点で過去に恋愛に興味がなかったは嘘であり、心のどこかで無意識に考えている『振られたくない』をいう気持ちを
正当化しているに過ぎません。プライドが高過ぎて認められないと感じられるので、私はそういう人に会っても指摘はしないですが。
友達少ないだろうなーと感じます。聞かなくてもプライドが高い人は交遊関係が狭いのがわかるからです。

プライドが高い人は気づいていないと思いますが、プライドの高さは周囲の人間への圧力になります。
気づけないのは、プライドの高さは簡単に自覚できるものではないからです。
結婚式をしようと思ったら、表面上の付き合いの友人は通常呼びません。学生時代、社会人でお世話になっている人を呼びます。
自己のプライドの高さを数値で測ることができる最適な方法は、結婚式をしようとした時に自分が声をかけられる人が何人いるかでわかります。

プライドが高い人は、人に本当の意味で感謝ができません、それはプライドが高い私自身の経験から断言しても良いです。
何故かと言うと、プライドが高い人は周囲に自分との付き合いづらさを感じさせるため、自分の周囲から人が少しずつ離れていくからです。
結果、交友関係が狭くなるために、こうすれば人はこう考えるだろう、という考え方を全て自分の尺度でしてしまうようになります。

色々な人と交流すればわかりますが、人の価値観や考え方は十人十色です。
この意味を言葉で表面的に理解することと肌で理解することは全く違います。
私の経験上、交友関係が狭い人は、人は価値観や考え方が違う、という意味を表面的にしか捉えられないため、本質が理解できていません。

表面的な理解を肌で理解するには、自分の行動で得た経験値が絶対的に必要です。
交友関係が広い人は普段から多くの人に接しているので、1つの言葉で相手の考え方は異なることを無意識に理解しています。
これは経験値がなせる業です。交友関係の狭い人は、本音で語れる人が少ないために、偏った考え方で人の感情を推測します。

プライドが高い人は思いやりがない、と言われるのはそういうことです。
人に対して『排除』という言葉を使ったり、交友関係が狭い人は、他人から見て他者を心のどこかで見下している発言を行います。
そういう圧力は周囲にいる人はどこかで感じられるものです。だからこそ、プライドの高さが交友関係の狭さを招くのです。
交友関係が狭い人は、自分の価値観で無意識に人を判断する傾向があることが話していてもハッキリわかります。
何故わかるかというと、私自身の交友関係が狭い理由は、私自身のプライドの高さにあると自己認識できたからです。

婚活者の中には、よく『出会いがない』という人がいます。これは婚活を始めた頃に私自身も使っていた言葉です。
自宅と仕事場を往復していると、確かに出会いはありません。あるとして、電車の中やスーパーくらいです。
今の私に言わせると、いかなる理由も関係なく、『出会いがない』は自己を正当化する言い訳の最たるものであると感じます。

『出会いがない』という理由で婚活しているのであれば、言い換えると『出会いがあれば結婚できている』ということの裏返しです。
そのため、『出会いがない』という発言を聞くと、スゴイ自信家だなーと感じます。一体どこからその自信が来るのか。

『出会いがない』のではなく、『出会いを求めて積極的に動いて来なかった』が正解でしょう。自己を正当化するんじゃない!と思います。
行動して来なかった自分の心の弱さを棚に上げ過ぎです。
以下は、私と同じ考え方をしている発言です。やはり『出会いがない』は言い訳だと考えている人は私以外にもいました。

------------------
■30代の婚活語ろうよ!
http://girlschannel.net/topics/928062/
331. 匿名 2016/10/16(日) 01:57:46 [通報]

「出会いがない」と言ってる人は出会いがあれば、自分から声かけたり、自分から誘ったりと能動的になるの?
絶対言い訳だよwなんだかんだ言って「男らしさが~」とか「話が面白い人が~」とか「相手がしてくれる」のを前提で考えてるでしょw
いい歳になってもぐちぐち言ってる人は「いい男と出会いさえあれば、私のことを好きになって積極的にアピールしてくれるはずだから、それに応えるのに!」と心のどこかで思ってるよw
----------------

『出会いがない』発言をする人は、心の弱さに正面から向き合った今の私には、プライドが高い人にしか見えません。
過去、心の弱さに正面から向き合って来なかっただけあって、動いて来なかった(恋愛から逃げて来た)実績を感じます。
出会いがないと同レベルの発言で、過去に恋愛に興味が持てなかったという人もいますが、婚活していて恋愛に興味がなかったとか嘘でしょう。

過去に全く恋愛に興味がなかった人は婚活するという発想自体になるはずがないんですよ。いい加減に自分と向き合え!と思います。
出会いがない、恋愛に興味なかった、という人は、世界で自分が一番好き(心が傷つくのが怖い)だから、結婚できていないということです。
心の弱い人は、平均値に対して自分の心が弱い分以上に、平均値から心が強い人と出会わなければ結婚できないでしょう。

プライドの高い人が結婚できる相手は、自分の気持ちより相手の気持ちを立てられる心が広い異性のみです。
本物の強さがないので、結婚したり子供ができたりしたら、パートナーは苦労するだろうなと思います。
心を鍛えられないのであれば、婚活してはいけないです。真面目に婚活している異性に迷惑としかいえないでしょう。
何故なら、心が弱い女性は、相手からの熱烈アプローチと振られない担保がないと、フェードアウトを選択する可能性が高いからです。

タイプじゃない男性はアプローチしないで下さい。タイプの男性は、私に熱烈アプローチしてプロポーズまで頑張って下さい。
私は心の弱さに正面から向き合えないガラスのハートの持ち主のため、振られたら砕け散ってしまいます。
これが心の弱い女性が考える思考回路の論理構成です。だからこそ、婚活市場にはこのような女性が多くなるのです。
当たって砕けろと言いますが、実際に砕けた人は見たことがありません。挑戦して来なかったから砕けることが怖くなるのです。

婚活者が婚活市場に出る理由は、これまで説明してきたように、全て自己の心の弱さを棚に上げるということに収束します。
過去の経験上、100人の婚活者がいれば、100人が心が弱いと考えて間違いないでしょう。
人間は基本的に自分に甘いです。自分に甘いから婚活しているんです。自分に頑張れない女性が婚活者になるということです。

社会的ステータスが高い?容姿を良くする、維持する努力を日々している?
そういう人に自慢ができる、自分に自信を持てる要素があるのに、何故婚活しているんですか?
本当に良い男女はFacebookを見ていればわかりますが、婚活はしないんですよ。それは自信ではなく、過信と呼びます。
いい加減、婚活者は自分の心が弱いことを認めて下さい。だから、本音で語れる交友関係が狭いんですよ。

私はこれを自分で認められるようになるまで、婚活に真剣に取り組んで来て2年半かかりました。
人に手当たり次第に頼る、という行動に出られなければ、永遠に自己のプライドの高さ、心の弱さを自己認識することはできないでしょう。
年収1000万円以上だろうが、それがあなたの人から見た精神レベルの評価です。だから、婚活していることを人に話せないんですよ。

私が何故、業者主催の婚活市場に行くことを止め、交友関係を手当たり次第に頼る方向にシフトしたのか?
それは、色々な人を頼れる女性と頼れない女性では、結婚力が全然違うからです。
このような女性が業者主催の婚活市場にいれば、まさに奇跡です。物凄く運が良かったとしか言えないでしょう。

しかし、そのような女性は大抵の場合恋愛経験値が低いため、男性のプライドの高さに気づけません。
プライドを捨てられる人は、お金を払って業者主催の婚活市場に行き続けないからです。
婚活市場にいる女性はプライドが高い人が多いですが、それは男性も例外ではないからです。

周囲に婚活していることを話すと、からかわれるかもしれない、とか、恥ずかしい、という発想をする人がいます。言い訳です。
アラサーになったら既婚者が周囲に多くなります、既婚者の多くは精神的に成熟しています。
大の大人がそんな幼稚なことする訳ないでしょう。一体どうやったら、こういう言い訳をする人は、自分の心が弱いことに気付くんでしょうか。

手当たり次第に紹介や飲み会を頼める人。それこそがプライドを捨てられる人であり、結婚力のある人です。
これは男女共通して言えることです。だからこそ、私はFacebookで過去の交友関係にも頼り、人脈を広げる活動をしました。
交友関係を頼った方が、業者主催の婚活市場にいる女性より、結婚力の有無で圧倒的な質の違いが感じられるからです。

婚活者は婚活を最低でも1年以上はするべきだと思います。
婚活の期間が長ければ長い程、自己を見つめる機会を得られるため、人間的に成長できるからです。
人間は失敗をしないと学べません。婚活においては心が痛い思いをしないと、人間的に成長はできないでしょう。
それが人に対して本当の意味での思いやりを生みます。

交友関係が狭い人を結婚相手に選ぶ場合、大抵そういう相手はプライドが高いため、苦労すると思います。
恋愛経験が一定以上にある人は、おそらくこのような人は選ばないし、選べないです。
婚活者が一番最初にしないといけないことは、自己のプライドの高さを自覚することだと思います。
プライドの高い人は自己のプライドの高さを高確率で自覚できません。

プライドの高い人を選べるとしたら、自分以上に相手を立てられる女性でしょう。
私はプライドの高い女性と結婚したら、気を使って疲れる日々になりそうなので、選ばないと思います。実際に疲れたので断ってきました。
選ぶならプライドを捨てられる見込みのある女性を選びますが、アラサー以上になるとこじらせている確率が高いので、難しいです。


婚活経験から、アラサー以上で幸せな家庭を築ける素養が高い男女は、手当たり次第に紹介や飲み会を頼める人だと思います。
ポイントは、色々な人に頼めることです、特定の人にしか頼めない人はプライドがまだ高いです。
色々な人に飲み会や紹介を頼める人は、恥ずかしいとか、勇気が出ないとか、そういう自分への甘さから来る見栄に向き合えます。

見栄を捨てられる者同士が出会った時、幸せな結婚ができると私は考えます。
片方がプライド高い夫婦は、もう片方がプライドを捨てて相手を立てられる場合だけがうまく行くと思います。

プライドが高い自分を自覚できない状態で結婚した場合は、パートナーを大切にした方が良いでしょう。
そんな聖人君子みたいなパートナーは二度と現れないと思います。
…まあ、プライドが高い人は自分のプライドが高いことを自覚できないし、自覚があっても心が弱いために認められない確率大です。
プライドの高い人に言ったところで、あまり意味ないかもしれません。自覚がないというのは、残念ですが精神レベルが低いです。

婚活で精神レベルが高い女性を探すことは、本当に大変です。これは男性も同じでしょう。
婚活市場には、プライドの高さがエベレストな男女がたくさんいます。しかも、自分のプライドの高さに気付いていません。
プライドの高さに気付いていても、自分の心の弱さに向き合い、改善努力ができないなら、プライドが高いのと一緒です。
共学時代に自分にアプローチしてくれた女性を大事にすれば良かった。本当にそう思います。

一方で、婚活をしたことで、私は自己のプライドの高さに気付き、心の弱さに向き合うことができました。
私の場合は、人生において婚活して良かったのかもしれません。


婚活市場にも容姿も性格も良い女性は残っています。人脈を拡大し、飲み会に参加をするようになったことでわかりました。
しかし、ほとんど例外なく、そこにいる女性は恋愛に対して積極性がないから結婚できていないと感じるんですよね…。
容姿の高さの自覚があるために、プライドの高さがエベレストです。またはネガティブ思考全開です。接していればわかります。

アラサー彼氏なしで容姿の良い未婚の女性は、自己の容姿に対する自己評価が他者評価と比較して圧倒的に高いと感じます。
子供の頃から可愛い可愛いとチヤホヤされてしまって高くなってしまったのだと思います。
そのため、婚活することはプライドが高くでなかなかできませんし、婚活報告も周囲になかなかできません。
過去にモテて来た栄光を捨てられるなら、プライドは捨てて婚活できるはずです。

周囲にいる複数人に婚活していることを話せない。これもプライドの高さがエベレストの男女の特徴の1つです。
恥ずかしさや見栄が邪魔してできないのでしょうが、自覚すらないため、どうしようもないです。
昔の私がそうだったのでよくわかりますが、周囲を気を使わせていたんだろうな…ということが今ならわかります。
どうりで私の交友関係が狭いはずです。まあ、婚活で人脈拡大して友達は増えているので、今の自分は変われたと思います。

こうして婚活していると、私は女性の容姿と性格に対する理想が高いんだろうなと感じます。
恋愛に積極性がない女性はプライドが高いため、学生時代ならアプローチしても振る女性のような気がします。
しかし、業者主催の婚活市場に行くと、人脈を頼れない女性が多いため、精神成熟度の低い女性が大量にいます。
体は大人、精神は子供な逆名探偵コナンみたいな女性が、一体どこにいたの?というくらい業者主催の婚活市場には大量にいます。

プライドが高く、恋愛に積極的になれなかった過去の私の自己分析から考えるに、このような女性は男性に好意を持ってもそれを隠します。
私はあなたに関心がないけど、そこまで言うなら付き合ってあげてもいいよ、という感じでしょうか。
臆病な女性は、傾向的に好意を持ってもそれを隠す傾向があります。
逆に隠している雰囲気を感じたら好意を持ってくれたとわかるので、空気を感じ取れる男性ならわかりやすい性格とも言えます。

このような思考になる理由は、お付き合いに発展したとしても経験が足りないくてどうすれば良いかわからないので、
何かおかしなことをして振られてしまうことが怖いという自信の無さがあるからだと思います。
アラサーになると、年齢的にも好意を持っている男性に振られてしまったら、特に心が弱い場合は大ダメージを受けてしまうことになります。
臆病な性格の場合、自分からアプローチできないので、振られたら次!という考え方ができないために振られることを怖がります。

…とすると、しなければいけないことは、女性の好意に気付かない振りをして、全力で相手を立て、重くない範囲で熱烈アプローチすることです。
つまり、いつも相手を攻めるのではなく、優しく包み込むような意識で接するようにし、時間をかけて相手に自信を持ってもらうことです。
ありのままの自分で良いですよー、ということを暗に伝えてあげることとも言えると思います。

これは人によっては、おそらくですが、物凄い面倒です。

プライドが高い女性や打たれ弱い女性がアラサー彼氏なしになる必然だと感じます。
あげまん、さげまんという言葉を使って良いのであれば、プライドの高い女性はパートナーにとっては間違いなくさげまんです。
恋愛に積極的になれない人は、振られるのが怖いからであり、心が弱いからであり、安心感のある恋愛をしたがります。
要するに、自分に振る振られるの選択権のある恋愛です。心が弱いために、振られる恐怖と戦うことができないのです。

積極的になれない女性を落とす場合、その積極的になれない分だけ男性が超積極的にならないといけなくなります。
アラサーまでに恋愛結婚できる男女は、互いが相手に歩み寄ろうとする姿勢を必ず持っています。
仮に、結婚するために必要な男女の努力に関して、『男:女=50:50』の努力が必要だとします。これがアラサーで恋愛結婚できる男女です。
これが婚活市場にいる女性たちを見ていると、『男:女=80:20』くらいの努力配分にならないと結婚に到達できない気がします。

飲み会に参加している女性に、どんな男性が良いか聞くと、優しい男性が良いという女性がいます。
優しい男性ならたくさんいるでしょう。何故結婚できていないんですか?と別の同席していた男性が聞いた時、わからないと言われました。
私が答えを教えましょう。それは恋愛に対して積極性がない分の努力を男性にして欲しいと無意識に考えているからです。

アラサーで容姿と性格が良いのに打たれ弱い女性の最も厄介なことは、恋愛結婚願望を捨てられないことにあります。
アラサーになると恋愛結婚できている友人が出てき始めるため、自分も恋愛結婚がしたいなーと思い始めます。
結婚に焦りを感じる年齢まで来てしまったけど、私ならたぶん婚活しなくても恋愛結婚できる。(容姿の自己評価が高いため、発生する感情)

このような思考の結果、飲み会や男性に誘われたデートは誘われたから仕方なく来ました感を出すようになります。(好意があっても隠す)
仮にいいなと思う男性がいても、自分からは絶対に誘わない(誘えない。待っている)ので、誘われなければ、私に興味は本気でないのね、
という感じで自分が声をかけられないことは全力で棚に上げ、次に誰かが飲み会に誘ってくれるまで待ちます。(やっぱり自分からは動かない)

その結果、自分から出会いの場に積極的に行かないことを棚に上げて『出会いがない』という言葉を発するようになります。
もうここまで来ると、ある意味、末期です。余程のことがないと、思考回路を変えることはおそらくできません。

『出会いがない』と発言する女性たちを見ていると、面白いことに、ほとんどの女性にイケメンを探す傾向を感じます。
要するに、自分のことを一途に愛してくれる真面目で浮気もしないイケメン高収入高学歴男性が自動で自分にアプローチしてくれると思っています。
そして、この思考を変えられない女性は、ほとんどのパターンで生涯独身という結末を迎えると考えています。打たれ弱過ぎです。
自分から積極的に動かないため、婚活男性の傾向がわからない分、変な理想を抱いてしまうことになります。(高望み女性の誕生)

振られるのが怖い、ということは、心のどこかに自信がないのだと思います。打たれ弱いのは、全てにおいて悪循環です。
婚活で結婚できない原因は、ほとんどのケースで女性の打たれ弱さに原因があります。
恋愛で心が傷つくことから逃げて来たから、結婚できないのです。
結婚しないのではなく、結婚できないのだといい加減認めて欲しいのですが、プライドが同時に高くなるため、それもできません。
そして、結婚できない女性特有の無限ループ地獄が始まります。

いいな、と思う男性はアラサーだと既婚者や彼女持ちの確率が高く、残っていても争奪戦です。
女性が好きになる男性は、遺伝子のいたずらで自分より上の存在です。そうすると、女性の心の中で以下の現象が起こります。

----------------
■結婚への焦りがある人!
http://girlschannel.net/topics/861422/
32. 匿名 2016/08/21(日) 15:59:42

タイプの人がいい
でもタイプの人だと不安で仕方なくて踏み込めない

誰ならお前頑張れるんだよ、って自分に問いかける
----------------

繰り返しになりますが、このような女性は心が弱い(プライドが高い)ので、自分が良いと思える男性に会えても振られることが怖いのです。
このような考え方をしているから独身だと考えます。アラサー以降になると思慮深くなり、動けないという女性が多過ぎます。
自分には振る理由がない。となれば別れるとしたら振られるしかない。不安。怖い。無理。そして、女性はフェードアウトを選択します。

私の男性心理、女性心理の分析から、タイプの人だと不安で踏み込めないという感情は、男性よりも女性に顕著に出ると考えます。
理由は、女性のストライクゾーンが狭いからです。
女性は初見で2割の男性にしか興味を持てないと言います。言い換えると、初見では8割が恋愛対象にできません。

私は、これは恋愛に対する行動力を左右する原因の1つになると考えています。
男性は初見で8割が恋愛対象になるため、振られても次の挑戦の選択肢が得られやすいですが、女性は振られると次を探すことが大変です。
すぐに次の男性を見つけることができる女性は、男性に対するストライクゾーンが広いということになりますが、多くはそうではありません。
初見で興味を持てる男性が多くないことを自覚しているからこそ、男性と比較して振られることに不安を覚えやすいのが女性になると考えます。
これは、女性に愛されたい願望がある1つの理由と考えています。臆病なタイプだと余計にそうだと思います。

本当に結婚に興味が全くない女性は、飲み会にも来ません。
誘われて飲み会に参加しているの独身女性は、結婚しないのではなく、結婚できない考え方をしているということです。
(ポイントは、『誘われて』です。自分から飲み会のセッティングを依頼できる女性は、心はもう少し強いです。)
過去の経験等の理由により、自分に自信が持てないために振られることを考えてしまい、心が傷つくことを怖いと考えてしまいます。
つまり、自分が振られない担保がないと恋愛できない女性たちが、アラサー以降の結婚願望がある彼氏なし独身女性の多くの傾向なのです。

アラフォー婚活女性が自分の実年齢を言わない理由はこれでしょう。理由は、振られる可能性を高くするからです。
アラフォーになってそんなことを考えている女性は魅力がないので、実年齢を言わなかった時点で私は振っていきました。
アラフォーになっても後だしジャンケンする女性と結婚したところで幸せな結婚生活は不可能だと思うからです。
まだ自分の年齢ならアラサー女性も十分狙える年齢だと思うこともあります。

----------------
■30代の婚活語ろうよ!
http://girlschannel.net/topics/928062/
25. 匿名 2016/10/15(土) 19:20:30 [通報]

歳取ると臆病になる。
勇気が出ない。焦ってるのに、次はないのに。
----------------

男性は単純なため、女性の容姿に惹かれてしまいます。
アラサーで容姿が良い彼氏なし女性は、高確率で男性につかまらない何らかの要因がある場合のみ誕生します。
経験上、アラサーで容姿が良い彼氏なし女性は、

①高望みしている(自己評価が高い。男性を選んでいる。)
②性格が良くない(一緒にいて疲れる。男性を減点方式で見ている。)
③恋愛に積極性がない(白馬の王子様を待っている。心が弱い。)

アラサー以上で容姿の良い結婚願望のある女性は、ほぼ100%の確率で上記のどれかに該当します。
女性は誘われる性です。男性は受身ではほぼ結婚は不可能ですが、女性の場合は受身でも結婚できる可能性があります。
男性が女性の容姿と若さに惹かれてしまうために、アラサー彼氏なしで容姿の良い女性の選択肢は、必然的に上記になります。
…若い時に積極的に合コンに行くべきだった…。若ければ、女性は思慮深くなっていないので、比較的簡単に付き合えるからです。

しかし、一方で自分も振られることが怖くて恋愛に積極的になれなかったため、気持ちはわかります。
例え、自己のプライドの高さに気付いても、それを捨てることは極めて難しいことです。プライドを捨てることは、勇気がいることです。
私の場合は、根性で捨てましたが、メンタル的には第一歩を踏み出すことが本当に大変でした。
そのため、恋愛に積極的になれない女性の気持ちは全部は無理ですが、一部はわかると思います。…女性に甘いかもしれません。


アラサー以上で残っている結婚力のある女性とは、同性に飲み会、紹介を手当たり次第に頼める女性です。
育てる、という考え方もありなのかもしれませんが、アラサーでこの状態だと時間がかかり過ぎます。
やっぱり怖い…みたいな感じで逃げられたことがあるので、積極的に言い訳をする異性を相手にすると、余計に婚期が遅れる原因になります。

アラサーの飲み会や婚活イベントに『出会いがない』と言う女性が多い理由は、心の弱さを棚に上げ、言い訳をするためです。
そうして言い訳をすることで、心の弱さを守ろうとします。自分の自信の無さに見て見ぬふりをします。

先述したように、『出会いがない』は『出会いがあれば結婚できる』の裏返しです。しかし、これは間違っています。
『出会い』があれば、今度はそこから『結婚に繋げるための努力』が必要になります。
『出会いがない』という女性たちは、このことを忘れています。

上記の女性は『出会い』があれば、あとは男性が熱烈に自分にアプローチしてくれて、受身のままでも結婚できるという考え方を無意識にします。
これは、先述したガールズちゃんねるの女性の言葉を証明することです。
何故なら、女性は愛されたい願望があるために、自分から積極的に動くということをしないからです。
自分の受け身を棚に上げ、男性に草食系ではなく、肉食系になれという。自分の幸せしか考えていない典型的な女性の考え方です。
自分が結婚するために必要な努力を全て男性に丸投げすることしか考えていないから、『出会いがない』という女性は結婚できないのです。

---------------------
■30代前半、悩める女子集まろう!
http://girlschannel.net/topics/93549

69. 匿名 2016/10/22(土) 14:03:19 [通報]

私の周り、30代になってから出会い結婚してる人多いよ(出会いは婚活や合コンが多い)
結婚したくても出来ない、出会いが無いって言ってるのは今だに理想がめちゃくちゃ高かったり、
自分自身の努力(料理を出来るようになる、一人暮らし始める、貯金頑張るとか)を全くしない人。
30代で結婚できない人は問題ありって極論だけど、あながち間違いでは思う。
---------------------

同性である女性も『出会いがない』と言っている30代女性は問題があると言っています。
30代未婚彼氏なしは精神が幼い。これは先日既婚者の友人との飲み会に同席した友人の奥さんからも直接言われた言葉です。

したがって、『出会いがない』と言っているアラサー女性が結婚できない確率が高いと考える私の分析は間違っていないでしょう。
心が強い人はアラサーまでには結婚している率が高いので、当たり女性に会うには、紹介を頼める女性がいる飲み会に出続けるしかないと思います。


[ 2016/10/18 00:54 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/79-3af7ae85