【婚活】自分の弱さを見せられる強さを持つことの必要性



※『思いやりがない』とは、自分の気持ちだけを押し付けることである。
男女は簡単に分かり合えないものです。
思っていることをハッキリ口にしない女性は、私の場合は接していて本当に疲れます。はぐらかされる方が疲れるんですが…。
そんな婚活のストレス発散日記です。気分を悪くされると思いますので、気分を害されたくない場合は、回れ右でお願いします。
なお、ブログ中『売れ残り』という表現を多用しています。これは自分自身も売れ残りという自覚をさせ、危機感を持たせるためです。


婚活をしてから2年半が経過しました。
客観的に見て、この期間は長いです。これは、どれだけ過去の自分が恋愛から逃げてきたかを示す数値でもあります。
失敗する度に何が良くなかったかを考え、改善を試みてきました。しかし、まだ足りない、ということなのだと思います。

では、その足りないことは何なのか?これをずっと考えてきたのですが、最近、ようやく気づくことができました。
きっかけは、婚活で知り合ったアラフォー女性たちと縁を持ったことでした。

婚活は普通の恋愛とは異なり、プロフィールから入る恋愛です。したがって、スペック勝負の場になる、ということです。
これまでの経験上、スペックの中で重要な要素は、上から順番に、容姿、年齢、性格です。
女性の場合は、男性のスペックに経済力を入れますが、私が見る限り、経済力の重要度は、容姿、年齢の次です。

私は32歳のギリギリアラサー男性です。
日常生活で会っていた場合は話は別かもしれませんが、アラサー男性の大半は婚活でアラフォー女性に会おうとはしないでしょう。
それどころか、アラサー男性だと同年代の女性は嫌という人が多いかもしれません。
40代の婚活男性ですら、20代の女性にアプローチする人が数多くいます。同年代の女性がOKできるアラサー男性は少数派かもしれません。

私は春にアラフォー女性が中心の異業種交流会に参加しました。
この理由は、アラフォー女性たちを見て、何故結婚したいのにアラフォーになってしまったかを調査するためです。
参加した結果、アラフォーの女性たちには危機感がないことがわかりました。

もう年齢的に手遅れ寸前のところまで来ているのに、自分から異性に声をかけるという行動を取らない人が大半です。
振られるのが怖い、そういうことでしょう。男性に声をかけてもらいたいという考え方が残っている女性たちです。
30代以上からの出会いで成婚しているのは、女性からデートの誘いをしている場合が多いです。
30代の婚活女性の大半の方は、何故、この現象が起こるのかをもっと真剣に考えた方が良いと良いと思います。

アラフォー婚活女性を見て感じることは、容姿に対する理想がかなり高いということです。
結婚が早い女性は、結婚願望の高い美人を除くと、男性の容姿に対して高い理想を持っていない女性のように感じます。

更に、アラフォー婚活女性は元々男性の容姿に対する理想が高いだけで婚活しているように私には見えません。
年齢を重ねるにつれて、ここまで来たらもう妥協できない、というところまで来ているのでしょう。
本来は、年齢が上がれば上がる程、理想は下げなければいけないのにも関わらずです。

自己評価が他者評価よりずっと高いために、同年代の男性はおじさんにしか見えないというアラフォー女性もいます。
見た目年齢は確かに重要です。しかし、婚活では実年齢がそれ以上に重要です。
どうしてもアラサー男性が良いのであれば、婚活市場ではなく、社会人サークルなり、そういうところに行くべきです。

見た目年齢に自信があってアラサー男性を求めるのであれば、尚更、婚活市場に来るのは間違いです。
婚活男性が何故婚活市場にいるかをわかっていません。女性の実年齢を重視するから婚活しているはずです。
良い人がいたらすぐにでも結婚したいから婚活市場に来ているのだと思いますが、考え方を間違えています。

時間をかけてでも、趣味の場で時間をかけて内面を見てもらってアラサー男性に好きになってもらわないとダメだと思います。
男性年下の結婚は、ほとんどのケースで恋愛結婚というデータがあります。
しかも、男性年下の夫婦は、ほとんどが両者が20代の時に出会っています。

アラサー男性が結婚対象に入るアラフォー女性は、どれだけ自分の理想が高いかわかっていないです。
まあ、理想に近い男性でなければ結婚したくないということだと思いますので、おそらく、本気で結婚したいと思ってないのでしょう。
アラフィフ以降になって両親が他界、自分以外の兄弟姉妹が全員結婚、という状況にならないと、後悔しないかもしれません。

世の中では、お局様と呼ばれる女性は性格が悪い確率が高いと言われますが、その理由は、全てここに集約されるのだと思います。
こういう女性は経済力はあって理想を下げられないということはあったと思いますので、犬の多頭飼いをしそうな気がします。
男性と違って、女性は1人で老後を迎えると寂しいという思考になると私は分析しています。(男性の場合は、つまらないが多い)
こうなってしまったら、おそらく旧友に会っても結婚できない原因となった無駄なプライドが邪魔をして素直な気持ちを言えないでしょう。
自宅で夜中にひっそり毎日泣いても、自業自得としか他人は見てくれません。そうなりたくないので、私は今、頑張ろうとしています。


私は共学時代にモテてきました。私の勘違いでなければ、数多くの女性からアプローチを受けてきました。
そして、婚活を始めて女性と関わりを持つようになってからも、どうやら私はモテているようです。
合コンやパーティのような一過性の出会いの場で好かれるということは、私の容姿は女性から見て合格なのでしょう。
明らかに自分に近づいて来たり、誘って欲しいと匂わす発言をしてきたりします。(しかし、自分からは絶対に誘ってこない)

そして、先日個人主催した異業種交流会で、あることが起こりました。一回り年上の女性からアプローチを受けました。
私は32歳です。一回り上の女性が何歳かはわかるかと思います。
女性は自身の年齢を私に言っていませんが、私はお節介おばさん経由で知っています。私の年齢は話しているので、女性は知っています。

話していて性格が良いことがわかります。40代とは思えない程、容姿が良い女性でもあります。
気持ちは嬉しいです。嬉しいですが…、さすがに実年齢が一回り上と知っている以上、困ります。
一回り下の年齢の男性にアプローチしてくるのは、何かの冗談かと思いました。繰り返しますが、私の年齢を女性側は知っています。

LINEで適当にやり取りをしていたことで、私が女性に気があると勘違いしたのかもしれません。
私は一般的な男性の思考と違い、女性寄りの思考回路を持っていると言われます。その1つにメールやLINEがあります。
私は、女性の井戸端会議のように、他愛のない話をするのが好きな人間だからです。メールのラリーが単純に好きな人間です。

男性は用の無い会話をしない人が多いため、私のようなタイプはおそらく少数派でしょう。
しかし、これが女性を勘違いさせてしまったようです。LINEのやり取りの途中で、明らかに食事に誘って欲しいアプローチが来ました。
知らない振りして別の話題を振ってごまかそうとしましたが、意外と引いてくれなかったため、かなり困りました。
どう読み返しても、再び食事に誘ってもらえるように誘導しようとLINEを続けているのがわかりました。

…重い。

途中で私の方から無理やり返信をすることを止め、LINEのやり取りを止めました。
20代後半の婚活女性が40代の婚活男性からアプローチされて、キモイと感じる理由がわかった気がしました。
しかし、これが私に重要なことを気づかせてくれました。
それは、去年、親友が紹介してくれた女性に対する私のアプローチがどうだったかということです。

私は、最初はお互いをよく知らないから、相手の負担にならない程度に定期的にLINEをしてお互いを知りつつ、時には会って…。
このようなことを考えて、相手から返信がなくてもLINEを不定期に続けました。
…一回り年上の女性からのアプローチを受けて、私はようやくこの間違いに気づきました。
このアプローチの問題点は、相手が自分に興味がある、という前提で全ての考えを進めています。

親友に紹介された女性を食事に誘った際、都合を聞いたら、都合がわかったら連絡すると言われました。
今なら、この意味がわかります。おそらくこれは断りの連絡でした。または、しばらく時間が欲しい、という意味だったかもしれません。
私はその後も定期的にLINEをしてしまいました。お互いをまずは知らなくちゃ。これしか考えていなかったからです。

今回、アラフォー女性がメールのやり取りを毎日のように続けたので、私は『重い』と感じました。
向こうは私に食事に誘って欲しいと考えていることが伝わってきます。これは、自分の希望を押し付けることと同じことに気づきました。
実は、親友に紹介された女性に最後にLINEで言われた言葉は、『重い』だったのです。

自分の希望(この場合は、食事に誘って欲しいな、という気持ち)を相手に要求することは、相手の心に負担を与える、ということです。
私は、LINE未読スルーをするようになった親友に紹介された女性を、だから結婚できていないんだ、と思いました。
…間違っていたのは私でした。自分勝手な行動を取っていたのは、私でした。
ここまで来て、初めて自己中の意味がわかりました。自己中とは、自分の希望を相手の心の負担を考えずに求めることだと理解しました。

子供の頃から私にアプローチしていた女性は、基本的に私に言わせようとしました。
私は自分にアプローチしてきた女性の大半は、どんなに美人でもどこかに魅力をあまり感じませんでした。
その理由は、私に告白やアプローチを自分都合のみで要求してきたからです。今なら、これが答えだとわかります。
女性が人生で一番好きな男性と結婚できにくい理由は、これでしょう。特に、美人だとそれだけで選べると思いがちになります。

では、相手の心に負担をかけないアプローチとは何か?それは相手が何を考えているのかを想像して待つことです。
相手が考えをまとめる前に間髪入れずに次々自分の気持ちだけで食事の誘いを要求する催促をしたら、相手は自分への興味を失います。
それは『重い』からです。言い換えると、土足で相手の心に入り込んでいるということです。

女性は男性に誘われる側です。男性は一部がずっとモテると言われますが、女性は人生で1回は全員にモテる時期があると言われます。
…ということは、女性には全員に人生のどこかで結婚のチャンスは必ずあるということです。

おそらく結婚できている女性は、このタイミングをつかむことができた女性なのでしょう。
自分からアプローチして振られた経験を積まないと、相手の心の負担になるアプローチをします。
アプローチされた女性は『重い』と感じたかもしれません。
しかし、それ以上に男性の一生懸命さに惹かれたのだと思います。つまり、包容力のある女性が結婚できたということです。

結婚適齢期を逃した女性は、おそらく包容力がない確率が高いです。
自分が過去に『重い』と感じるアプローチをされた際に、何故自分が『重い』と感じたのかを真剣に考えなかったのでしょう。
これができなかった理由は、男性を『選ぶ』という思考が強いからです。

自分は『選べる』立場にあるという他者評価より高い自己評価がそうさせるのだと思います。
要するに、婚活女性の大半は、自らに反省をすることができない、振り返ることができない、そういう女性がなりやすいということです。

よく言うのは、好きな人には好かれず、興味のない人には好かれる、という現象です。
この現象が起こる理由もわかりました。好きな人に対して、何かキモイと思われることをしているからです。
具体的に何かというと、自分の気持ちを押し付けるということをしているはずです。相手の気持ちより自分の気持ち優先です。
このような考え方をする女性に魅力がある訳がありません。容姿に関係なく、売れ残るのは相手に自分の気持ちを押し付けるからです。

この出発点には、全て自分が異性を『選べる』という思考が考えの中心にあります。
『選ばれる』努力ができない人、つまり、相手の異性が迷いや考えをまとめるまで待てない人が結婚できない人、ということです。
婚活を始めてから2年半。ようやく婚活者が婚活者になる理由が見えてきました。婚活を脱出する鍵も見えてきました。


ちなみに、選ばれる努力ができない理由は簡単です。理由は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、自分の欠点に向き合えないからです。例を挙げると、年齢です。
私にアプローチしてくれた婚活女性は勘違いでなければ何人かいますが、全員に共通していることがあります。
誰一人として、自分の年齢を自発的に言っていないということです。

おそらく年齢を言えば、私が離れていくと考えているのでしょう。2人で食事に行っても年齢だけは自分から絶対に言いませんでした。
実年齢は結婚まで到達するのであればいつかバレますが、ある程度関係が進んでしまえば、うやむやになると思っているのでしょう。
しかし、これこそが『思いやりがない』人の考える思考なのです。自分のメリットしか考えていないからです。


2つ目は、アプローチが多いからです。
人間にはモテたい心理があります。興味がない異性からのアプローチでも、アプローチがあれば嬉しいことです。
ここで、アプローチが多いと何が起こるかと言うと、危機感を欠落させ、異性をえり好みしてしまいます。

婚活しているとわかりますが、婚活している美人の場合、えり好みし過ぎてしまい、最終的に手遅れになっている女性が一定数います。
異業種交流会にいた美人のアラフォーの女性たちは、見た感じ、過半数がえり好みして手遅れになったと感じます。
男性は年齢の増加と共に徐々にモテなくなりますが、女性の場合は急激にモテなくなります。その境は30歳です。

男性は単純な生き物で、20代や美人に惹かれてしまいます。私自身の感情の変化を論理分析もしたので間違いないです。
おそらく、美人な婚活女性は、ここであぐらをかきました。

女性は美人で若いだけでアプローチがたくさんあります。
例え日常生活で出会いがなかったとしても出会いの場に行けば、アプローチはたくさんあると思います。
色んな男性からアプローチされて嬉しいという感情を覚えてしまうと、この感覚をもっと味わいたいと思います。

結婚はしたいけど、結婚したらもうチヤホヤされなくなる。もう少しチヤホヤされたい。
相手の男性の気持ちを大切にできるのであれば、このような感情にはなりにくいですが、婚活女性はここで考え方を間違えました。
そして、年齢を重ねて、このことを後悔する瞬間が訪れます。それが30歳以降です。

男性と女性のモテ度は、年齢と共に下がりますが、下がり方には大きな違いがあります。
以下のグラフは、ネットで広く普及している男女の需要曲線グラフです。



女性は30歳を境に同じ年齢の男性より需要が落ちます。
あまりに急激な落ち方をするので、これまでチヤホヤされてきた女性は、この急激な変化を簡単に受け入れられない状態になります。
男性は、30代という言葉を聞いた瞬間に女性に対する気持ちが冷める傾向が女性以上に高いです。

以前、独身の男女を集めたBBQで知り合った女性に声をかけた後、お節介おばさんに女性の年齢を聞いたことがあります。
37歳。この言葉を聞いた瞬間に、食事に行くのをやめたくなりました。20代と30代の壁は物凄く厚いものがあることを知りました。
30代になったら女性から積極的に男性に声をかけたケースが成婚することが多いのはこういうことでしょう。

通常、声をかけるのは上記の需要グラフで言うと、需要の低い方です。
20代であれば美人女性は男性から声がかかりますが、30代以降は女性からデートの誘いをしないと成婚できない、ということです。
要するに、30代で残っている美人女性は、自分が良いと思える男性に声をかけてもらいたい、という思考をしている女性になります。
選び過ぎた美人女性の末路です。選んでいないというのであれば、自分から男性に声をかけることができます。

男性は30代という言葉を聞いた瞬間に一気に気持ちが冷める傾向があるため、一生懸命頑張る理由がありません。
縁が切れたら切れたで、それで良いと思ってしまいます。受身の女性は、30代に入る前に何とかしないと、ほぼ確実に売れ残ります。
30代に入ってそこから結婚したいと思うなら、自分から男性に積極的に声をかけるように変わるしかありません。

一方で、30代前半女性と30代後半男性では、グラフを見る限り、女性の方が需要が高くなるポイントがあります。
受身の女性が30歳以降で結婚できるとしたら、声をかけてくれたアラフォー男性を狙うしかないと思います。

え?アラフォー男性は嫌だ?同年代が良い?その場合は、同年代の自分が良いと思う男性に自分からデートに誘って下さい。
異性の条件に注文が付けられるのは、自分から動ける者だけです。相手に動くことを期待してはいけません。
私の婚活経験上、この需要曲線グラフの意味を理解していない女性が婚活女性には多過ぎます。
ネットに転がっているわずかな成功例が自分にも起こると期待して、自分から動かない婚活女性があまりに多過ぎます。

基本的に、これまでたくさんのアプローチを受けてきた美人な女性は、この急激な変化を受け入れることが簡単にはできません。
これまでチヤホヤされてきたため、私なら男性に声をかけられて結婚ができる。自分なら男性のアプローチから結婚できる。
このように考えるのでしょう。そして考えます。年齢で男性が引いてしまうのなら、年齢を開示しない出会いを求めれば良いと。

お節介おばさんに案内されて参加した異業種交流会は、婚活パーティとは異なり、年齢を開示する必要がありません。
30代以降の美人な女性が、自身の年齢を開示する必要のないイベントを中心に出会いを求める理由は、これしかありません。
男性からのアプローチで結婚したい。ときめきを感じていたい。背景にあるのは、女性としての無駄なプライドしかありません。

無駄なプライドは結婚できない理由にしかなりません。
要するに、合コンのような年齢を開示しない出会いの場にいる30代女性は必然的に売れ残る考え方をしていると考えるべきです。
自分のマイナスポイントを隠すことは自分にとっては都合が良いです。隠す理由は、相手にとっては都合が良くないと考えるからです。
しかし、隠したところで、今は良かったとしてもどこかで破たんするような気がします。婚活が長引く大きな原因の1つです。

私の分析では、婚活に終わりが見えない人は、自分のマイナスポイントに向き合えない人だと思っています。
例えば、自分が男性の年齢にこだわる(若い男性が良い)のであれば、自分の年齢を開示しないのは物凄く失礼です。
私は自分より若い男性が良いです。あなたも若い女性が良いかもしれませんが、私の年齢には目をつぶって下さい。

これが婚活女性の中で良く見かける売れ残る考え方をしている女性です。
基本的に自分が隠したい要素(例:実年齢)を相手に求める場合、必ずと言っていい程、うまく行かないのではないかと考えています。
自分が開示したくないものを相手に求めてはいけません。自分の弱さと向き合えない自分を魅力に感じてくれる異性がいる訳ないでしょう。
婚活女性は、考え方の何もかもがズレ過ぎている女性が多過ぎです。行動を変えるのが全ての段階で5年は遅いです。

20代後半になったら、男性から誘いがあったら、好きになれなくてもすぐに応じて、試しに会ってみるべきです。
30代前半になったら、自分から良いと思う男性がいたら、相手の反応を待たずに自分から声を積極的にかけるべきです。
30代後半になったら、優しいという理由のみで容姿や経済力は無視して自分から積極的にアプローチすべきです。

美人で婚活している女性の大半は、上記における全ての考えが5年から10年遅れています。
だから、婚活しているのだと気づくべきです。気づけないから、結婚できていないんです。自分を変えられない女性が多過ぎます。
50代に入って毎晩泣くような生活になったり、犬の多頭飼いを始めるようになってから過去を後悔してももう遅いです。
『結婚できないんじゃなくて、結婚しないの』と言っている女性は、全ての行動に危機感がなく、手遅れになった女性なのでしょう。

アラサー以降の美人の婚活女性は、共通してある同じ言葉を発する傾向があります。
その言葉は、『日常生活で出会いがない』という意味に該当する言葉です。
私の婚活経験上、この言葉を発する婚活女性は、基本的には結婚対象の女性として見ない方が良いと思います。

繰り返しますが、『日常生活で出会いがない』という言葉は、男性と女性では大きく意味が異なります。
男性の場合は、本当に出会いがないという場合がほとんどです。
しかし、女性の場合は、誘われる性である以上、出会いがないが正解ではありません。
容姿が良いだけで、出会いの場に行けば、比較的簡単に声がかかるからです。

女性の場合は、『(自分にとって良いと思える男性との)出会いがない』が正解です。
男性と違い、女性は受身でも結婚まで到達可能な性です。
つまり、女性の場合は、出会いがないという発言をする時点で、私は出会いさえあれば結婚できる、という考え方があるということです。

出会いがあれば結婚できる。ハッキリ言って随分余裕がある発言だと思います。危機感を感じません。
異業種交流会にいたアラフォーの美人な女性から危機感を感じなかった理由は、これです。
婚活が失敗した時の言い訳の準備を婚活中からしているようにも感じられます。このような女性は肝心なところで逃げる可能性があります。
こういう考え方をしているから、私を食事に誘って欲しいなアプローチ by 43歳婚活女性、ということが起こります。

孫がいてもおかしくない年齢の女性を食事に誘うアラサー婚活男性がいる訳ないでしょう。何を考えているのか理解できません。
食事に行きたいなら、自分から誘って欲しいです。若さは全員に平等です。あなた若い時に一体何をしてきたんですか?
その時に食事に誘ってくれた男性を断った理由は何ですか?この年でそんなアプローチするくらいですから、当然いましたよね?
何故若い頃にちゃんと危機感を持って来なかったんですか?私には理解できません。

お見合い、婚活パーティ、合コン、異業種交流会、紹介。色々やって来て結論が出ました。
婚活市場には、結婚できない考え方をしている危機感のない女性が多過ぎます。
これはここまで説明してきた通りです。

婚活市場から成婚者が出ない理由は、偶然ではありません。必然です。考え方に問題のある女性が多過ぎます。
もはや、婚活市場で女性を探すのは時間の無駄とさえ、思います。一体何歳まで自分が傷つくことを怖れているんですか…。
自分が傷つくことを怖れるなら、それこそ20代のうちに相手を見つけなければいけません。

白馬の王子様を待ってはいけません。自分にぴったりな町人を積極的に探して下さい。
棚から餅は落ちて来ません。はしごをかけて取りに行って下さい。
白馬の王子様は迎えには来ません。しかし、稀に前を通り過ぎる事があるかもしれません。その時は自分から白馬に飛び乗って下さい。

これが結婚できない30代の女性がすべきことです。こういう意気込みがないと30歳以上からは結婚できないということです。
そもそも容姿に厳しい判断を下す傾向がある女性の立場で考えて、アプローチして欲しいと思える男性と会う機会は少ないはずです。
あの時、失敗を恐れずにデートに誘えば良かった。時間が経って後悔しても誰も助けてはくれません。

時間が経ったところで、今度はますます連絡が取りづらくなるだけです。
30代女性がすべきことは、男性から声がかかることを待つことではなく、自分から勇気を振り絞ってデートに誘うことです。
そうしないと、『選ぶ』という思考は絶対になくなりません。デートに誘うことに勇気が必要なことを知らなければ、相手に感謝できません。

その結果、生涯独身が確定します。結婚は、相手に『選ばれる』努力をしなければできないことに気付いていない女性があまりに多いです。
30代以降になって若い頃と同じように男性に誘って欲しいアプローチをするのは止めて下さい。30代になったら女性が誘う番です。
自分から女性を誘える男性は、誘って下さいアプローチをする30代以降の女性は相手にしません。

どうしても同年代以下の男性が良いのなら、自分から奥手男子をデートに誘うしか手段はありません。
10歳以上年上は嫌だ。同年代以下の男性が良い。男性にデートに誘って欲しい。
夢や願望を語るのは自由ですが、こういうことを考えているうちは、50歳を超えて毎日心の中で泣く未来しかありません。

30歳以降は、ピンチがチャンスではなく、チャンスがピンチです。自分から動ける人が求められます。
動けないのであれば、異性は選んではいけません。でも、選びたいですよね?誰でもいいから結婚したいとは考えないですよね?
だったら、自分を変えて下さい。これは、このブログでも何度も何度も婚活者に警鐘していることです。
30代に入って、まだ男性に声をかけられたいと考えているのであれば、その女性にはいい加減に目を覚ませと言いたいです。


人は自分の弱さを見せるのは怖いと思います。しかし、自分の弱さを見せる勇気を出せない人は例外なく魅力がないです。
自分が良いと思える異性にアプローチして欲しいなら、自分の弱さを見せることこそが重要のはずです。
魅力がある人なら自分の弱さを見せられる強さがあります。男女共にそういう人に惹かれるはずです。

自分の実年齢を言わなかった30歳以上の女性には、例外なく魅力を感じませんでした。
何か隠している。人間は勘が働く動物です。何となくわかってしまうものです。
そして、何か隠している、と感じた異性とは、例外なくどこかのタイミングでご縁が切れました。

無駄なプライド、メンタルの弱さ。これらは全て自身の包容力の無さを示します。
自分の弱さを見せられない、自分の気持ちを素直に表現できない異性に魅力を感じることはありません。
自分の気持ちがバレるのが恥ずかしいという謎の感情で好き避けを続けていたら、最終的にお局様になってしまう可能性があります。

婚活者にこじらせる男女が多いのはこういうことでしょう。私も婚活を始める前、また、婚活を始めてからしばらくは完全にこじらせていました。
これは全て心の弱さが招くことなのです。心の弱さに勝って素直になれる女性はアラサーになってくると自動で結婚します。


さて、ここまで読まれた方は、婚活脱出の鍵は想像ついたのではないかと思います。
私の感覚だと、結婚向きな性格を持っているアラサーで残っている女性には、ある共通した特徴を感じます。

私はこれまでたくさんの婚活女性を見てきましたが、結婚できそうにないと感じた女性は、共通して包容力を感じません。
一方、わずかではありますが、包容力を感じる女性もいます。それは、自分に向き合える女性です。年齢であれば、実年齢を言えます。
包容力のない女性は、自分が興味がない男性に会おうとする考え方を話していても全く感じません。

これは当然でしょう。男性の気持ちを大切にできる女性ならアラサー以上で特定の男性がいるか既婚者です。
婚活を始めてから、私はたくさんの既婚者の女性も同時に見るようにしました。既婚者の女性は共通して包容力があります。
自分に興味がなかった男性だったとしても、その気持ちを大事にできると思える女性は例外なく包容力を感じます。

自分が興味ある男性にだけ会おうとする女性は、私の勘ですが、年上男性に『じじい』みたいな表現を頭の中で使っている気がします。
自分が10歳くらい下の若者に『おばさん』『ばばあ』と言われたら、この手の女性はおそらくムッとしたり、怒ったりします。
汚い言葉を頭の中で使っている女性は、だいたい顔や言葉使いに出てきますので、話していて感じられます。
これは相手の男性に違和感を感じさせる原因になると私は考えています。したがって、包容力のない女性はお局様化の可能性大です。

では、本題に戻って、アラサーで結婚力を感じる女性、つまり、良い奥さんになりそうな女性は、どんな女性なのか?
整理すると、以下の2つになると思います。

①自分の気持ちに素直になれる素養がある今現在素直になれない女性
②自分にアプローチしてくれた男性を大事にできる女性

自分の気持ちに素直になれる素養がある今現在素直になれない女性とは、どういうことか。
それは自分の気持ちがバレることが恥ずかしいという謎の感情により、好き避けをしてしまい、自分が興味を持った男性に
興味を持たれないという現象をずーっとこれまでの人生で繰り返してしまったということです。

一方で、興味のない男性にはこのような感情は発生しないので、自然な愛想を出してしまい、結果興味のない男性に好かれます。
これまでの婚活経験上、私が包容力を感じるのは、このような女性です。つまり、恋愛下手な女性が残っている良い女性です。
自分の心とずっと戦っている感じです。素直になりたいのになれない。これは言い換えると、自分に向き合える素養がある女性です。

私は前の婚活日記で女性を探す上で大切なことは素直な女性だと記載しました。
しかし、現時点で異性に素直になれる女性は、当然のごとく売り切れです。
となると、アラサーで探すべき女性は、今は素直になれないけど、時間をかけて心を開いてもらうことで素直になれる女性です。

ただし、他の男性と仲良くする好き避け行動を取る女性は対象外です。何故なら、ここまで来ると天邪鬼アプローチになるからです。
このような女性は、男性に声をかけられると『私はモテなくない!』と考えてそれで満足し、フェードアウトする可能性があります。
昨年食事に行った社内の女性はおそらくこれです。こじらせ女性は、他の男性と仲良くするため、相当なプライドの高さがあります。
ここまでプライドが高いと、今現在素直になれていないは改善不能だと思います。素直になれる素養のない素直になれない女性です。
このような女性は、結婚してはいけない女性です。男性に対して、失礼な態度の限度を超えています。全てはメンタルが弱過ぎるためです。

続いて、2つ目の自分にアプローチしてくれた男性を大事にできる女性についてです。

私が見る限り、婚活女性の大半は、自分が男性に声をかけられないことを棚に上げて自分に都合の良い男性を探しています。
特に年齢と容姿に対するこだわりは相当なものです。これは男性にも見た感じ言えると感じます。
しかし、私はこれこそが結婚できない原因だと感じます、年齢と容姿にこだわる女性は、横にいて自慢できる男性にこだわり過ぎです。

果たして、あなた自身は、男性に一緒に歩きたいと思われる存在でしょうか?
私は少なくとも容姿と年齢にこだわる女性には、高いプライドを感じるため、経験上、一緒にいて楽しくありません。
そのため、この考え方が深層心理の部分で透けて見える女性は、アプローチがあっても全員拒否するようにしています。

異業種交流会にいたアラフォー女性を見る限り、そこにいた女性の大半も、これに該当します。
異業種交流会からの成婚率は、計算上、1%以下です。その理由はこのような上から目線の考え方をする女性が多いからです。
明確な根拠もないのに、自分は良い女性だと思っている女性程、生涯独身の確率は高いと私は考えます。

美人であったり、性格が良いと考えていれば、それは根拠かもしれませんが、残っている女性はプライドが高い確率大です。
この無駄に高いプライドが、余りあるマイナスポイントとなって、自身の良いところを全て打ち消してしまっています。
プライドの高さを除去できる女性は、例えば年齢であれば実年齢を自発的に言える女性になることですが…、大半は無理に見えます。

容姿も性格も良い女性をやっと見つけたらと思ったら、今度は理想が高過ぎるプライドの塊の女性たちだった。
まあ、男性の恋愛心理を分析すれば、このような女性が残りやすいことは必然ですね。

しかし、そうではない女性もわずかですがいます。それは自分がアプローチできないことに向き合えている女性です。
30歳以降になって自分から男性をデートに誘える女性は、おそらく婚活市場には簡単には出てきません。
出て来る女性は、男性にアプローチできない女性です。

出会いの場には勇気がなかなか出せなくて行けないが、男性との接点の数だけは何とか増やして、自分に声をかけてくれる男性を待つ。
どうしても男性に声をかけられないのであれば、自分に声をかけてくれる男性であれば、絶対に生理的に受け付けない限り大丈夫。
こういう謙虚な考え方ができる女性です。私はこのような女性が独身彼氏なしで残っているもう1つのパターンだと考えています。
このような女性は、私が見る限り、男性の許容範囲の年齢が広いです。20代後半女性でも40歳前後の男性がいけたりします。

先に記載した通り、おそらく、①②の女性は友人経由でしか会えません。1人で出会いの場に行くことを心細いと考えるからです。
更に、このような女性に会うことは、かなりの低確率であることもまた事実です。
私の経験上、婚活でこのような女性に出会える確率は100人の婚活女性と会って1人いるかいないかです。婚活が大変な理由の1つです。

自分が良い女性だと勘違いしている女性なら婚活市場にたくさんいます。本当に良い女性なら高確率で20代で結婚しています。
女性は誘われる性のため、婚活するのであれば、婚活を始める前に婚活する理由になった分析をすることが先です。
私もそうですが、多くの婚活者にはある共通点があります。それは、心が傷つくことを怖れているということです。

心が弱い人は心を守るために無駄なプライドが高くなります。そして、無駄なプライドが異性から見て魅力のない自分を作ります。
『妥協』という言葉は、自己を客観視できない者が上から目線な態度で使う言葉です。そして、思いやりを持てない自分を作ります。
良い男性程、良い女性は見極める力があります。『妥協』という言葉を使う女性と釣り合う男性は、女性を条件で選別する男性です。

そこには、『好き』だとか『愛してる』だとか、そういう感情はありません。『妥協』という言葉を使う婚活者は条件婚しかできません。
条件のみで結婚できるならそれでも良いと思いますが、そこには子供が幸せだと感じる家庭は作れないでしょう。
自己都合で男性を選んだ女性が結婚できたとしたら、マウンティングする奥さんしか誕生しないと思います。

婚活していて気づきましたが、男性から見ると、男性の年齢に明確な上限値を設定している女性は、1人で生きて行けそうに見えます。
好き避けしている女性も同様です。これは男性の恋愛心理の問題だと思いますが、自分の弱さを見せられる女性の方が守りたくなります。
プライドが高い女性が独身で残ってしまう必然です。強がったところで、それは自分の弱い心を一時的に救うことにしかなりません。

自分の弱さを見せられる女性の方が何倍も可愛いと感じます。容姿関係なく、結婚できている女性は自分の弱さを見せられると感じます。
『自分でも良いでしょうか?』このような自己を謙遜できる思考ができる女性が良い女性だと私は考えています。
これは男性にも言えます。やはり本当の意味で思いやりがある男女は、相手を立てることができると思います。

年齢だけを考えた時、自分にメリットがない女性(アラフォー女性)に会ったことは正解でした。
そうしないと、相手の立場で相手の気持ちを想像するという力が付きません。結婚に最も必要な力がつかない、という意味です。
会いたい相手は自分にメリットがあることを意味します。これは、言い換えると、相手にとっては自分はデメリットになることを意味します。
おそらく自分が会いたい相手とだけ会っている、会おうとしている婚活者は、かなりの高い確率で生涯独身です。
婚活ラビリンスで諦めるまで頑張って下さい。


…合コンから女性に声掛けをできる度胸は付きました。
ある程度は、若いころに怠った恋愛に挑戦もできたし、良かったかなと思います。

婚活に挑戦してわかったことは、婚活パーティには、訳あり女性、ネガティブ思考女性、自己中女性が多い。
異業種交流会、合コンには、危機感のない女性が多い。

仕事でもそうですが、できる人とできない人には、決定的な差があります。それは危機感があるかないかです。
色々考えましたが、再度方針転換して、結婚相談所に行こうと思います。
結婚相談所は多額な資金がかかります。つまり、結婚に本気であり、かつ、危機感のある女性が多いはずです。

アラサーに入って結婚相談所は料金が高いと言っている女性は、全員生ぬるいです。
本気で結婚したいと思ってるなら、本気で入会を考えるはずです。
料金が高いは言い訳であり、本当は女性特有のプライドから入会したくない、が答えでしょう。

入会金等を含めて数十万円出せないのであれば、逆に今まで何にお金を使って来たの?という話です。
100万円単位の貯金くらいあるでしょう。奨学金で数百万円を繰り上げ返済した私でさえ、1000万円以上の貯金が今あるんですよ。
しかも、私は大学院を出ているので、就職が遅い方なんです。
結婚相談所にお金を出すのを迷う程、貯金がないのであれば、経済力がないのでしょう。若い頃に勉強せずに遊んで来たということですか?

婚活女性は、結婚を甘く見ている人が多過ぎです。結婚が生活である意味が全くわかっていません。
本当なら婚活女性から女性を探すことは、間違いなく誤りです。学生時代に女性を捕まえておけば良かった。本当にそう思います。
女性は誘われる性です。そこから漏れた理由を持っているから婚活しているのだといい加減気づいて下さい。

男性の結婚相談所のブログを見ても、そこで活動している女性は、何かしら結婚できない理由を持っている女性が多いと感じます。
しかし、危機感だけはあるでしょう。また、結婚相談所にいるのであれば、結婚に本気であり、女性特有のプライドも低い可能性はあります。
並行して合コンや紹介は話があれば行きますが、もう出会いの数を増やすしかない年齢まで来ています。
自分に素直になれない女性を探しつつ、同時に色々やるしかない年齢だと思います。

ただし、同時に色々やると言っても、婚活パーティと異業種交流会にはもう行きません。これは、確率の問題です。
他者推薦者の多い異業種交流会は、アラサー中心なら行ってもいいかもしれませんが、私が案内される異業種交流会は、
アラフォーが中心な上、自己中女性が多過ぎるのでもう良いです。

さて、成婚率の確率を調べた時、私は高い順に、合コン、紹介、結婚相談所、異業種交流会、婚活パーティだと考えています。
え?合コンは成婚率は低いよ?と考える人がいるかもしれませんが、合コンは目に見える数値が低いだけで、実はかなり高いと思います。

合コンは、紹介、結婚相談所、婚活パーティと比較して、ある重要な違いがあります。
それは、自分からアプローチしなければいけない、という点です。草食系男子には最もハードルが高い婚活方法ということです。
婚活パーティや結婚相談所は、〇×をマッチングシートに書くだけです。簡単にアプローチ可能です。

ところが、合コンは自分で声をかけるしかありません。振られることを意識してしまうため、アプローチのハードルは高いです。
しかし、もし合コンから食事に行くことができれば、婚活パーティから食事に行くより、遥かに高い成婚率になると思います。
男性は自分から勇気を振り絞って声をかけた女性は大事にしたいと思うし、女性は思やリがあればその気持ちを大事にしたいと考えます。

勇気を振り絞った場合、相手が勇気を振り絞ってくれたことがわかる場合、おそらく人は相手の異性のマイナスポイントが見えなくなります。
もちろん、思いやりがない女性は、好みの顔じゃないだのなんだのと理由をつけて断ります。相手の条件にこだわるからです。
このような女性は選択独身の道を進んでいるだけだと思いますので、相手にしません。また、将来独身で泣くこともないでしょう。
自分は異性を選択できる魅力ある女性なのであれば、あなたは強い女性ですから、結婚しなくても寂しさを感じることなく、生きていけます。

婚活パーティでは、互いにシートに〇をした場合に食事に行けることになりますが、それはあくまでお試しの要素が強いと思います。
何故、お試しになってしまうのか?〇×では相手の勇気の有無は無関係のため、相手の条件にこだわってしまいます。
〇×アプローチに相手の気持ちは感じられないのです。
また、女性が食事に行くかどうかの判断までの過程で考える時間を飛ばしていることも大きいと思います。

婚活男性は、私が見る限り、女性が上記の時間を必要とすることの大切さを理解できていない人が圧倒的に多いです。
男性と女性の恋愛観は全く違います。女性は、相手の男性が自分を大切にしてくれるかどうか、見極める時間を持とうとします。
これは女性には、妊娠、出産という一度通過すると後戻りできないリスクがあるからです。

男性は、下品な言い方をすると出すものを出してしまったら終わりです。
そのため、婚活パーティでカップリングすると、それだけでお付き合いできた、という錯覚を持ってしまいやすくなります。
一瞬で恋愛に対して熱を上げ、一瞬で恋愛に冷める。それが男性の恋愛なのです。

一方で、女性は相手の男性が自分を大切にしてくれるかどうか見極める時間を必要とします。
女性は、相手の男性が恋愛対象外の場合は、アッサリ断りの対応、態度、仕草を取ってきます。
デートの誘いをして即OKがあるか、2~3日反応が遅い方が女性の場合は脈ありです。

後者の場合は、即OKの場合より、時間をかけて相手の本気度を見極めようとしていれば、実はかなり脈アリかもしれません。
気になる男性であれば、食事に誘われて嬉しいと思っても、やはり振られたくないと考えます。
振られたくない、言い換えると、自分を大切にしてくれるかどうか、それを見るための時間を無意識に作ろうとするのが女性です。
男性からすると、早く回答が欲しいと思うかもしれません。しかし、ここで女性の気持ちが整理できるまで待てる男性が結婚できると思います。

10月にIPAの資格試験を受ける予定です。私は32歳になりました。結婚相談所に関しては、試験が終わったら勝負ですね。


[ 2016/08/26 02:26 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/73-cedb09e7