【婚活】相手の想いと自分の想いのズレから来る迷い



人間の心は複雑である
異業種交流会から早くも約2か月が経過しました。
私に1対1で会いたいとマッチングシートに○をしてくれた女性とは、直接会ったり、LINEで連絡を取ったりしています。

話す度に女性から感じることは、この縁を大切にしたいという気持ちを感じることです。
最初からアプローチが結構凄かったので、一目惚れしたんじゃなかろうか?というようにも感じます。
女性は男性と比較すると、一目惚れはしにくいと思いますので、好みの顔なのか、全体的な雰囲気に惹かれたのかな。

一方で、私はというと、異業種交流会では女性に興味は持ちませんでした。好みではないことと、ほとんど話さなかったことが理由です。
私は内面重視で女性を見ています。しかし、わずかな時間では相手のことはわかりません。何度か会わないと見えてこないでしょう。
そのため、何度かみんなで遊びに行って、その中でお互いに相手のことを知れたらという考え方があります。

業者主催のイベントではなく、他者推薦者が集まるイベントに参加した理由に、人脈を大切にできる人が集まる可能性の高さがあります。
同じ異業種交流会で何度か再会することもあるかもしれません。気まずくなってしまう可能性もあると思います。
しかし、人脈を大切にできるのであれば思いやりがあると思うため、この気まずい気持ちに打ち勝てると考えています。
私が考える幸せな結婚を作れるメンタルを持った女性とは、このようなメンタルを持つ女性です。フットワークの軽い女性を探しています。

婚活パーティでは、男性を減点方式で見る女性ばかりでした。自分が男性を選ぶ意識が男性に選ばれる意識より強い女性ばかりです。
このような自己中心的な考え方をしている女性では、私は本当の意味で幸せな家庭は作れないと考えています。
人脈を大切にできる男女が集まるイベントであれば、何度か集まり、飲んだり遊んだりすることも可能だと思いました。


相手の内面は何度か会ってみないとわかりません。それは出会い方に関わらず、同じことが言えます。
しかし、自分が求める女性がどこにいるかを考えて、そこに出会いを求めれば、最初からある程度は相手の内面を想定できます。
子供から大人になるに従い、自分の周辺に残る人は、考え方や価値観が同じ人です。だからこそ、長い間、友人でいられます。

前の婚活日記でも書きましたが、婚活で最も重要なことは、出会ってからではなく、出会う前に努力することだと思います。
お互い社会人で仕事やプライベートもあります。何度もみんなで短期間で集まることは簡単ではありません。
しかし、ある程度、相手と自分の考え方が近いのであれば、結婚までの到達距離は短くなると考えます。

内面をよく知らない女性に声をかけるのは迷いが生じて難しい、とは思いますが、婚活である以上、それはダメです。
一過性の出会いのため、最初は容姿で入るしかありません。そこから何度か会ってみて互いの考え方を確かめることが必要です。
他者推薦者であれば、容姿も性格も良い人が多いので、考え方、価値観のズレによる失敗確率は低いと思います。

婚活パーティの出会いでは、性格や考え方、価値観のズレで失敗しました。今の出会い方を求めたのはこの失敗にあります。
私が相手に合わせる努力をしても、女性側がその努力をしない人がたくさんいました。相手の気持ちより自分の気持ち優先です。
でも、結局は、これこそが業者主催の婚活パーティに流れる根本の理由なのです。私も婚活を始めた時はそうでした。

私が探している女性は、自分の気持ちも相手の気持ちも"同じくらい"大事にできる思いやりのある女性です。
これを真剣に考えられる女性は、どうすれば男性に好意を持たれるかを考えるので、自分の容姿と性格を良くする努力ができます。
残念ながら、自己推薦者の集まる業者主催の婚活パーティには、これができる女性はほとんどいませんでした。
しかし、この考え方の違いこそが、うまく行かなかった理由と考えます。

婚活している人は、フェードアウトを選択できてしまう人が男女共に多いです。フェードアウトできる人は自己中心的だと思います。
知り合ったばかりで相手のことをよく知らないと言えば、確かにそうでしょう。ネガティブ思考による自信の無さもあるかもしれません。
しかし、どんな理由であろうと、フェードアウトする時点で、その人は客観的に見れば自己中です。メンタルの弱さを示しています。


自分から好きになった場合、『浮気されないかな』『振られたくないな』などど考える女性を時々見かけます。
そう考えると、自分のことを好きになってくれた男性であれば、自分が振る振られないの選択肢を持てるので、心は楽になります。
しかし、本音を言えば、自分を好きになってくれた男性ではなく、自分が好きになった男性が自分を好きになってくれるのが理想です。

女性には『愛されたい』願望があると言われます。この言葉の正確な意味は『自分の好きな男性に愛されたい』です。
女性が好きな男性に対して遠慮がちなアプローチをする理由は、これだと思います。
自分が好きな男性に愛されるためには、形式上、男性側が自分のことを"先に"好きになったという事実が必要です。
しかし、男性から見ると、アプローチなのか勘違いなのかよくわからないアプローチとも言えます。これは男性を躊躇させます。

また、実際に思わせぶりな態度を取るあまのじゃくな性格の女性も中にはいます。これも男性を躊躇させます。
あまのじゃくな態度を取る理由は、女性の中にある男性に注目されたいという本能がそうさせるのでしょう。
そのため、二重の意味に取れるアプローチは男性を迷わせます。迷わずアプローチできるとしたら、その女性が好きな場合だけです。

私の気持ちをわかって欲しい。女性はこれを言葉でなく、行動で示してきます。これは男性の気持ちを振り回す行為です。
私は子供の頃から中途半端にモテてしまったため、このようなアプローチをよく受けました。それも一度に何人かからです。
これが原因で私は女性に振り回される子供時代を過ごしてしまいました。自分が誰が好きなのかわからなくなってしまいました。

複数の女性からアプローチされたら、潔くその中から1人を選ぶことは男らしいことだと思います。
できなかった理由は、自分が誰が好きなのかわからなかったこともありますが、きっかけを作ることができなかったからです。
放課後に偶然ばったり2人だけになれれば言えるか?でも、これは偶然がないとできません。

好きという感情もあるのかないのかよくわからなかったので、偶然都合が良いきっかけができれば良いや。
そして、結果は子供の頃に恋愛経験0という人生が確定した訳です。全ては私の心の弱さが招いた自己責任です。
そして、付き合ったことがないことで、メンタルの弱い自分が出来上がり、社会人になってから成長が遅れました。

婚活してからわかりましたが、男性は恋愛経験がないとメンタルが弱いままです。
告白というイベントは、男性にとっては物凄く勇気がいるイベントです。
男性に言わせようとする考え方しかない女性にはわからないと思いますが、勇気を振り絞ることは簡単なことではないです。

勇気を振り絞るからには成功させたい、失敗したくない、相手のことをちゃんと好きになりたい。
告白という行動を実行すると、自身のメンタルは物凄く鍛えられます。そして、自己中心的な性格が薄れていきます。
これが本当の意味で大人になるということなのです。私はこれを婚活を始めてから知りました。

経験値UPのため、誰でも良いからアプローチに応えてつきあっておけば良かったと思いますが、気持ちがないなら失礼だとも思います。
高校生の頃、私にアプローチしている女性がいました。しかし、私に告白させようとし、自分から告白する気はゼロだったようです。
ある時、なかなか告白してこない私に対してヤキモキしたのか、すれ違っても会釈してくれないと廊下で文句を言っていました。

偶然にも私はこの文句を聞いてしまいました。その直後、その女性とすれ違う時、お疲れ!と言いました。
今、振り返ると、結構怒気を含んで言っていたかもしれません。その直後、その女性を含めた周りの女性はシーンとしてしまいました。
聞かれてたんだ…。そう思ったのでしょう。それ以降、その女性と会話することは2度とありませんでした。

私の母は物事をハッキリいう女性でした。一般的な態度によるアプローチをしません。言葉でストレートに伝えてきます。
だからこそ、ハッキリ言ってこない、言い換えると男性に言わせようとする女性たちを見て、迷った部分はあったと思います。
理系脳であることもあいまって、男女関係なく、先に好きになった方が告白をすることは筋だと思っていました。

しかし、これが体は大人でもメンタルは子供という自己中な考え方をする自分を作ってしまいました。
過去の自分の発言や行動を振り返ると、恥ずかしい、忘れたい、そう思うことが直近でもあります。
でも、振り返ることができた、気付けたということは自分の成長の証でもあると思います。プラスに捉えたいと思います。


春先に都内で他者推薦で集まった男女で合コンした際に、私に態度でアプローチしてくれた女性がいました。
内面重視の私としては、その後何回か会ってちゃんと内面を知ってから、と考えていました。
一方で、一過性の出会いではそれではダメです。それがわかっていたのですが、迷ってしまい、声をかけることができませんでした。

態度によるアプローチだったので、本気だったのか親切心だったのかよくわからなかったこともあります。
ほとんど話していなかったので、容姿で決めたのか雰囲気で決めたのか、いずれにしてもアプローチなら私は内面で判断されていません。
美人だったので、これまでアプローチされてきているはず。男性の気持ちを大切にできない思いやりのない女性なのか?

というように、余計なことを考えてしまいました。でも、人にはそれぞれ事情があります。他者推薦される女性なら迷ってはいけなかったです。
あれから時間が経ち過ぎてしまいました。今更、声をかけるのは難しいというところまで来てしまっています。
何かイベントを企画して、しかも、そのイベントに女性側も来てくれないと、もう会うことはないでしょう。

私が婚活している理由は、きっとこれなんだと思います。
もし、最終的に振ることになってしまった場合に、申し訳ないという気持ちが先に来てしまうのだと思います。
そのため、女性から来てくれた方が楽です。このような申し訳ないという気持ちがその時点ではないからです。
告白することもそうですが、断ることも相当にエネルギーがいることです。これも婚活してから知りました。


私が今、会っている女性は、異業種交流会でマッチングシートに女性が○をしたことがきっかけで会っている女性です。
私はマッチングシートに○をしていませんでしたが、性格は物凄く良いです。思いやりもあります。
危なっかしいところはありますが、奥さん向きな性格を持っていることは確実です。女性特有のプライドもありません。
失敗を恐れているところがあり、付き合ったことがないようにも見えますが、そこは育てるつもりで接すれば良いと思うので問題ないです。
優しい性格であり、間違いなく、大当たりな性格を持っている女性です。そんな女性に好かれている訳です。

もう数回に会うことになりますので、そろそろ最初の決断をしなければいけないとは思います。しかし、私は迷ってしまいました。
それは一番最近会った際に、子供の話題を瞬間的に持ち出されたからです。
ハッキリ言われた訳ではありません。ただ、子供が欲しいのかなーという思いは伝わりました。

お互い恋愛初心者みたいだし、お付き合いをお願いするとして、まあ、結婚前提とは言わなくてもいいか。
まずは、恋愛を楽しめれば良いか、という軽い気持ちでいたのですが、女性側はたぶんそう思わないだろうと思いました。
お付き合い=結婚前提と捉えるだろうと思いました。真面目な性格だし…。

結婚は縁なので、縁がなかったら、それはそれで一生独身でもいいや。
でも、チャンスは年齢的にも何度もない。ここで振ったら次の出会いはいつかわからない。そろそろ決めないとマズイ…。
…という感じで、結婚したいのかしたくないのか、よくわからない感情が渦巻いています。

私は30代ですし、自分の年齢を棚に上げて女性に若さを求めるようなことはしたくありません。
子供はいらない、と言えば嘘になりますが、男性不妊や女性不妊も十分に考えなければいけない年齢なので、子供はいなくても良いです。
しかし、女性は年齢的に高齢出産が近づいています。もし、子供が欲しいのなら、あまり迷っている時間はありません。

友人に1年以上子供ができない人がいます。奥さんの年齢は32歳です。しかも、20代のうちに1人産んでいます。
30代からの初産は、私は結構確率が低いことだと考えています。実際には、都合の良い話をチョイスしてきただけだと思います。

子供の話題を出されましたが、実際のところ、どう思っているかはわかりません。可能であれば欲しい程度かしれません。
女性は男性と違って感情を隠すのがうまいと思います。聞いてみないと本当のところはわからないです。
焦っている様子はないので、ここで深く迷ってしまうのは、間違いなのかもしれませんね。


一方で、私は女性と会いつつ、人脈拡大活動を続けています。
今、会っている女性とご縁が終了した場合、また、最初からご縁を探すのは大変です。
一兎を追うもの二兎を得ず、とは言いますが、学生時代とは違います。これは恋愛の考え方であり、私がしていることは婚活です。
また、単純に、人脈拡大は色々な人の考え方、価値観を知れるので、人生をより豊かにすることになると考えています。

そんな感じで、先日BBQに参加しました。異業種交流会で会った方も含めて、また、新しい出会いがそこにはありました。
話を聞いていると、やっぱり苦労している人が多いなーと思いました。転職していたり、苦労人という感じです。
やはり男女共に、このような人が紹介者経由で流れるのかなと思います。

女性はありのままの自分を受け入れて欲しいという考えを持ちやすいように感じますが、この場にいる女性にはそれをあまり感じません。
私の考えですが、女性の男性に対するアプローチには、大きく分けて2種類あると思います。

----------------------
<ありのままの自分を受け入れて欲しいという考え方(体感で9割以上の日本女性の考え方)をする女性>
・好きな男性に対して告白『させよう』とする。(男性を選ぶという発想)
・生まれた時から美人、可愛い場合、特にこの傾向が強い。

<努力して自分を変えることができる女性(体感であまり見ない日本女性の考え方)>
・好きな男性に対して告白『してもらおう』とする。(男性に選ばれようという発想)
・努力して美人、可愛い等のステータスを手に入れた女性は、この傾向が見られる。
----------------------

男性に告白して欲しい、という点では、どちらも変わりません。ネットを見る限り、一般的な女性の無意識の思考です。
しかし、男性が告白したくなる女性は一体どちらでしょうか?答えは言わなくてもわかると思います。

同じ商品を同じ値段で売っている店(A店/B店)があったとします。
A店は、お客様起点で、言葉遣いも含めて懇切丁寧な対応をする販売員がいました。押し売り営業はしません。
B店は、丁寧ではあるものの、自分の気持ち優先(営業成績を上げること優先)で、若干押し売り営業をしているように感じます。
さて、お客様は商品を買うとして、どちらの店で商品を買うでしょうか?

女性を上記の店の販売員、男性をお客様に置き換えれば、好きな男性と結婚できる女性とできない女性の理由は明確にわかります。
私に過去にアプローチしてきた女性は、基本的にB店の販売員のアプローチをしてきた女性が多かったです。
つまり、お客様に『買わせよう』という発想での行動です。男性は単純な生き物で女性の容姿に惹かれてしまうので、美人な女性は、
努力をしなくても結婚できてしまう可能性があります。これが女性に『私なら好きな男性と結婚できる』という根拠のない自信を持たせます。

しかし、これこそが逆に好きな男性と結婚できない理由になると思います。
男性の気持ちを考えず、自分の気持ちを押し付けてくる女性を良いと思う男性は、女性の中身を見れる男性であれば、なかなかいないと思います。
そして、ありのままの自分を受け入れて欲しいという深層心理を持っている女性では、このことに気づくことは、おそらく簡単ではありません。
結局のところ、相手の立場で物事を考えることができない女性は、自分を好きになってくれる男性と結婚した方が大切にされるので幸せだと思います。

一方、今、私と会っている女性はそうではありません。モテなかった過去の自分に努力をして、モテる女性に変われた女性です。
異業種交流会やBBQにいた女性たちも、このような考え方を持っていると感じます。相手に優しい気持ちで接することができます。
A店の販売員の考え方ができる女性が、私が今、会っている女性になります。優しい心を持っている結婚向きの性格を持った女性です。

B店の販売員の女性も『自分を良いと言ってくれた男性を断ってきた』過去はあると思いますが、この根底にあるのは
『自分が好きな男性と結婚したい』
という自分の気持ちのみです。A店の販売員の女性は、これだけでなく、男性の気持ちに立った考え方ができています。

私の母は多くの女性はキツイところがあるという表現をしていました。だから、男性は女性に想われた方が良いと言っていました。
これは、『ありのままの自分を受け入れて欲しい』という女性の深層心理から来る無意識の考え方を示していると思います。

過去の日記で女性特有のプライドと私が表現してきた女性の考え方はこのことを指しています。
同じ女性から見たらわからないプライドだと思います。ガールズちゃんねるを見ていると、男性ならわかると思います。
男性から見たら棚に自分を上げているように見えるコメントに大量のプラスが付くことがあります。
この事実は、女性が深層心理で自分が良いと思えて、かつ、ありのままの自分を受け入れてくれる男性を求めている理由だと思います。
そこには、自分(の内面)を変える、という発想がありません。

客観的に見えると、男性は気づくが女性には気づけない自己中発想ですが、この我侭に男性が絶えられるのは性欲以外にありません。
そして、男性は女性の容姿を重視してしまいます。
このような性差の違い、そして過去の私自身の体験談から、私は日本女性の多くは結婚向きな性格を持ってないと考えています。

過去を振り返ると、母の言うように、女性は考えていることを男性の気持ちを考えずにナチュラルに発する傾向が強いことに気づきます。
つまり、女性は良い意味でも良くない意味でも正直なのです。これが時に相手の気持ちを傷つけることになります。
女性の敵は女性とはよくできた比喩だと思います。

私は以前の婚活日記で、女性は内面を変える努力をして来ない人が多いと書きました。その理由は、これまで話した通りです。
そして、変えて来ないからこそ、女性はナチュラルに男性にキツイ言葉を話す人が多いことになります。
しかし、女性はそれに簡単に気づきません。

これは女性心理から来る行動のために、自分の内面の良くない部分に気づきにくいため、内面を変えるという発想に辿り着かず、
変えられないのです。しかし、人脈のある女性で人の意見を真摯に聞ける女性なら、気付ける確率が上がります。

私は過去の婚活日記で何度か他者評価より自己評価の方が難しいと書きました。
その理由は、深層心理から来る行動の修正は、気づけないために簡単ではないからです。


世の中の女性を見ていて思いますが、女性は何故自分が化粧をしているかを正しく理解していないと感じます。
自分を綺麗に見せたい。確かにそうだと思います。でも、綺麗に見せたいと思うのは何故でしょうか?
それは、女性が深層心理で男性は女性の容姿を重視しやすいと理解しているからです。
自分を美しく見せたい理由は、異性に綺麗に見られたいという生物としての本能の欲求があるからです。

私は以前の婚活日記で、業者主催の婚活市場にいる男女は、男性は外面で、女性は内面で、それぞれ良くする努力が足りないと書きました。
結局のところ、ここに気づけないから自分が恋愛市場で結婚できずに婚活している真の理由に辿り着けず、恋愛市場で見せていたありのままの
自分を婚活市場でも継続して見せる行動を取ってしまう訳です。言い換えると、自己分析ができない男女が業者主催の婚活市場に流れます。
結婚は生活です。私が探しているのは、ちゃんと男性と言葉でコミュニケーションを取れる女性です。察してタイプではありません。

自分に努力できない女性を普通の男性は相手にしません。一方で業者主催の婚活市場にいる普通以下の女性は普通の男性を求めます。
これに気づいた男性から業者主催の婚活市場に行くのはやめて、別の方法で普通の女性がいる場所を探すことになります。
業者主催の婚活市場にも容姿も性格も良い女性はいますが、一握り過ぎて、本当に結婚したいならここにいてはいけないと気づきます。

他者推薦者が集まる異業種交流会では、傾向的に女性より男性の方が人数が多いという情報をおせっかいおばさんから仕入れました。
普通の男性は、業者主催の婚活市場ではなく、他者推薦される女性が集まる婚活市場に行くのが昨今の傾向のようです。
ガールズちゃんねるにいるような婚活女性を見て、どこに良い女性がいるか、男性が気づいたということだと思います。

参考で、婚活女性≒ガールズちゃんねるにいる女性になる理由は、以下のトピを見ればよくわかると思います。
特に、注目して欲しいのは、コメント11のプラスの数です。思いやりのないところに人は集まらないとは、よく言ったものだと思います。
思いやりのある人は、周囲が放って置かないと思うので、婚活パーティにいる男女=自己中という図式が成立する訳です。
人の気持ちがわからない人が業種主催の婚活市場に流れる訳ですね。自分が傷つくのが怖いと思っている男女が流れます。
http://girlschannel.net/topics/792886/

理系に女性が少ない理由は、論理的な思考をできる女性が少ないからです。
そのため、多角的な分析が得意な男性は、業者主催の婚活市場は早めに見切りをつけることができます。
一方で女性は感情重視のため、理系のような論理的な思考は苦手な傾向があります。
これは自己分析は女性より男性の方が得意ということです。
したがって、一度業者主催の婚活市場に流れると、長期間滞在する可能性が高いのは女性になります。


文系の男性は職場でも周囲に女性がいるので、良い男性は婚活市場には流れにくい。
周囲に女性が少ない理系男性なら婚活市場に流れる可能性はあるが、論理的な分析が得意なので、一定時間後に消える。

アラサーで残っている男性で良い男性は理系に多いとネットの婚活女性たちは言いますが、もしそう思うなら、出会ったら、
全力で自分からアプローチすべきです。『察して』アプローチでは男性もすぐには気づけないことがあります。
そこで女性特有の『私の気持ちに気づいて下さい』という男性に告白させようとする女性心理の行動を取ったらアウトです。
特に、合コンのような一過性のある出会いでは尚更です。どっちからも声をかけられなかったら、どっちにも原因があります。
年齢的には、アラサーであるということを自覚しないと、ダメだと思います。危機感があるならできます。

自分を変えて来たなら話は別ですが、恋愛市場と変わらない"ありのまま"で婚活をしているのなら、アプローチされないと思うべきです。
何故なら、恋愛市場でアプローチされるのであれば、婚活市場には流れないからです。(苦労人を除く)
恋愛市場でアプローチされたことがあり、かつ、自分を変えることなく"ありのまま"で婚活市場にいるとしたら、男性を選び過ぎだと思います。

適齢期に付き合っていた男性に振られた場合も同じです。振られる理由があるからです。
このような女性を世間では『高望み女性』と言います。何年も付き合っていて振られたなら、自分の魅力を高める努力が不足しています。
男性は本当に魅力のある女性なら、手放しません。結婚して自分の手元におこうとします。

男性側に結婚願望がなく、適齢期に自分から男性を振ったという可能性もありますが、この場合は焦りが先行している女性が多いですし、
結局のところ、”男性に告白させる”という無意識の女性心理から来る行動は変えられていないと感じるため、真に良い女性ではないでしょう。
こういう背景からも、良いと思える男性を見つけたのであれば、迷わずに、自分の気持ちをストレートに伝えるべきです。

例えば、合コンで帰りに男性のコートを取ったとします。客観的に見ると、親切心で取ったとも、男性へのアプローチで取ったとも言えます。
男性にアプローチなのかそうでないのか勘違いさせる行動を取る。これが女性の一般的な『遠慮がち』アプローチです。
アラサー以降で男性ではなく女性からのアプローチで結婚しているケースが多い理由は、ここにあるような気がします。

ストレートにハッキリと自分の気持ちも言える女性もいます。その違いは、自分に努力しているかしていないかの違いです。
傾向的に、自分に努力して自信をつけてきた女性は、男性を勘違いさせるような曖昧なアプローチはしません。
男性に言って欲しい女性は、告白『してもらえる』ような明確なアプローチをしてきます。男性に勇気を振り絞ってもらえる努力をします。
遠慮がちアプローチをするのは『ありのまま』の自分を受け入れて欲しいという、男性に告白『させよう』とする思考を持っている女性です。

この両者の違いは、自分の気持ちを隠したいという女性の本能から来る行動でもありますが、
結婚をゴールと捕らえているかスタートと捕らえているかの違いでもあると私は考えています。

男性の立場で考えて、どちらの女性のアプローチに応えた方が幸せな家庭を作れるかは、迷う理由はありません。
普通は自分に努力できる女性を選びます。ハッキリ言える女性は、結婚後もちゃんと男性とコミュニケーションを取れると思います。
今、私が会っている女性は、告白『してもらえる』ように私にアプローチしています。
ここまで想ってくれるのであれば、男性としてはしっかり考えて答えを出したいと思います。


婚活の場としては、合コン、パーティ、相談所等たくさんありますが、パーティ、相談所は遠慮がちなアプローチが入る余地はありません。
そこにあるのは、○か×かの二者択一です。したがって、男性は迷う理由がありません。遠慮がちなアプローチが可能なのは合コンです。
そして、私がネットで婚活女性の動向を分析するに、最も結婚できていない女性は、合コンを主戦場に婚活している女性です。
つまり、遠慮がちな曖昧アプローチでは、簡単には男性に気持ちは伝わらないということです。
伝わっていたとしても、男性には躊躇する理由があります。多くの男性にとって、それは女性の年齢です。

アラサーの女性に対しては、女性からのアプローチがあっても男性は慎重になりやすいと思います。
何故なら、女性の年齢がわからないからです。同じアラサーでも25歳と34歳では全然違います。
アラフォーなら女性の年齢はあまり考えないかもしれませんが、私はまだアラサーです。
秀でた魅力がないとアラフォー女性にはアプローチできないです。そして、秀でた魅力がある女性は、自分に努力しています。

若い時と違い、男性は女性の実年齢を気にしてしまいます。
婚活の意味合いが強いアラサー合コンでは、年齢のわからない女性に私の方からアプローチはしにくいです。
アラサー以降で女性からハッキリ気持ちを伝えてきた場合にカップリングが成立しやすい理由は、ここにあると思います。

また、遠慮がちアプローチをアラサーでもしている女性が結婚しにくい理由は、他にもあると思います。
これは私の考えですが、遠慮がちアプローチをしている婚活女性は、積極的な女性に良いと思った男性を取られてしまいを
繰り返しているような気がします。
本当に結婚したい女性は、良いと思う男性がいたら自分の気持ちをストレートに伝えてきます。
もしくは、ハッキリと男性にアプローチして欲しいという気持ちを言葉で伝えてきます。例えば、連絡待っています、とかです。


男性を選びたいなら、選ばれるのを待つのではなく、自分から選ばれる努力をして下さい。
恋愛ではなく、婚活をしていることを真の意味で自覚して下さい。アラサー以上の場合は特にです。


業者主催の婚活市場の唯一の利点は、自分の市場価値がわかるということです。
友人、知人など、身近な人では、相手の気持ちを考えて甘い評価をされがちです。
しかし、業者主催の婚活市場では、その日限りの出会いで、もう二度と出会うことがない人が大半でしょう。
だから、遠慮のない他者評価が自分に下されます。

振り返ると、私が最初に婚活の場として業者主催の場所に行ったことは正解でした。
その日限りの男女から厳しい評価をもらったことで、自分に足りないことがわかり、自分を変えるために、
ストイックに容姿を良くする、自己中な性格を変える努力ができました。
そして、時間はかかりましたが、他者推薦者しか呼ばれない異業種交流会へと参加でき、自己中ではない、
言い換えると、思いやりのある女性と出会うことができました。

業者主催の婚活の場にいた女性は、ほとんどが自己中の女性でした。
それ以上に問題なのは、本人がそれを気づいていないことでしたが、それは私も同じでした。
私も自己中だったからこそ、業者主催の婚活市場に行っていた訳です。
しかし、私は自分にストイックな努力をして、結婚できない男女のたまり場である業者主催の婚活市場の脱出に成功しました。
過去に努力をしなかったツケは必ず自分に返ってきます。実体験から、因果応報という言葉の真の意味を私は理解できました。

結婚するために必要なこと。それは、自分の欠点を認め、それをなくための努力をし、自分に自信の持てる根拠を作ることです。
今、会っている女性の業者主催の婚活市場にいる女性との最大の違いは、自分に努力できる女性であることです。
痩せるために、週に数回フィットネスクラブに通い、週末は数kmのランニングを行い、過去の自分に決別していました。
私と同じレベルで物事を考えています。
自分を変えるための努力ができる。だからこそ、他者推薦される婚活市場で婚活ができたと言えます。

女性は自分に自信を持てると変わることができます。しかし、自信を持つには努力が必要です。
自分に自信をつけるための努力ができない女性は好きな男性、気になる男性ができても積極的になれないし、
プラス思考よりマイナス思考が強くなるので、成功することより失敗を恐れます。

去年の夏に、ネットで知り合って私が声をかけて会った女性は、まさにこれでした。
性格が良いのに婚活しているのは、ハッキリ言ってしまうと容姿が良くないからです。
容姿が良くない理由は明確でした。太っているからです。
振る舞いの面でも男性が嫌がる振る舞いが多かったので、典型的なありのままの自分を受け入れて下さいタイプの女性です。

資格試験を勉強せずに受けたら100%失敗します。事前の努力なしで自分の欲しいものは手に入りません。
10000円の極上ステーキハウスに1000円だけ持って入店し、1000円しか持ってないのでステーキの値段を1000円にして下さいと言う。
言うなれば、食い逃げです。
努力ができないありのままの自分を受け入れて下さいという意味は、このような例を挙げれば、異性にどのような態度で
自分が接しているという意味かわかるはずです。

結婚願望があっても、結婚できない、しない女性は、ご縁を引き寄せる力がないからです。
『結婚できない』『結婚しない』のどちらでもありません。異性に良く見られるために自分を変える精一杯の努力をしないが正解です。

そこまでの努力はできない。そこまで努力しないと結婚できないならしたくない。
こういう弱メンタルを持っている自分に甘える女性は私の求める女性ではありません。
何故、内面を変える努力ができないのか。業者主催の婚活市場にいる女性には、自分に甘い女性が多くてガッカリです。

『振られるのが怖い』、『失敗したくない』、振られそうだから、これ以上会っても振られるかもしれないから、会いたいけど会いたくない。
生涯独身になって下さい。気持ちはわかりますが、結局、自分の心が弱いことを棚に上げているじゃないですか。

『本物は逃げない』 これは名言だと思います。逃げるのなら、あなたにまだ結婚力はありません。
男性を不幸にするだけなので、婚活市場に出てこないで下さい。選ぶ意識は捨てて、選ばれる努力をして下さい。

勘違いしている婚活女性が多いと感じるのでハッキリ言います。男性を選べる女性は、自分が選ばれる精一杯の努力をしています。
相手の気持ちも大切にできるからこそ、選ばれる努力ができます。選べないのが辛いという発言は努力していれば出ないはずです。
女性の最大の魅力は、容姿でも若さでもありません。自分に甘えず努力ができ、人に思いやりを持てる女性です。


[ 2016/06/17 19:28 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/67-85f21955