【検討】結婚式での二次会から合コンに繋げる方法



数少ない女性との出会いを活かす方法を考える。
前回の婚活日記の続きです。
http://lightningplus.blog.fc2.com/blog-entry-51.html#more


親友に紹介された女性とはまだ繋がりは切れていないものの、失敗する可能性は高いと考えています。
数回会えることができて、初めて結婚の可能性が出てきたかなと思うべきです。次の策は常に検討しています。

やろうと思えば、街コン、合コン、ネット婚活婚活パーティ、結婚相談所はいつでも行けます。しかし、私はそれを今は避けています。
効率的に会ってみたい人にだけ会える結婚相談所は有効ではありますが、やはりお金で解決できる話なので面白くありません。
業者がやっている街コン、合コン婚活パーティ、ネット婚活結婚相談所はどれも本人のお金で解決できるものです。

メンタルを鍛えて女性に声をかけるスキルを得た今、お金を払わないと女性と出会えないというのは、つまらない男性な気がします。
男性は女性を自分から誘えてこそ、女性から魅力的に映ると考えています。お金を払うという行為は自力で出会いを作れないということです。
対面で会って自分から声をかけた女性であれば、女性の条件は気にしないのが男性です。自分から選んでいるからです。
女性は男性から声をかけられたい願望を潜在的に持っていますし、男性は女性に声をかけた方がカッコイイです。
それに女性は自分に声をかけてくれた男性というのは大事にしてくれると考えています。

また、業者の行う街コン、合コン婚活パーティ、ネット婚活、結婚相談所は、お金を払えば何回でも行くことができます。
そのため、ちょっと違うかなと思われたら、女性は男性に対して簡単にごめんなさいしてしまう世界です。
すぐに次の出会いが作れてしまうため、自分に合う異性が現れるまで頑張る心理が働きます。

でも、男性が自主的に動いたものであれば頼りになる一面を見せることができ、簡単にはごめんなさいされないと思います。
そのような出会い方をたくさん作ることこそが本当の意味で必要な婚活だと思います。


業者の行う街コン、合コン、婚活パーティ、ネット婚活、結婚相談所では、自分を求められての出会いとは違います。
ネットのブログでは婚活の進め方についてよく議論が上がっていますが、うまくいかない話がほとんどです。
条件という理想論だけ掲げているからそうなってしまいます。これは自分を客観視できなくさせます。

婚活者は活動期間が長い程、理想が上がると言われます。あれはダメ、これはダメ、とどんどん増えていくからです。
私の場合は、これを避けるため、相手に恋愛感情を持てるかどうかで女性の条件を基本的に考えています。
結婚は生活であり、現実であるのため、男女の価値観の違いが大きいと破綻するからです。

女性の恋愛心理を分析すると、婚活の進め方の議論は成婚の成功率を考えた時、本質からズレていると思います。
成婚のために考えなければいけないことは、出会ってからの進め方ではありません。
最も考えなければいけないポイントは女性との出会い方です。


私は成婚のために一番大切なことは、女性にこの男性との縁を大切にしたいと出会った際に思わせることだと思います。
つまり、婚活で一番重要なことは出会った後ではなく、出会う前に準備をしてその時に備えることなのです。
ここでいう準備とは、他者推薦される人間になることです。出会うずっと前から勝負は始まっているのです。
成婚に繋がる出会いは、学生時代の知り合い、職場、紹介が多いです。これらは全て他者評価があるという概念が存在します。
これは男女共に相手に対する安心感を生むため、互いに頑張って歩み寄ろうとする努力に繋がります。

異性に恋愛感情を持ってもらえる容姿に鍛え上げ、異性心理を勉強して、行動、態度、性格、精神力を向上させる努力が必要です。
男性は女性を誘ってこそ魅力的な男性です。女性は男性に誘われてこそ魅力的な女性です。
婚活から脱出して成婚するために必要なことは、男女でこの1点に集約されるような気がします。


業者の行う街コン、合コン、婚活パーティ、ネット婚活、結婚相談所にいる女性は、男性に誘われない理由を持っている女性が多いです。
誘われる理由を持っている、かつ、その男性を大事にできる良い女性なら、そもそもこのような場には基本的に行かないと思うのです。
この2つの特性を備えている女性こそ、本当の意味で結婚力のある女性です。

経験上、婚活市場にいる女性は、容姿、性格、精神力のどれか、または、複数のレベルが低い女性が多いです。
私の持論ですが、レベルが低くなる理由は、交友関係が狭いか、プライドが高いかのどちらか、または両方を持っているからだと思います。
他者評価に真摯に耳を傾けることができないプライドがあるから、お金を払って出会いの場を作る婚活市場に流れるような気がします。
交友関係が狭いと他者評価を聞く機会は減ります。本当の友人がいれば、社交辞令なことは言いません。

他者の厳しい意見に耳を傾けられる人は、容姿、性格、精神力を向上させる努力ができます。
婚活市場にいる男女に容姿、性格、精神力のバランスが良くない人が多い理由は、容姿、性格、精神力を向上させる行動を起こせないからです。
自分の魅力を高める努力をせずにお金で出会いを作る男女が集う婚活市場に異性から見た魅力的な人はほとんどいません。


したがって、お金を出さないと出会いを作ることができない男女が集まる世界が婚活市場になります。
お金を払って機械的に会った魅力の乏しい異性に対しては男女ともに簡単には本気になれないでしょう。
婚活パーティでは、参加者から見た異性はなかなか魅力的に見えないと聞きます。その理由はここまで説明してきた通りです。

私が婚活市場で異性を見つけることは間違いだと断言する理由です。良い女性と出会える確率が低いからです。
婚活女性は、目の前に会った縁を大切にできず、自分の理想を求めてきたからこそ、婚活していると思います。
そういう女性は、自分が良いと思える異性に会えても、うまくいかない確率が高いでしょう。そうでなければ婚活の成婚率はもっと高いはずです。
婚活のカップリング不成立の理由は、8割は女性の拒否にあると言います。自分を棚に上げて異性を選ぶ婚活女性に本当の魅力はありません。

業者の行う街コン、合コン、婚活パーティ、ネット婚活、結婚相談所は、本来、若い時にこそ、行くべき場所だと考えます。
しかし、歳を重ねる程、良い男女から次々に売れていってしまいます。そうすると、出会いの場を頼るしかなくなります。
考え方に柔軟性のある若い人に相手にしてもらえれば話は別ですが、現実はそうではありません。

私が共学時代までの縁を大事にすれば良かったと思っている最大の理由は、婚活市場にいる自分に努力できない女性を見てきたからです。
相手に魅力的に見えるように努力していないのに、相手に自分のできない努力ばかり求める女性が集まるのが多くの婚活女性の特徴です。
もちろんですが、全員ではないです。中には良い女性もいました。しかし、やはり本当にわずかしかいないのです。

私は自分の質を高めるために努力してきました。だからこそ、質の良い女性と一度にたくさん出会える方法を模索しています。
では、日常的に女性と出会いがない私が、質の良いアラサー女性と一度にたくさん出会うには、どうすれば良いか?
それは、一瞬のチャンスを掴むことしかありません。この年齢ですが、何らかのイベントの発生で異性と知り合う機会はあります。


それが前回の婚活日記でも話をした結婚式での二次会です。
幸い、交流の続いている友人の割合の多い大学の工学部の友達は、ほとんど結婚していません。
しかし、機会の数は限られます。何故なら結婚に興味の高い友人が少ないからです。年齢的にも1回でチャンスをつかむしかないでしょう。

幸い今年の春過ぎに、工学部時代の友人が1人結婚します。
しかも、ラッキーなことに、相手の女性は今年27歳になる女性で、更に友人が多い女性と聞いています。挑戦できる大チャンスです。

27歳の女性となると、結婚を視野に入れて付き合っている女性も多いと思いますが、まだ彼氏なしの女性はいるはずです。
それに、27歳となると、彼氏がいない女性はちょうど結婚に対して不安を抱えやすい頃だと思います。
結婚式の二次会での飲み会への誘いはナンパみたいなものですが、誘えば意外と女性が集まる可能性はあります。


このような飲み会で集まる女性は、質の良い女性が集まる可能性が高いと私は考えました。

まず、女性は恋愛において自然な出会いを理想とする人が多いです。女性の恋愛は結果よりプロセス重視です。
そのため、個人企画の飲み会で出会いを探せる時点で柔軟性があります。
理想より現実を直視できるため、個人企画の飲み会に参加できる、誘われて来ることができる女性はプライドは高くないと思います。
個人企画の飲み会はなかなかあることではありません。このような出会いに来れる女性は、その出会いを大切にできる女性だと思います。

自己評価の低い女性も飲み会の場には来ないと思います。理由は、自己評価の低い女性はプライドが高いと思うからです。
例えば、このような女性には彼氏がいないのに彼氏がいると嘘をつく女性がいます。自己評価の低い女性には見栄を張る傾向を感じます。

自己評価が低い理由は、自信を持てないからです。自信を持てない理由は、モテるように変わる努力ができないからです。
容姿、性格、精神力を変える努力が必要なのに、婚活女性はできない人が多いです。感情に訴える女性特有の傾向と言えるかもしれません。

このような女性は他者と自分を比較して振られる可能性を考えるため、自信の無さから飲み会に来る可能性は低いです。
容姿、性格、精神力のレベルが同じなら、自信のない女性(自己評価の低い女性)より、図々しい女性の方が良いです。
図々しい女性なら飲み会に来る可能性は、このような開催の飲み会の場合、低いとは思いますが、あるかもしれません。


独身の女子会ばかりしたり、知人に冗談でも紹介して欲しいと言えないような結婚に興味ない振りをする女性は結婚力がありません。
独身の集まりは気持ちが楽かもしれませんが、既婚者と一緒に過ごして幸せな様子を直視することは重要です。
既婚者の集まりに顔を出せない、出すのに躊躇する、断るような女性は、メンタルが弱いです。心が傷つくことを怖れるからです。

結婚に興味がないと意地を張り、現実から目を背けるような女性に、幸せは来ないと思います。
色々な人を見て、何故自分がこれまでの人生で婚活しなければ結婚できかなかったかをきちんと分析すべきです。
振られることを怖れるメンタルでは幸せな結婚はできません。幸せな家庭を築ける本物の女性は、逃げない心を持っています。

結婚できる人は出会う前に振られて当然という発想ができます。結婚できない人は、振られる発想をしません。
社会に出てから感じますが、レベルの低い人は、やりたい仕事だけやり、やりたくない仕事は他人任せにします。
失敗することを怖れて、できることしかしようとしないからレベルアップできなくなります。就活も婚活も一緒です。

婚活ではよくメンタルがやられるという話をネットで見かけますが、メンタルをやられるという発言が出る時点でレベルが低いです。
レベルアップできた人はメンタルがやられるという発言はしませんし、思いません。
準備をして自信を付けられたからこそ、失敗しても、あー残念だったと考えて、サクっと次に進むことができます。

ここにメンタルをやられる要素はありません。結婚できる人とは、失敗を前提に行動ができる人だと思います。
成功のために全力を尽くしたからこそ、失敗を許容できます。全力で成功のための準備をして来なかったから失敗を怖れます。
失敗を怖れる人は自分に自信がない人です。自信がない人とは、自信を持つための努力が全力でできない人です。

飲み会に誘われる良い女性でも、本当に結婚に興味ない女性は、飲み会の誘いは拒否すると思います。
つまり、失敗することを恐れず、素直に結婚したいと周りに言える結婚願望のある女性だけが飲み会に集まります。
自分の気持ちに素直になれるプライドの高くない女性とだけ、飲み会をすることができます。


更に、交友関係が広い、仲の良い友人がいる等の特徴がないと、友人の結婚式にはなかなか呼ばれません。
結婚式に参加した女性が、その場にいない女性で声をかける女性もある程度以上の交友関係を持っていることが期待できます。
このような場で企画した飲み会に喪女の女性が来る可能性はゼロです。相手に歩み寄ることのできる女性が呼ばれる確率は高いです。

家庭環境に事情のある女性(婿養子、宗教、特定政党/政治家の応援)もないと思います。
婚活パーティや結婚相談所には、訳ありの女性が一部います。婚活市場では、まともな女性と出会うことさえ、叶わない可能性があります。
婚活市場で結婚するために努力して来なかった女性を見てきたからこそ、このような個人企画飲み会では全員に良い出会いが期待できます。


お金で出会いを作る場には、プライドの高い女性も、他者評価の低い女性も参加できます。
容姿、性格、精神力を向上させる行動ができないのは、プライドが高いからです。危機感がないということです。

本当に結婚したい女性は、男性に恋愛感情を持ってもらうにはどうすれば良いか考えることができます。それを元に行動することができます。
本当に結婚したい女性は、男性がどのような女性を好むのかを勉強して知ろうとします。それを元に行動することができます。
本気で結婚したい女性は、周囲に紹介を頼んだり、結婚願望があることを話せますし、結婚できると評価される女性には、周囲から声がかかります。

私が探しているのは、このような女性です。自分の都合の良い男性を探すような自分を棚に上げる女性との出会いは避けたいです。
婚活を始めた頃、私は、自分の理想の男性を求める女性は、その女性自身もそれ相応のものを持っていると思っていました。
しかし、婚活してそうではないことがわかりました。婚活パーティに行くことが努力と考えている女性が多いです。
本当に努力するところはそこではありません。男性に恋愛感情を持ってもらえるように自分を変えることです。
アラサーの婚活者は、婚活するまで男女共に売れ残ってしまった原因を考えるべきです。
私は自分を変えてきました。この現実を知った今、結婚力のある女性と出会うためには出会い方を変えるしかありません。


私は、一部を除き、これまでの婚活で、プライドの高い、他者評価の低いと感じられる女性をたくさん見てきました。
そして、結婚力のある女性は、これらと真逆の性質、つまり、自分の気持ちに素直になれる、かつ、他者評価の高い女性だと思います。
個人企画の飲み会に集まる女性はこのような女性であり、婚活パーティにいたような女性はいない確率が高いと思います。

そして、このような出会い方であれば、女性も縁のあった男性を大事にしてくれやすいと思います。
業者の行う街コン、合コン、婚活パーティ、ネット婚活、結婚相談所はお金を払うだけで解決する問題で、自分で出会いを作る努力をしてません。
自分で努力して開催した合コンは、これらの出会い方とは質も意味も大きく異なります。女性の出会いに対する考え方が異なるからです。

年齢に関しては、私は今年32歳になりますが、たぶん、今年27歳の女性ならギリギリ許容範囲に入る可能性は高いと思います。
私としても5歳差以内が可能なら良いので、ギリギリ許容範囲です。
結婚式に出れば女性は結婚願望も高まりやすいですし、そのような意味でもこのような飲み会の開催は正解だと思います。


問題はどうやって連絡先を交換するかです。そのように話の流れを持っていかないといけません。
私はコミュ力は高いと言われますし、初対面の女性に声をかけるだけなら躊躇することはありません。
作戦としては、真摯に女性を探しているという男気を見せることと、会社の同僚や友人と飲み会に来ないということかなと思います。

私とだけ会って欲しいという誘い方にすると、連絡先交換率が下がる可能性が考えられます。
また、二次会の限られた時間では、誘える女性は限られます。一度にまとめてたくさんの女性と連絡先を交換するには有効だと思います。
彼氏がいる女性や既婚者の女性がいるともっといいかもしれません。何故なら、そこから派生する縁を見つけられる可能性があるからです。
友人や知り合いのいる彼氏のいない女性に声をかけてみて欲しいとお願いするだけで良いと思います。
50人の女性に声をかけて飲み会に5人来てくれる女性がいれば上出来だと思いますので、声をかける女性は多い程良いです。

会社の同期や後輩に出会いがなくて彼女を探している人は多いので、私の方は人数を揃えるのは比較的簡単です。
やはり理系の職場の男性のような出会いのない人は残ってしまうのだと感じます。

飲み会ができて、うまいこと全員と連絡先を交換できたら、しつこくならないようにマメに連絡を2-3ヶ月続けるつもりです。
どれが育つかわかりませんので、努力したいと思います。
もちろん、27歳の女性には無駄な恋愛はして欲しくないので、興味を持てない女性には連絡は取りません。
お互いに勘違いさせる要素は残してはいけないと思います。最終的に2人で会えるようになり、真剣交際に移行できれば成功です。

複数の女性と連絡が続き、デートができた場合は、一番最初に真剣交際に移行できた女性を大事にします。
私は興味のある女性のみ連絡をしますので、あとは早い者勝ちで良いです。相手の気持ちも大事なので、行動が早い女性の気持ちを大事にします。
真剣交際に移行できた段階で、他の女性はお断りの連絡をします。真剣交際になったら、他の女性とのデートは二股になるからです。
まあ、連絡が続く女性が1人出てくるだけでも上出来だと思いますので、実際にはこのような決断を迫られることはないと思います。


アラサーから出会いを探す場合、結婚式の二次会→飲み会は、意外と成婚確率の高い黄金ルートのような気がします。
リア充の女性は25歳くらいには結婚を見据えた彼氏、旦那がいそうですし、27歳彼氏なしの女性だと、真面目な性格の女性も多いと思います。
私は、リア充な女性より真面目な女性が好きですし、その方が私が真面目なことからも合っていると思っています。

これ以上、年齢が進むと、歳の近い女性はプライドが高いか他者評価の低い女性ばかりになると思います。
年齢の増加を超えるスピードで結婚力のある女性と出会えなくなり、自分に努力できる同士の結婚は本当に困難になります。
結婚するためには互いの歩み寄りの努力が必要です。今、頑張らないと幸せな家庭を持つことはできないという危機感が私にはあります。
私はもう女性に若さを提供できる年齢を過ぎてしまっています。このチャンスを逃したら人生終わりと思えば、勇気は振り絞れます。


よっしゃ!頑張るぞ!


[ 2016/01/09 18:15 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/53-1fae9014