【レビュー】宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2,199_image

リメイク作品の金字塔





宇宙戦艦ヤマト2199 全7章 観終わりました。(写真は横浜ブルク13です。)
色々言いたいことはありますが、制作スタッフには ありがとう! という言葉しか出てきません。
1年半、劇場に足を運んで本当に良かったです。

現在、TVで放送されていますが、はっきり言ってTVと劇場では迫力が全然違います。
宇宙戦艦ヤマト2199に関しては、絶対に映画館の大スクリーンで鑑賞した方が良いです。
面白さが飛躍的に上昇します。ベクトルが変わるレベルです。



宇宙戦艦ヤマトはこれまで色々な形で続編が生まれてきました。
初代宇宙戦艦ヤマトを子供の頃に見て以来、20年以上ファンをやっていますが、古い時代の作品だったので、
今のアニメーション技術で宇宙戦艦ヤマトを制作するとどんな作品になるんだろうか?と興味を持っていました。

2009年に「宇宙戦艦ヤマト 復活編」が公開された際、劇場には初日に行きました。
面白い作品であったことは確かでBlu-rayも買いましたが、一方で何か違うなーと思っていたことも事実です。



そして、2011年秋、宇宙戦艦ヤマト2199 が発表されます。



PV第1弾

PV第1弾を見た時は、あまり迫力を感じなくて微妙かなーとも思いました。
しかし、PV第2弾を見てこの感想は変わります。



PV第2弾

PV第2弾を見ていいかも!思い、劇場に足を運ぶことに決めました。

劇場が混んでいるのが嫌で、ゆっくり見たかったこともあり、第1章は公開から1週間以上してから観に行きました。
今のアニメーション技術作って欲しかった宇宙戦艦ヤマトはこれだ!
観終わった後、「すぐに観に行って劇場限定Blu-ayを買えば良かった。」と思いました。

第2章で波動エンジンの音を聞いた時は目から波動砲が出ました。
復活編では音が旧作とは異なっていたというのもあります。
劇場限定Blu-rayを買わなかったことを大後悔しました。


コレクターな性分なので、第2章以降は劇場限定Blu-rayは諦めて一般販売分を買っていましたが、
結局、第5章以降は劇場限定Blu-rayを集め始めました。

第5章ではドメル艦隊との迫力戦闘による絶望感、バラン星のヤマトのカッコ良さに惹かれて、
今からでも劇場限定Blu-rayを集めようと思ったからです。買わずにはいられませんでした。
第5章はアドレナリンが出過ぎて映画が終わった後も興奮が治まりませんでした。



そして、2013/8/24[土]。宇宙戦艦ヤマト2199は地球へ帰還して全7章の物語が終わりました。
2013年8月現在、初代ヤマトの声優さん、スタッフは実は多くの方が既に英雄の丘に旅立っています。
でも、亡くなられた方が現在もご存命で宇宙戦艦ヤマト2199を観ても、きっと感動すると思います。

横浜ブルク13での映画終了後、自然と拍手が起こりました。
映画館で上映終了後に自然と拍手が起こった経験は初めてでした。

宇宙戦艦ヤマト2199映画館で見た世代はリアルヤマト世代の方が多かったので、40代~50代が中心でした。
そんなガチなファンにも認められた作品だったと思います。




40代~50代の方が目をキラキラさせながら映画館に大挙する作品は他にないと思います。


お土産に帰りにグッズ買いました。グッズ列の長さは最早コミケ状態でした。



何となくプラモデル買ってしまいました。





さて、非常に良かった宇宙戦艦ヤマト2199ですが、ここでは、あえて言いたいことを挙げてみます。

・第21話と第22話の作画はリテイクして欲しい。普通のTVアニメレベルの作画レベルになってます。
 そのうち作画完全版の宇宙戦艦ヤマト2199 Blu-ray BOX出して下さい!
・第23話~第26話のストーリーは初代ヤマトの流れにこだわり過ぎた気がします。
 初代ヤマトの矛盾点に論理的な解釈をつけようとする姿勢は見えますが、初代の流れにこだわり過ぎて、
 超展開になり過ぎたように感じます。論理的な説明がなされない展開が続いた気がします。
 初代ヤマトをリスペクトしていることは十分に伝わっています。バラン星、ガミラス星の戦いは初代とは
 別物にするリメイクをしてるので、それを貫いて欲しかったです。
・ヤマトの動きに重さが足りなかったです。動きが軽すぎるように感じたことが結構ありました。
・全体的に絶望感をあまり感じませんでした。ヤバイと思ったのは、第15話と第25話くらいです。
 初代に比べてヤマトが強過ぎる印象があります。ガミラス星の戦いは濃硫酸の海と嵐の戦いのままが良かった。


そして、最後に一番言いたいことを。

『"さらば宇宙戦艦ヤマト"を2199スタッフでリメイクして下さい!
 これだけの作品をここで終わらせるのはもったいないです!』


出渕監督!よろしくお願いします!


[ 2013/08/26 02:01 ] アニメ | TB(0) | CM(2)

俺もTVアニメ版を毎週楽しく視聴しています。
初代を知らないので比較はできませんが、ヤマトが強過ぎるというのは俺も思いました。第一話の手も足も出ない感は一体どこへ行ってしまったのか…
[ 2013/08/26 22:49 ] [ 編集 ]

>> 餅ドラゴンさん

初代は何でこの展開で勝つの?っていうくらいの絶望が味わえるけど、あれは矛盾も多かった。
デジタル技術の進歩でごまかしが効かなくなっている部分もあるから、ヤマトが強過ぎ状態になるのは
致し方ないのかなとも思ってる。

でも、何にしても全体的に素晴らしい出来だった!
[ 2013/08/27 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/5-a17d0287