【レビュー】AOC monitor「I2369VM」



コストパフォーマンスの優秀なPCモニター


先日ソフマップで購入したAOC PC monitor「I2369VM」のレビューをしてみたいと思います。
買ったのは月曜日だったのですが、平日は仕事で毎日深夜退社だったので、土曜日の今日、開けてみました。

ではでは、早速写真でI2369VMの紹介をしていきたいと思います。






電子機器製品だけあって、段ボールの中はしっかりした作りの発泡スチロールが入っていました。
ケーブル類がいくつか見えます。




発泡スチロールに手を引っかけて中身を段ボールから取り出しました。
発泡スチロールに手を引っかけるところがわかりにくく、少し戸惑いました。

付属品の確認に入ります。




PCモニターを固定する台です。
はめ込み口が1つしかないので、足1本でモニタを支える形状になっています。




PCモニターを固定する台の裏側です。
ネジ1つで固定するようです。




HDMIケーブルです。




電源ケーブルです。PCモニターとの接続端子はアースもついている3本形式でした。




D-subケーブルです。




PCモニターのドライバー等が入っているCDです。




これはオーディオケーブルです。
ここまで必要なケーブル類が全て付属品として揃っているPCモニター製品はあまり多くないです。
良心的でGood!




簡易ペーパー。簡単な設定説明が書いてあるだけでマニュアルではありません。4Pでした。

さて、いよいよPCモニターを確認してみましょう!
というわけで、発泡スチロールの裏側を確認。




…あれ?ない。




という訳はなく、なんとこの発泡スチロール、PCモニタを全て覆っていました。
これは素晴らしい仕事!梱包がここまで丁寧なTVやPCモニタはこれまで買ったことがないです。
そんな訳で発表スチロールをパカっと開いてみます。

出でよ!PCモニター!我に感動を与えてくれたまえ~!(ドラゴンボールの神龍風にw)




おおおおおお!現れました!




画面用の梱包材です。




PCモニタ本体を取り出してみます。やっぱりAOCのデザインはカッコいい!
…あ、私の履いていた靴下が映ってますねw 今日は珍しく白靴下でしたw




画面の右上に、画面保護材を剥がさないで下さいというシールがありました。
こういうのは初めてみたなー。剥がさないようにします。






AOCのモニタのデザインは画面と画面縁の境界線がありません。つまり1枚ガラスなわけです。これがとても良い!
このデザインが個人的にカッコいいと思っていまして、BRAVIAのモノシリックデザインも好きでした。




電源はきちんと3本足形式になっています。
端子の形状が3本足のもので、実際の足が2本みたいなことはなかったです。
右側には入力端子類が見えます。




D-sub1系統、HDMI2系統、オーディオPIN(IN/OUT)等があります。
残念ながらDVI端子はなし。別になくてもDVI出力できる機器は持っていないので問題なし。




PCモニタの脚をモニタの台にはめます。
Amazonのレビュー通り、この辺りはちょっと貧弱です。




PCテーブルに設置。おおおおお!やっぱり大きく感じる!




右はこれまでデスクトップPC用に使っていたSONYの21インチのPCモニターです。
高さが変わらず、横が長くなり、解像度もフルHDになり…という感じで大幅なパワーアップです!
SONYのPCモニターは2005年から9年お世話になっていました。お疲れさまでした。
親が欲しいと言っているので、これからは実家で活躍して下さい。




付属のCDからセキュリティ認証をしてAOCの専用サイトからマニュアルをダウンロード。
さらっと確認します。




画角調節をして最終設定完了。やっぱりフルHDは解像感があっていいです!



さて、ここからは画質音質の性能を検証開始!



検証の結果、コストパフォーマンスを考えると、非常に良い買い物をしたという結論になりました!
手頃な価格で高性能なPCモニタが欲しい方にはオススメの機種です!
ただし、音は上記の検証動画の通り、非常にショボイです。ヘッドホンorスピーカー推奨します。

このAOCのPCモニターには10年くらいは付き合ってもらおうと思います。


あ、話は変わりますが、先週Windows8にデスクトップPCもようやく切り替えました。
WindowsXPでは3分かかっていたスタート時間が、Windows8に最適化フォーマットされたHDDとの
組み合わせもあって、わずか20秒くらいに。ネットも20秒くらいで安定動作します。

さすがにSSD搭載しているノードPCの5秒起動、ネット動作即安定には敵いませんが、十分早いですね。
色々満足しました(`・ω・´)


今回の日記はここまで。




[ 2014/01/18 21:02 ] Audio Visual | TB(0) | CM(2)

まだまだノートPC一本で戦い続ける日々が続く身としては、モニターは興味がありつつも縁が無い物のひとつです。家族共用のデスクトップPCを買い換える時にもしかしたら、という程度で。

最近のモニターはDVI端子が無かったり音が出たりと、昔とはだいぶ違いますねー。テレビやレコーダーなんかと同じで、PCやモニターもHDMIの入出力が主流になりつつある現状を垣間見た気がします。
[ 2014/01/21 23:09 ] [ 編集 ]

>> 餅ドラゴンさん

自室の46インチのテレビだと結構見るのに力を使うことがあるから、23インチくらいだと
気楽そうだなっていうのも購入の理由の1つだね。
PS3でゲームやってみたけど、結構やりやすかった(`・ω・´)

確かにモニターは必需品ではないから、買うのは正直結構迷った。でも、今使っている
モニターが4:3で時代に会わなかったのも大きな購入理由の1つになった。

IODATA、LGだと、確かDVIある機種多かったかな?
AOCはDVIはほぼなかったと思う。実際のところ、DVIまで行かなくてもHDMIで十分
綺麗だし、何よりDVI出力できる機器が少なすぎて不便。HDMIとの互換性も低いし…。

最近のモニターだと、HDMIないモニターの方が少ないと思う。
[ 2014/01/22 01:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/19-e38a0b95