【PA】ファーストコンタクト(4人目)

喫茶店

男性の紹介状を読んで質問ができる女性は貴重である
私『今度の異業種交流会に参加させて下さい。また、よろしくお願いいたします。』
お節介おばさん『大歓迎です!!!』

相変わらず、ノリが良いお節介おばさんです。
知り合ってから1年以上ですが、結婚という幸せ(どちらかというと女性寄り)のために、相変わらずの全力投球です。

次の異業種交流会は、アラサー女性が現時点で5人は参加予定の模様。
年が近い女性がいるのは助かります。参加女性がほぼ全員アラフォー女性という1年前のパターンが再発すると、悲し過ぎます。
そんなやり取りを朝からしつつ、今日はパートナーエージェント4人目のファーストコンタクトに出かけました。


今回は集合場所に集合時間の15分前に到着します。残念ですが、今回の集合場所は炎天下でした。暑い…。
日影ではない場所だったのですが、女性が来るまで耐えました。暑くて場所を変えたいという連絡ができないためです。
集合時刻5分前、それらしい女性が近づいて来ます。

女性『〇〇さんですか?』
私『はい。そうです。△△さんですか?』
女性『はい。そうです』

この時点で、この女性は受身ではないとほぼ確信しました。
何故なら、コンタクト1人目と2人目の受身女性は、挨拶ができなかったからです。私の名前を呼んでの確認が来ませんでした。
その点で、今回会った女性は安心ができました。何故、挨拶ができるかできないかで感動しなければいけないのか。悲しい…。
初対面の時は、相手に名前の確認をすることは普通だと思いますので、受身の女性は困るなーと思います。

今回の女性を除くと、あと4人の女性とのコンタクトが決まっていますが、おそらく7人目のコンタクト予定の女性は受身です。
女性のコンタクト日程の調整までの過程で、女性の行動にある傾向が見えてきました。

1人目: 目印登録が遅い。 -> 受身女性
2人目: 目印登録が遅い。 -> 受身女性
3人目: 目印登録が早い。 -> 男性と会話のキャッチボールができる女性
4人目: 目印登録が早い。 -> 男性と会話のキャッチボールができる女性

受身ではない女性は、行動が早いです。おそらく、この原因は、受身の女性は臆病率が高いからだと考えます。
このことは、コンタクト2人目の女性で確認ができました。とすると、今後のコンタクトについて、予想としては…

5人目: 目印登録がまずます早い。 -> 男性と会話のキャッチボールはある程度できる女性
6人目: 目印登録がまずます早い。 -> 男性と会話のキャッチボールはある程度できる女性
7人目: 目印登録が遅い。 -> 受身女性
8人目: 目印登録が早い。 -> 男性と会話のキャッチボールができる女性

このような予想ができます。もちろん、これだけで決めつけることはできません。全員がそうではないでしょう。
しかし、受身の女性は、それ以外にも受身の可能性が高そうな可能性を感じます。例えば紹介状の内容が薄いなどです。
この女性は受身な気がする…と疑いを持った女性は、他にも受身の可能性を感じる何かがあったりします。

私は原則、日程調整や目印登録は即行っています。検討時間が欲しい場合は、その旨の通知もするようにしています。
これが私の思想であれば、同じように日程調整と目印登録までサクサクできる女性を優先的に希望すべきだと思います。
女性の場合は、興味を持った男性に行動が早くなる傾向がありますが、男性の場合は、これについては性格の可能性が高いです。

コンタクト決定までにかかった時間、コンタクト場所の決定までにかかった時間、目印登録までにかかった時間。
これらの情報から、男性とコミュニケーションが普通に取れそうな女性は、5人目、6人目、8人目のコンタクト予定女性です。
7人目は、ウケミンだと感じます。男性に質問できない気がする。


余談ですが、30代の婚活女性の場合は、専門職か事務職かでコミュニケーション能力に差を感じます。
学歴の高い専門職の方が、アプローチが下手なだけで男性とコミュニケーションが普通にできる女性が残っています。
逆に、事務職の婚活女性(30代)は何か闇を抱えている可能性が大だと感じます。1人目の女性はこれでした。

1人目の女性は、受身だけでなく、男性減点方式女性でした。
私が見る限り、男性減点方式女性は、長所を見て男性を加点するという概念がないです。
一度減点になると、それでナシ判定されてしまいます。結婚できない女性の1つのタイプです。
失敗しない男性はこの世にいないため、男性減点方式女性の未来は、生涯独身しかないです。

1人目と7人目は30代の大卒事務職女性です。5人目も大卒事務職女性ですが、この女性は20代です。
2人目、4人目、6人目、8人目は大学院卒女性です。3人目は30代の専門卒事務職女性でしたが、休日が平日でした。
おそらく、今後のコンタクトについては、私は5人目と8人目が交際希望YES、6人目と7人目は交際希望NOになると思います。


そういえば、今回の女性も紹介状の写真より、ある程度容姿が違う女性が来ました。
プロのカメラマンは一体どんなマジックを使っているのか。
ここまで4人コンタクトして、写真通りの女性は1人も来ていないぞ…。面影があるので、本人というのが何となく分かった感じです。
失礼ですが、全員ある程度、容姿レベルが写真より落ちています。ちょっと落ちている、というレベルではないです。

パートナーエージェントでは、紹介状作成のために、プロの写真撮影を受けることができます。
5000円と10000円のコースがあり、10000円のコースはメイクバッチリ、髪型バッチリコースです。
たぶん、これまでコンタクトした女性は、全員10000円コースで写真を撮影していると思います。プロの技術は凄過ぎる。

こうなってくると、私も女性から見てある程度、容姿レベルが落ちて見えているのかなーと思います。
その一方で、これまでコンタクトした4人の女性は、全員私がすぐにわかっています。…写真の容姿とそんなに差異がない?
私は5000円のコースで写真撮影をしています。これが良い方向に働いているか?または、目印がわかりやすいのか?
この辺は、ちょっとわかりません。

私は内面重視のため、実際の女性の容姿が紹介状より落ちていても構いません。
それで減点採点する人は酷いと思いますし、そのような人は男性も女性も結婚できるとは全く思えません。
異性とコミュニケーションが取れるかどうかの方が遥かに重要な問題です。
一方で、本人かどうか悩んでしまう差がある容姿の女性が継続してコンタクトに現れることは、合流と言う意味で不安ではあります。


さて、女性と合流後は、そのままカフェに移動します。暑い中で待たせる可能性があると考えたため、カフェは予約しました。
移動中、日傘を差しているいる人を数名見かけました。男性も場合によっては日傘の準備が必要かもしれないなー。
男性用の日傘も最近は売られているという情報をどこかで見た記憶があります。今度、探してみようかな。

お店に到着して、予約していた席に案内されます。その際、女性は私から少し離れていました。
私が店を予約していたことを話していたため、苗字を聞かないように、あえて離れていたと感じました。この女性、できますね。

席に座ってから会話を始めます。
ここで感動することが…。私の紹介状を読んで来ている…。紹介状を読んでいなければ、出て来ない質問が…。
男性に質問できるだけでなく、ちゃんと紹介状の内容も読んで来ているなんて…。

初めて、パートナーエージェントに来てから普通のことが普通にできる女性とコンタクトした気がします。
…どうしてこんなことで感動しなければいけないのか。普通のことが普通にできる女性は高確率で婚活しないということです。
繰り返します。普通のことが普通にできる女性は高確率で婚活しないということです。
異性の希望条件を掲げる際に『男性とコミュニケーションが取れる女性』なんて条件を考える男性は普通はいないと思います。

今回コンタクトした女性は、男性の紹介状も確認して普通にコミュニケーションが取れる女性でした。
前回の婚活日記で考案したスマホ作戦は不要だったと思いますが、練習のため、スマホ作戦を使うことにしました。
これにより、ある程度名残惜しい感じでコンタクトが終了できたと思います。話題の枯渇はしなかったぜー!

ただ、1点気になることが…。今回会った女性は関東が出身の女性ではありませんでした。転勤で関東に来ているらしいです。
それって、ある程度時間が経ったら、再転勤する可能性があるんじゃ…。
ここまで考えた時、あることを思い出しました。この女性の紹介状の共働きの項目は真ん中になっていました。

私は仕事を辞める訳にはいかないですし、おそらく今後は東京、東京近郊以外での勤務の可能性はほぼゼロです。
あったとして、2-3ケ月の出張とか、そういう感じになると思います。
子供ができたら仕事を辞めたいということではなく、関東に住みたいということかな…。

今回会った女性は、学力優秀な女性です。私と同じレベルで物事を考えている可能性を感じます。
これが理由で、交際希望NOされる可能性がありそうかなー。その場合、理由は会話のテンポとかで適当に流されると思いますが…。
家庭に入りたいなら若い女性の方がいいよね的な…。

まあ、交際に入れた場合は、軽く居酒屋にでも誘って考えていることを聞いてみるかな。
通常の恋愛ではありえない流れかもしれませんが、婚活だとこういう話は十分ありな話です。
婚活は失敗して当然です。私は成婚退会を主目的にしていません。日々勉強勉強です。

さて、日課のランニングに行って来よう!


[ 2017/07/09 19:55 ] 婚活 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/160-2f1de1fc