【分析】結婚相談所に長期会員の婚活女性が存在する理由



自己の欠点を自覚できずに成長できない者に結婚はできない
先日のファーストコンタクトは、女性の交際NGで不成立となりました。
まあ、正直あまり交際したくなかったので、、交際したら1回食事だけで終わりにしようかなと思っていました。
紹介状に自分のことをあまり書いていないため、会話のネタがないからです。

そのため、本当はするべきではないと思いますが、交際不成立でちょっとほっとしてしまいました。
ただ、交際NGの女性の理由をコンシェルジュに聞いたところ、信じられない回答が…。

(人物特定防止のため、若干情報は濁します)
-----
【交際NGの理由】
会話のテンポ・リズム
会話の話題・内容
生活していく上での価値観
雰囲気・印象
表情
しぐさ・クセ
マナー
身だしなみ

・その他
- 何も連絡なしに遅刻をする行動が理解ができません。
- クラウド電話、及びファーストコンタクトセンターがあるにも関わらず、遅刻の連絡をしない理由がわかりません。
- 女性をずっと非常に不安な気持ちで待たせる男性は最低だと思います。
- 会話の中で奨学金の話をされたことが理解できませんでした。
- 全体的にお金の話ばかりされて、初対面の人に対して、ましてやお見合いという場なのにあまりに失礼です。
-----

………(´・ω・`)

………(´・ω・`)

………(´・ω・`)



…うーん。もう全ての婚活を止めてもいいかな…と思ってしまいました。
勝ち負けがあるなら、恋愛市場で女性を捕まえられなかった私の負けです。周りに女性がいればな…。今のメンタルなら…。

いや、まだ相談所は1人目じゃん、と言われれば確かにそうなのですが…。
相変わらず、私はメンタル弱いなーと思います。何回目だよ…って感じですね。
ただ、相談所以外も含めると、長期間に渡って婚活していることも、また事実です。

多くの婚活している人が婚活を止めたくなるのは、人に対してストレスを発散する人が多いからだと思います。
私はそういうことはしたくありません。とはいえ、吐き出さないで溜め込むと、精神的に辛くなってしまいます。
吐き出せれば、自分の気持ちを整理することもできます。自分の気持ちを精神安定させることは重要です。

私が愚痴の吐き出し先を自分のブログにしている理由は、直接人に吐き出さなくて済むからということがあります。
直接人に吐き出すことと吐き出さないことは意味が全く違います。
ブログであれば、読む読まないは本人の自己責任になります。嫌な気持ちになるなら、読まなければ良いです。
しかし、直接人に吐き出してしまうと、相手が聞きたくなくても聞かせることになってしまいます。

一方で、人には誰かに自分の気持ちを聞いて欲しい気持ちがあるはずです。
家で日記帳に殴り書きをしても良いかもしれませんが、人に話せれば、より自分の気持ちが軽くなることも、また事実です。
私がブログを書いている理由は、人に直接愚痴を言うことを避けつつ、読んでも構わない人に読んで欲しいからかもしれません。
つまり、聞いても良い人だけに自分の話を聞いて欲しい、というスタンスをブログでは取ることになると思います。

このように考えると、インターネットはストレスの吐き出し口として優秀だと思います。直接人に聞かせなくて良いからです。
ただし、ブログでストレスを発散する方法は、少々敷居が高いかもしれません。

ブログを開設するためにはプログラミングの知識が必要です。Javaの勉強が必要になります。
テンプレート素材はインターネット上にたくさんありますが、未経験者には敷居が高いと思います。
となると、手っ取り早い愚痴の吐き出し先として使われるのは、2chやガールズちゃんねるのような掲示板です。

一方で、掲示板は特定の運営者によって開設されるものです。つまり、不特定多数の人が集まります。
個人で運営するブログとは異なり、集まる人の数は大きく違うはずです。
そして、不特定多数の人が愚痴を吐き出すとどうなるか?不特定多数の人が書き込み内容を見る、ということです。
不満のない人はインターネットに書き込みはしないと思います。愚痴の書き込みが掲示板に多い理由はこれだと思います。
そして、それを読んだ不特定多数の人が嫌な気分になるという悪循環を起こすことになります。

おそらく、日本人は世界の中で最もストレスの発散が下手な国民の1つだと思います。
コミュニケーションを取る上で、相手に言いたいことがあっても、相手のことを考えて遠慮してしまうことがあります。
この厳かとも言える日本人の性格がストレス発散という意味では良くないと思います。

日本のまとめブログやYoutubeコメントで他人に対する誹謗中傷が出てきてしまうのはそういうことです。
人には他人に認められたい願望があります。しかし、努力しない人を他人が認めてくれることはありません。
つまり、自分は自分、他人は他人、という自己肯定ができる人が日本人には少ないということです。

だからこそ、日本では、不特定の人が集まるインターネット上のサイトで誹謗中傷が増えます。
良い点がたくさんあったとしても、1点でも叩く要素を見つけると、全力で叩きに行く。
それがストレスの発散が下手な人が取るストレス発散方法だと考えます。

多くの日本企業は、日本のYoutubeで公開する動画への書き込みを禁止しています。海外では書き込み可です。
何故、日本の企業が日本人向けの公開サイトだけ、このような対応を取るかを考える必要があります。

人により価値観や考え方は異なるものです。相手はそう思っていなくても、自分だと『え?』と思うことはあります。
利害関係の発生する会社間取引では、言いたいことがあっても会社や自分の利益のため、表面上は黙っておくものです。
考え方の違いは、人間である以上、致し方ないことです。ストレス発散により、割り切ることが重要です。

一方、交友関係となると、そうはいかないかもしれません。
言葉には出さなくても、価値観や思想の違いは、徐々に友人から知人に、知人から他人に関係を変えてしまうと思います。
会社と違って利害関係がないため、無理に人と人を繋ぐ力はありません。

したがって、大人になっても自分の身近に残る人は、自分とは価値観や思想が近い可能性が高いです。
結婚が生活であることを考えた時、大人になった時に身近にいる人が自分が最も自然体でいられる人だと思います。
おそらく、お互いに相手のことを認められる関係を築けることができるからだと思います。

他人の良いところをたくさん見つけられる人は、自分で自己肯定ができる人なのではないかと思います。
そして、これができる人が結婚できる人である気がします。
逆に、他人に認めてもらわなければ自己肯定できない人は結婚できない、または、しにくいのではないかと思います。

1人が好きで結婚に向いてない、という発言をする人は、他人に認めてもらわなければ自己肯定できない人だと思います。
自分で自己肯定できない人は、他人に認めてもらわなければいけませんが、他人が認めてくれるかどうかはわかりません。
他人がどう思うかわからない、つまり、否定される可能性を怖いと思うと、他人からの評価が関係ない世界に身を置きたくなります。

1人が好きな人は、本当は1人が好きではないと思います。人には他人に認められたい欲求があるはずです。
他人から評価を受けない世界に身をおけば、他人に自分が認められない怖さから心を守ることができます。
つまり、1人が好きではないのに1人が好きだと心に思い込ませることで、自分は結婚に向いてないと心を納得させ、安心する訳です。
私は、1人が好きな人は心が弱い人だと思います。私も1人でいることが平気なタイプです。たぶん、他人が怖いのかもしれません。


さて、ここまでの話を踏まえて、今回の女性の交際拒否理由のコメント内容を確認します。

たぶん、昔の自分であれば、今回の女性のコメントを読んで『何だこの人…』と思ったと思います。私は暴れたかもしれません。
一方、自分に興味がありそうな態度もあったため、ここまでのコメントをすることは正直解せないです。
相手を否定する言葉をとにかく挙げまくり、他人を否定することで自己肯定しようとしているようにも見えます。

私はこの女性はYoutubeやまとめブログで他人を誹謗中傷する人と同じレベルで物事を考えていると思います。
コメントから、叩ける材料があれば叩きまくり、自分は正しい、おかしいのは他人、という感情が見え隠れしているためです。
まず、交際NG理由は項目を挙げているだけで、具体的に何がダメだったのかを書いていません。叩きたいだけに見えます。

他のコメントについても、もう少し具体的に見てみると…

- 何も連絡なしに遅刻をする行動が理解ができません。
=> 集合場所を間違えたことは合流後にすぐに話しています。その上ですぐに謝りました。
=> 集合場所を間違えていることに気付かなかったら、遅刻することの連絡はできません。考えればわかるはずです。
=> この女性はコンタクト中、ほとんど私の顔を見ていません。人の話は顔を向けないと入らないものです。
=> 私が説明していた時、女性は私の顔を確か見ていませんでした。聞いていなかったということになります。
=> 思春期特有の異性に顔を向けられない恋愛病かと思っていたら、人の顔を見れない病気を持っていたみたいです。
=> 仕事が窓口業務から事務センターに異動になった理由は、人の顔が見れないからな気がします。
=> おそらく子供の頃に誰かがこの女性に何かをしましたね。理不尽に怒られたりして、対人恐怖症になった可能性が高いです。
=> そして、この女性が責められた時に、他の誰かがフォローをしなかったのだと思います。

- クラウド電話、及びファーストコンタクトセンターがあるにも関わらず、遅刻の連絡をしない理由がわかりません。
=> 前述の通り、集合場所を間違えたら遅刻の連絡はできません。
=> 集合場所を間違える可能性を考えないことが理解できません。それに対して、一方的に攻められることが理解できません。
=> 集合時刻からたった1分の遅刻ですぐにクラウド電話する理由がわかりません。せっかち過ぎます。
=> 遅刻厳禁であれば、相手が迷わないように地図の送付や集合場所の写真を送付すべきです。それをしていません。
=> 私は女性が迷わないように、過去は常に地図や写真を送付して、相手が迷わない配慮をして来ました。
=> 開けたわかりやすい場所であっても、相手が来たことがない場所の可能性があれば、それが思いやりだと考えます。
=> 自分が知っているから、相手も迷わずここに来れるという前提がなければ、この話はできません。

- 女性をずっと非常に不安な気持ちで待たせる男性は最低だと思います。
=> 自分のことしか考えていないので、婚活は止めて下さい。この女性を良いと言ってくれる男性はこの世にいません。
=> 減点方式で男性を採点する女性に、結婚は不可能です。あなたのお眼鏡に叶う男性はこの世にいません。
=> 幸せな家庭を作ることはできないと思います。男性を不幸にするだけなので、婚活は止めて終活を始めて下さい。
=> 結婚したいなら、対人恐怖症完治と男性に対する許容範囲を広げることが先です。完璧な男性も女性もこの世にいません。
=> この女性は紹介状の『嫌いなこと』に"思いやりのない行動が嫌いです。思いやりを大切にしています"と記載しています。
=> 私が見る限り、思いやりのある人はたくさんいます。この女性は思いやりの意味が人と違うように感じます。
=> 『嫌いなこと』に思いやりの話を記載するということは、普段から周りの人が思いやりがないように見えている可能性が高いです。
=> この女性の思いやりの意味は、おそらく人に対して配慮をすることという意味で使っていません。
=> 他人が自分の心を不安にさせないように、自分の心を傷つけないように配慮することが思いやりと言っているように聞こえます。
=> 自分の心の弱さを棚に上げて、人への配慮を求めることは、思いやりとは言わないと思います。

- 会話の中で奨学金の話をされたことが理解できませんでした。
=> 奨学金の意味がわかっていないように感じます。自分が借りていないので、借金の有無を確かめたと思った可能性を考えます。
=> 今時、奨学金を借りている人はたくさんいます。
=> 奨学金を借りていない自分が恵まれていることを理解していれば、このコメントはないと思います。
=> 私立大学に奨学金なしで行かせてくれた親に感謝している様子が感じられませんでした。奨学金を借りてないからです。
=> 父親が娘可愛い病を発症させており、1人暮らしもさせなかったので自立心が育たなかったように感じます。
=> 全体的に金銭感覚がズレています。電気、ガス、水道の各料金の話に?な顔をしていたように感じたからです。

- 全体的にお金の話ばかりされて、初対面の人に対して、ましてやお見合いという場なのにあまりに失礼です。
=> この発言が理解できません。特に結婚となったら、お金の管理の話は非常に重要です。
=> 1人暮らしをしたことがないため、お金の管理に非常に疎いと言わざるを得ません。
=> そもそもお金の話はあまりしていません。基本的には、女性の趣味を聞いたり、仕事の話をしていました。
=> 自分から私にあまり質問していないことを棚に上げて会話内容に不満を言うのであれば、自分から会話をもっと振って下さい。


色々言いたいことを書きましたが、何が言いたいかと言うと、女性のクレームの内容が支離滅裂ということです。
都合の良い条件を掲げて、相手を叩きたいから、このようなことを言っているように見えます。
コンタクトの最中に起こったことの前後関係を論理的に解釈できていないということになるからです。

この女性が自分で自己肯定ができず、他人を叩く方法でしか自己肯定できなくなってしまった理由はわかりません。
これは私の推測ですが、他人に認められることが過去にあまりなかったのではないかと考えます。
上記に記載したように、子供の頃にこの女性に誰かが何かをしたのだと思います。

人が他人に認められるプロセスの基本は、自立して何かに挑戦し、それを他人に認めてもらうことだと思います。
最近の若い人は特にそうですが、何かに挑戦して失敗する、ということを怖がる傾向があると感じます。傷つきたくないのです。
前回の婚活日記で記載した通り、この女性の自立を妨げる原因を作ったのは、両親、特に父親にあると私は考えます。

娘が可愛いために実家で甘やかして育ててしまい、女性は若い時に自立する大切さを勉強できませんでした。
1人暮らし経験のない女性は、婚活の場で過去に何人か会ってきました。共通して、全員偏った考え方をしています。
自分に対する甘えを感じます。体はもう衰えて来る年齢にも関わらず、精神年齢が子供のままの女性は、婚活者に多いです。
これを自覚することは相当に困難だと思います。一度自己を否定するプロセスを踏まなければいけないからです。

心が弱い女性に、このプロセスができるとは思えません。したがって、この女性の未来は生涯独身です。
甘やかされて自分を変えることはできないと思いますので、上記に記載したように、終活を開始した方が良いでしょう。

婚活女性は1人暮らし経験もない実家暮らしが多いです。何故、婚活女性にこのような人が多いかを考える必要があります。
失敗しつつも挑戦して心に得られるものが大きいことを、過去に自立できなかったため、学べなかったということです。
2chでは、言葉は良くありませんが、1人暮らし経験のない女性、海外旅行が趣味の女性は地雷呼ばわりされています。

1人暮らし経験のない女性が地雷と呼ばれる理由は、今回ようやくわかりました。
婚活女性分析はほぼ完了したと思っていましたが、どうやらまだ分析の余地はあるようです。

海外旅行が地雷の理由は、無趣味を意味するからだと思います。
年に数回海外に行っていれば趣味と行ってもいいかもしれませんが、社会人にそんなお金と時間があるとは思えません。
何か書かないとと考えて、出て来るのが海外旅行なのだと思います。多くの無趣味の女性がこの結論を出す理由は不明です。
海外旅行だとカッコよい響きがあるからかな?

無趣味、または趣味が多くない場合、私はある問題が起こりやすいと思います。それはストレス発散です。
ストレス発散は愚痴を吐き出すだけが手段ではありません。趣味に没頭することは息抜きになります。
趣味が少ないということは、何か嫌なことがあった時に、そればかりを考えてしまいやすいということです。

ここまでをまとめると、

・1人暮らし経験がない女性
・海外旅行が趣味の女性
・最大で5個書ける趣味の欄が4個以下しか書かれていない女性
・紹介状の内容が薄い女性

は、地雷の可能性が高いと考えます。

紹介状の内容が薄い女性については、自分のことで語れることがあまりないということです。
おそらく、自立している女性は新しい経験をたくさんできる機会があります。挑戦する気持ちがあるからです。
そのため、自分がどういう人か知って欲しいという無意識の思考が働きやすく、紹介状の記載は難しくないはずです。
私には、紹介状の内容が薄い女性程、紹介状を書くために時間がかかっている印象を受けます。

実は、今回コンタクトした女性は、

・1人暮らし経験がない女性
・海外旅行が趣味の女性
・紹介状の内容が薄い女性

これら条件を満たしています。つまり、ストレス発散が苦手な地雷女性となります。
そして、実際にコンタクトした時の容姿は、紹介状の写真と比較して若干老けているように見えました。
若干ではありますが、老けは過度なストレスがかからない限り、短時間で進行するものではありません。
この女性はコンタクトした婚活男性を否定して自己肯定することでストレス発散していると考えます。
心が弱いため、自己否定ができない無趣味女性のストレス発散方法はこれしかありません。

したがって、入会してからある程度時間が経っている可能性が高いです。
コンシェルジュはこの女性をオススメの女性と言いました。本人の裁量の部分でざわざわこのような話をする必要はないです。
私にオススメの女性と言った理由は、この女性が長期滞在しているために、早く成婚退会して欲しいからだと考えます。

入会初期は、長期会員が紹介されやすいと思います。長期会員に紹介できる人が新規会員しかいなくなるためです。
新規会員は最初のうちはコンタクト希望YESしやすいと思います。
紹介される人材が枯渇している長期会員はコンタクトを取りやすいです。

長期会員には、長期会員になる理由があります。
したがって、新規会員にとっても長期会員を紹介すれば、異性でダメな部分が何かを見極める材料になりやすいです。
私に関しては、今回のコンタクトで1人暮らし経験なし女性はダメだとわかりました。自分に甘いため、交際が進まないです。
つまり、新規会員に長期会員を、長期会員に新規会員を紹介することは、コンタクトのしやすさで後々メリットが出やすいです。

私には4名のコンタクト確定女性がいます。1名は、コンシェルジュ紹介文が箇条書きではないため、長期会員確定です。
そして、今回の女性もおそらくは長期会員でしょう。あとの2名は新規会員だと考えます。

私とのコンタクトを希望した女性はここまで5回の紹介で5名います。うち3名は即日回答です。
そのうち1名は私は生理対象外でコンタクト拒否しましたが、この女性はMYPR掲載しています。
掲載タイミング、掲載順を考えると、私とほぼ同時期の入会で間違いないです。
そして、即日コンタクト希望YESした残りの2名の女性は、年齢と写真の印象が近いです。年相応の老け具合に見えます。

推定長期会員の2名の女性は、コンタクト希望YES回答するまでに、それぞれ5日、10日かかっています。
新規会員か、入会してから時間の浅い会員は、コンタクト希望YESにここまで時間はかからないと思います。
会いたい場合は早めに日程調整して可能な限り会おうとする気持ちがあるのではないかと思います。まだ、心に余裕があるからです。
長期会員であるなら、コンタクト希望YES回答に時間がかかった理由は明確です。情緒不安定だからです。

婚活が長引くと、それだけ振った振られたを繰り返して来ているはずです。

『結婚したい…』
『婚活終わらせたい…』
『退会したい…』
『結婚を諦められない…』
『婚活している男性には何か問題があるに違いない…』
『もう振られたくない…』
『コンタクト怖い…』

色々な感情が混ざり、精神的には極限状態になっている可能性もあります。

通常は、自分で自己肯定をすることで情緒不安定な精神は安定させることが可能です。
しかし、自分で自己肯定ができる女性が婚活女性になるとは思えません。
仮にいたとしたら、早いうちに成婚退会すると思います。

では、婚活女性が自己肯定するにはどうしたら良いか?私は好意を持った男性に愛されるしかないと考えます。
女性は告白する、プロポーズするより、告白される、プロポーズされることを望む性です。この受身発想が大問題となります。

男性は女性を誘う性です。恋愛を成功させるためには、何度振られても立ち上がって再挑戦する必要があります。
振られると自己を否定された感情が生まれます。これを認めることは簡単にできないものです。
振られる可能性を考えながら勇気を出して告白することは、簡単なことではありません。

女性は男性に告白、プロポーズを投げるために、ここをわかっていない人が多いですが、実際に告白して振られればわかります。
アラサーになって彼氏なしの場合は、婚活することになります。振って振られての世界へようこそ!

受身な女性もアラサーになってしまったら、振って振られての世界から逃げることはできません。
20代前半までに男性の好意に感謝できなかった女性本人のミスです。
アラサーになったら、楽に結婚することは、もうできないと思います。
実際に行動して振られなければ、心で理解できない感情があります。人への感謝の気持ちを学習して来なかったツケです。
私はこのツケの清算に婚活を開始してから約3年の月日がかかりました。過去の恋愛から逃げてしまったからです。

振られて自己を否定された場合に、自己を肯定する考え方は2つあります。
1つは、自分の臆病を棚に上げ、プライドで自己を保つ場合です。この場合は、相手を否定して自己を保ちます。
もう1つは、失敗した理由を考え、成長して女性に告白の再挑戦をすることです。

当たり前ですが、恋愛結婚できる男性は後者です。基本的には、前者の男性が婚活者になります。
私は、婚活開始時は前者でした。しかし、自分を改造し、告白に挑戦し、自分を変えることができました。
よく30歳過ぎてから、臆病な心に挑戦して自分で自己肯定できるメンタルを手に入れることに成功できたと思います。
これによって得られた最大の効果は、人に対する許容が広がったことだと思います。恋愛経験で成長できた成果です。

一方で、女性は自分から告白、プロポーズされたい願望があるため、恋愛で挑戦して成長することができない層がいます。
私の婚活が長引いている理由の1つに、恋愛経験の不足があります。
自身の自己分析から、恋愛経験が不足していると、婚活が長期化しやすいと思います。その理由は、以下2つです。

1. 相手を許容する範囲が狭い。多くの人が『え?そんなことで断るの?』ということを平気でする。異性を減点方式で採点する。
2. 理想が高い。自分に完璧を求めるがゆえに相手にも完璧を求める。みんな完璧ではないのに、完璧を求めてしまう。


さて、ここまでの情報整理から、今回ファーストコンタクトした女性の思考回路を想定します。

まず、紹介から10日後の期限日にコンタクト希望YES回答したことを考えると、会うことを迷ったはずです。
迷った理由は、私の条件が良いからだと思います。条件が良いのに婚活しているので、先入観で何か問題があると考える訳です。
私は臆病でメンタルが弱く、過去のチャンスをことごとく活かせなかった人です。確かに問題があります。

この女性が自分のことは棚上げで、男性に対して先入観を持っていることはほぼ間違いないと思います。
そうでなければ、交際NGの理由に、このような支離滅裂な理由が出て来るとは思えません。
心が弱いために婚活が長期化している原因が自分にあることを認めたくない。原因は男性にある。
という先入観で最初からコンタクトしているために、コンタクトでは粗探ししかしていないと思います。
相手の良いところを見つけられない婚活者に待っているのは、生涯独身の人生のみです。

婚活している人に欠点がない人はいないと思います。婚活していない人もみんな欠点がある人だと思います。
恋愛感情を持つと相手の欠点が見えなくなります。しかし、婚活では条件から入るため、相手の欠点がどうしても気になります。
つまり、婚活から成婚するために必要なことは、恋愛経験を積んで相手の欠点を認める力を身につけることになります。
これができる男女が出会った時、成婚退会の道が開けるはずです。

私がコンシェルジュに恋愛経験がある女性を紹介して欲しいと頼んでいる理由はこれです。
恋愛経験が一定以上にないと、異性を減点方式で見てしまうためです。

今回コンタクトした女性は、紹介状の写真と実際の容姿の老化差分から、長期会員の可能性が高いです。
女性の交際拒否の回答内容から考えると、長期会員になった理由は、自分の欠点を棚に上げ、相手を許容する範囲が狭いからです。
そして、そのことに対する自覚もありません。自覚がないから成長することができず、長期会員となります。

ガールズちゃんねるで婚活男性に文句を言っているのは、相手に対する許容範囲が狭い結婚できない層なのだと思います。
婚活が長期化している原因は男性にあるという考え方を変えない限り、この女性に成長はありません。
全ては自立を促さなかった(推定)ご両親の教育方法に原因があります。根は良い女性なのに、本当にもったいないです。

私は過去に連絡なしで30分以上遅刻した女性と会ったことがあります。人には事情があります。
たとえ、遅刻連絡がなかったとしても、相手を許容する範囲が広ければ、関係は進みます。
一方、今回会った女性はたった1分でもアウトです。この遅刻で即ファーストコンタクトセンターに電話しています。
心が弱い人が取る行動です。過去に全く挑戦して来なかったからこそ起こる発想です。
真面目な性格であるがゆえに、恋愛経験の無さが自分に甘く、相手に厳しさを求めます。(本人に自覚なし)


さて、男性は心を成長させることはできても、女性は告白しないので簡単に心を成長できない性であることは改めてわかりました。
減点方式女性の未来は、成婚退会ではなく独身終活です。
おそらく、自分の心の弱さは棚に上げ、自分は悪くない、ロクな男性がいないから結婚できなかったと愚痴る未来を迎えます。

そして、今週末、別の長期会員女性とのコンタクトが待っています。2週連続長期会員とのコンタクトとなりました。
最初は、男性対する許容が狭過ぎる、心が傷つくことを極度に嫌がる対人恐怖症の長期会員女性でした。
しかし、次の長期会員女性は違うと思います。仕事的にも、目印登録内容を見ても、人に対する気遣いはありそうです。
客先に直接出る仕事をしている女性だからです。

しかし、この女性は2年以上もパートナーエージェントで婚活しています。
したがって、男性に対する許容範囲が狭い可能性が高いです。
心が弱いから狭いのか、男性に完璧を求めるから狭いのか。正解はどちらかわかりません。両方正解のような気がします。

趣味を見る限り、真面目な頑張り屋さんに感じます。しかし、それ故に男性に完璧を求めているように感じます。
この手の努力をする女性は、何故か結婚できていないと感じます、ガールズちゃんねるでも出ています。理由は不明です。
しかし、一度コンタクトすればわかると思います。

初回の長期会員とのコンタクトで活動方針は変えることにしました。長期会員女性は、厳しい目で見ることにします。
男性に問題があるとして、これまで失敗して来たか。自分に問題があるとしてこれまで失敗して来たか。
女性の場合は、高確率で前者の発想のために長期会員となっているはずです。何故なら女性は男性を選ぶ性だからです。
女性が長期会員化する理由は、男性を選ぶ以外にないです。これは断言します。

万が一、自分に長期会員になる原因があると考えていた場合のみ、私は交際希望YESにするつもりです。
そのため、基本的には、交際希望NOとするつもりでコンタクト経験値を積むことにしたいと思います。


[ 2017/06/20 16:55 ] 婚活 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/146-57071c78