【準備】コンタクトの心得



交際可否の判断基準
パートナーエージェントで活動を始めてから1ケ月。3名の女性と日程まで含めてコンタクトが成立しました。
MYPRを含めて13名(イベントでの出会いは除く)の女性を紹介されているので、コンタクト成功率は3÷13≒0.23=23%です。
私がコンタクト拒否した女性は13名中1名で、その女性はコンタクト希望YESだったため、全員YESにしていたら4÷13≒0.30=30%。
ちなみに、1名だけ、まだコンタクトYES/NOの未回答女性がいますが、NO回答扱いで計算しています。

うーん。コンタクト成功率としては、まずまず…なんだろうか?
パートナーエージェントのデータによると、30代前半男性の1ケ月当たりのコンタクト数は2.8人だったと思います。
毎週1名のペースでコンタクト成功しているのであれば、こんなもんか…とも思います。

3名の女性は全員同年代です。若い女性とは、やはりコンタクト成立しないですね。共働き希望にしていることもあると思います。
今後の活動の参考のため、コンシェルジュにコンタクトNO回答の女性(ここまで8名)の理由を開示していただいたところ、

・趣味、価値観の違い…5名
・紹介写真の印象…3名

になっていました。紹介写真の印象でNOは、好みの顔ではないということだと思います。
即日NO回答女性はこれまで2名ですが、たぶん、この2名は顔が好みではない、という回答をしたような気がします。

恋愛結婚している女性と違って、婚活女性って好みの顔ではない男性に対して顔や仕草に出る傾向が強いんですよね…。
1か月前に参加したパートナーエージェントのパーティにいた女性の中にも、1名会話する気がない女性がいました。
その女性が取っていた態度は、↓そのままでした。わかりやすかったです。

-----
■ガールズちゃんねる『婚活あるある~』
http://girlschannel.net/topics/742254/

3. 匿名 2016/05/05(木) 00:50:56
見た目好みじゃないって思った瞬間、
プロフカードをじっくり見るふりして
会話少な目。

-----

パーティの帰りに最寄り駅まで一緒に帰った男性がいましたが、今日まともに初めて会話したと言っていました。
つまり、パーティに参加していた女性は、その男性と会話が弾まなかったということです。
弾ませられなかったというケースもありそうではあります。
ただ、私の感覚だと、自分が良いと思う男性以外は相手にしない、と顔に書いてあった女性が3名いました。

既婚女性と比較するとわかりますが、婚活女性は人によって態度を変える女性が多いです。
そういうことをしているから独身なんじゃないのかなーと思うこともあります。
自分が興味ない人に対する失礼な態度は、巡り巡って自分が興味ある人に会った時にも出てしまうものです。
男性を分け隔てなく扱える女性って、アラサーではだいたい既婚者になっています。

ネットだと、失礼な態度を取る婚活男性が多いという意見が多いですが、婚活女性も一定数以上、失礼な態度を取る人がいます。
更に、お見合い写真からもだいたいどういう性格の女性かが見えることが多いです。
過去にそれなりに経験してきてしまったので、この感覚はだいたい当たります。

ちなみに、過去の経験だと、事務職の女性、及び公務員の女性は、人によって態度を変える女性が多いです。
比較的、出にくい女性は、民間企業の専門職(営業、コンサル等)だと感じます。

民間企業だとお客様起点で仕事をする必要があるため、税金から給料が出る公務員とは考え方に違いがあります。
公務員の女性は基本的に自分に甘いです。年功序列の名残もあり、一生懸命昇進して給料を上げようという考え方も感じません。
これについては、公務員の男性も同じだと思います。自分に厳しい公務員男女はアラサーになった時点で彼氏彼女がいるでしょう。

事務職の婚活女性も、過去の経験上、似たようなところがあります。自分のためだけでなく人のためにも頑張る意欲が薄いです。
事務職や公務員の女性は、お客様起点で頑張る発想が育ちにくいため、自己中が多いです。(本人はそう思っていない。)

もちろん、これはあくまで傾向というだけの話です。会ってみたら全然違うかもしれません。
そういう意味で、私は容姿が生理的に受け付けない以外は、基本的に全員コンタクト希望YESにして来ました。
しかし、女性はそうは考えないようです。自分が良いと思う男性以外には会わない。これが基本的な女性の考え方だと感じます。

とりあえず会ってみる、という考え方ができる女性が少ない理由は、婚活女性だからだと思います。
これができる女性は柔らかさがあるケースが多く、アラサーでほとんど既婚者になっています。
モテない、理想が高い、臆病、受身、プライドが高い。婚活女性に一定の傾向の特徴が出てしまうのは、そういうことです。
何度もこのブログでは言っていることですが、女性は誘われる性です。そのため、婚活女性には売れ残る理由が必ずあります。

ちなみに、現時点のコンタクト予定女性数は3名ですが、私は交際希望を出す女性は1名だけを予定しています。
残りの2名は私のカフェ散策に付き合ってくれる知らない人、という感覚で会う予定です。
会ってみて印象が変われば、また別ではありますが、どうもうまく行かない気がしています。だいたいこの感覚は外れません。
この感覚を最初に持ってしまった場合、交際まで発展したことが過去に一度もありません。

交際希望を出す予定の1名の女性は、私が見る限り、臆病で真面目で不器用な性格に感じられます。
男性に選ばれるためにはどうすれば良いかを自分の現在の年齢も踏まえて考えている節が紹介状からも感じられます。
民間企業で専門職で頑張っていることも、紹介状の記載内容に反映されている部分はあると感じます。
コンシェルジュにこの話をした際に、私はコンシェルジュの表情を確認しました。どうやら私の感じたことは合っているようです。

パートナーエージェントの女性は、自分がどういう人間か?という観点のみで紹介状を書いている女性がほとんどです。
自分はこのような人間なので、それを受け入れてくれる男性が良い、と言っているようにも聞こえます。
思いやりとか協調とか、聞こえが良い言葉を書いている女性は少なくないですが、どこか考え方がズレていると感じます。

ネットを見ているとわかりますが、
『自分が良いと思う男性に、ありのままの自分を受け入れて欲しい』
という深層心理を持っている婚活女性は、非常に多いです。逆に考えると、これが結婚できない理由ということです。

男性の感覚で考えて、この思考を持っている女性は容姿が良くてもモテないです。
最初は容姿だけで声をかける男性がいるかもしれませんが、正体がバレると男性は離れていきます。
交際はできても短期間で終わる女性は、私は最も生涯独身になる可能性が高いと考えています。
女性は受身の性のため、モテると勘違いしている女性は、高確率で手遅れになっていると感じます。

受身過ぎる場合も、生涯独身率が高いと思います。全く自己開示してくれないと、何を考えているのかサッパリわかりません。
私の感覚だと、婚活パーティや相談所にいるのだから、私の気持ちはわかるよね?
お見合いしている、交際しているのだから、私の気持ちはわかるよね?年齢的にも、私の気持ちはわかるよね?
婚活パーティや相談所でお見合いして交際しているのだから、具体的な話をして欲しいんだけど…。

女性はハッキリ自分の気持ちを話さないことがほとんどです。
男性に察知してもらうことを希望する女性が婚活女性には特に多いです。
逆に考えると、そういうことを言えない、状況から私の気持ちを理解して欲しい、というウケミンが婚活女性になります。

おまけに、自分が受身の事は棚に上げ、更には振られたくないと考える女性が多いです。(本人に自覚はない)
そういう考え方をしているから売れ残ります。自然に結婚できると思ってたという女性に限って婚活しているのはそういうことです。
このタイプの女性は男性に最も面倒に思われる女性です。自分から告白する、プロポーズする、と発想を変えた方が良いでしょう。

自己投資できない女性は受身過ぎたり、無駄なプライドがあることが多いので、相談所に登録した、というのは私にはあります。
ただ、相談所の女性は婚活パーティと違って高学歴女性が多いだけで、婚活女性の本質は変わらないような気もしています。
臆病で真面目で恋愛不器用な女性を狙うことが正しい気がします。たぶん、このタイプの婚活女性しか幸せな家庭は作れないです。
ただし、このタイプだけではダメで、プラスで頑張りたい!という婚活女性であることも必須です。受身過ぎる女性は無理です。

自分のことを理解して欲しいタイプは、男性を不幸せにするタイプがおそらく多いでしょう。だから、恋愛で失敗します。
婚活女性を見る上で最も考えなければいけないことは、何故、その女性が婚活することになったか?です。
このように考えると、おそらく当たりの女性は、臆病で真面目で恋愛不器用な女性だけだと思います。学歴や容姿は関係ないです。

男性が女性の人生に責任を取る、という意味での結婚の時代は終わりました。
少なくとも私に関しては、お互いにお互いの人生に責任を取る、という考え方を感じない女性は、お断りです。
自分より若い女性であれば話は別かもしれませんが、婚活女性で若い人は考え方が幼い人が多いような気がします。


来月、友人の結婚式に出ますが、奥さんが20代半ばなので、独身彼氏なしの女性が多そうです。
機会を作って声をかけてみようかな?

婚活は基本的に条件から入ります。そのため、最初から最後まで好印象でなければ結婚まで到達できないでしょう。
しかし、現実の結婚では、最初はマイナスの印象から入っても、日々見ているうちに人柄に惹かれた、というケースが少なくないです。
私が婚活をして身近な縁を大切にした方が良いと思った最大の理由はここにあります。
婚活女性は男性に対して注文が多いため、良縁を逃している女性が多いと感じます。逃してなかったら婚活してないはずです。

20代半ばくらいであれば、年齢的に、何も知らない、という女性はまだ多いはずです。
婚活女性のように無駄な注文が多いということもないでしょう。真剣に声をかけることを考えてみるかな。


[ 2017/06/11 13:20 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/141-63e0e447