【発表】4K OLED BRAVIA A1シリーズ



大型4K有機EL BRAVIA 爆誕!
今回は、先日SONYから発表された4K有機ELテレビ BRAVIA A1シリーズの話です。

海外では既に発表済みであったため、日本でも来るかなーと思っていましたが、来てくれました!
サイズは、一般販売分で65インチと55インチの2つあります。
なお、有機ELテレビは東芝では既に発売済み、パナソニックも年内に発売します。

正直なところ、有機ELの発色は魅力的です。
テレビ業界では、2007年にSONYが家庭用有機ELテレビ「XEL-1」を発売しています。サイズは11型です。
店頭で見た際の発光の良さと黒の表現力には驚きました。
2011年に発売されたPlayStation Vitaの初期型も有機ELですが、発色は本当に良いです。

有機ELは液晶とは異なり、バックライトを必要とせずに自発光する素材です。
そのため、黒色はほぼ完全な漆黒になります。圧倒的なコントラストが実現可能です。

その他、応答性能が液晶より優れているため、スポーツ番組では特に強いデバイスになると言えます。
液晶テレビでは倍速技術を使ってごまかしていた部分がありますが、有機ELでは滑らかな映像表現を期待できます。

元々、有機ELテレビは次世代デバイスと言われつつ、各社が諦めた道です。その理由は、大きく2つあります。

①莫大な設備投資が必要
②歩留まり率が上がらない

①は切実な問題です。テレビディスプレイパネル工場を作るには、数千億円単位の投資が必要だからです。
工場を継続して回していくためには、大量の受注生産を世界中から受けなければいけなくなります。
テレビは一定の需要はあるものの、大量生産需要が継続して続くものではありません。経営的な判断として、難しかったということです。

②も深刻な問題です。歩留まり率とは、良品率のことを意味します。
良品率が高くない場合、それだけ不良在庫を抱えてしまうことになり、工場の維持管理に余計なコストがかかることになります。

ディスプレイは、赤、緑、青(RGB)の3色の色を組み合わせて色を作る方式を基本採用しています。RGB方式と言われるものです。
液晶ではバックライドを使い、RGBフィルターを使って色を作り出しています。
有機ELは自発光のため、デバイスそのもので赤、緑、青を再現することになります。液晶と違い、圧倒的な色彩表現が可能です。

一方で、赤、緑、青の3食の自発光デバイスを持つディスプレイを作ることは、容易ではありませんでした。
2012年にソニーとパナソニックが合併会社で量産化に取り組みましたが、失敗しています。
世界の企業も多くが諦めました。

その中で諦めなかった企業が韓国LGエレクトロニクスのグループ会社、LGディスプレイです。
ただし、現在量産化を実現できている有機ELディスプレイは理想の形ではありません。大量生産化のために、別の道を模索しました。
この新しく開発された技術はWRGB方式と呼ばれるものです。

LGディスプレイが生産している有機ELは白色のみを自発光し、フィルタを使ってRGBを再現する、というものです。
理想的な有機EL技術とは言えませんが、これにより、歩留まり率が改善されました。
工場の稼働維持コスト問題は、自社テレビだけでなく、日本メーカーを含めた世界企業への売り込みを図ることで解決を図りました。

こういった背景から、突如有機ELテレビがテレビメーカー各社から発売されるに至ったということです。
つまり、テレビ各社の有機ELパネルはLGディスプレイ製になります。
自発光で白色しか出せない問題により、ホワイトバランスやノイズの問題はあります。
しかし、映像として有機ELらしい映像を表現できている、との各社の判断がありました。

上記の問題については、テレビメーカー各社は独自の映像処理技術で対策を取っています。
映像表現においては、パネルの素材だけでなく、高画質化処理も非常に重要なものです。
まだ、実物を見ていませんが、近いうちに銀座のソニービル等で視聴をしてみたいと思っています。


肝心の価格は、65インチで80万円、55インチで50万円程度です。正直なところ、物凄く高いです。
絶対に欲しいか?と言われればそうではありませんが、お金に余裕が十分にあるなら欲しいです。ロト7を久々に買うか(笑)
仮に買うのであれな、PS4 Proも買って、4K有機ELとの組み合わせで極上のゲーム体験をしてみたいところです。


[ 2017/05/24 21:30 ] Audio Visual | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/127-c07c9414