【PA】活動スタンスの決定

分かれ道

人は後戻りできない選択の連続の人生を歩んでいる
さて、どの女性に出すか悩んでいたMYPRリクエストですが、最終的に2人にすることにしました。
仮に交際になった場合、同時に可能な交際数は2人が限界だと思います。
3人以上にしてしまったら、疲れてしまうと思います。現状交際人数は0人のため、リクエストは2人にしたということです。

コンシェルジュからの定期紹介を含めて、最大で同時交際数は2人になるようにMYPRリクエスト数は調整するようにしたいと思います。
相談所は振って振られてを繰り返すことになると思うため、MYPRは補充ツールみたいなイメージになります。
基本的にはMYPRで選んだ女性を優先的に狙うようにしますが、コンシェルジュから良い女性を紹介される場合もあると思います。
この辺は、うまく駆け引きをしていきたいと思います。

先週紹介された女性でファーストコンタクト未回答の女性2名は、昨日までに回答がなかったのでダメでしょう。
私は最大で3日待つことにしました。
つまり、紹介された週の土曜日までにYES回答なしの女性は、あとでYES回答されてもお断りします。

コンシェルジュに確認していませんが、おそらくファーストコンタクトを断わることは可能だと思います。
回答が3日以内にされない理由は、相手の女性ではないのでわかりません。
私にとっての事実は、3日以内に回答がない、ということが全てです。

決断を先延ばしにする女性は、過去の経験上、どこかで迷ってフェードアウトするだけでしょう。
コンタクトするだけ意味ないと思います。

2chを見ていると、基本的には3日以内の回答であればデートに発展しやすいようです。
ただ、交際が継続する可能性が高いのは、紹介された日のうちに回答した場合だけだと思います。
私の過去の経験上もそうだと思います。即日回答してくれた女性は、交際継続の意思が強いです。

婚活女性は自信が持てなくてアプローチして来ないことが多いですが、私からアプローチした場合は話が変わります。
好意があった場合、すぐに反応があります。
振られたくないんだなーとしか思いませんが、メンタルを鍛える発想は女性には基本的にないため、致し方ないと思います。

これについては、おそらく相談所でも起こると思います。
私がMYPRリクエストを出せば、私からの好意があるとして回答を迷わない女性が出て来るような気がします。
しかし、振られることを心配している女性だった場合、だいたい女性はどこかでフェードアウトを選択するような気がします。

私に会ってくれた女性が振られる心配をしている場合、即断ることにしました。高確率で失敗すると思うからです。
振られることを怖がる女性に使っている時間は私にはありません。
今後のデートでかかると思われる費用を新しい女性へのMYPRリクエストに投資します。

振られることを怖がるような弱メンタルだから、婚活しているはずです。
言い換えると、このような弱メンタルを持っているから、恋愛市場で結婚できなかった、ということです。
結婚するより先に、メンタルを鍛える方が先です。心をボロボロにされる経験が先に必要だと思います。
私とは縁とタイミングが合わなかったとして、お別れで良いと思います。

先日の婚活パーティで相談所の女性の2人に1人は覚悟がありそうだとわかりました。
この活動を続けて行けば、近いうちに結婚できるレベルのメンタルを持っている女性に会えると思います。
相談所は条件勝負です。数値で見えるスペックも重要ですが、メンタルの強さという数値化できない条件も重要です。
女性のメンタルの強さは、過去の経験上、2回くらい会えばわかるでしょう。メンタルが弱ければ、容赦なくお祈りモードに入ります。

今回MYPRで選択した2名の女性は、一定以上メンタルの強さがありそうな女性にしました。
昨日挙げた候補女性の中から、メンタルが弱そうと感じた女性は、良い奥さんになりそうと感じてもリクエスト対象から外しました。
メンタルが弱くない女性を選べたと思いますが、強いか普通かはわかりません。もしかしたら弱いかもしれません。
ただ、少なくとも2名のうち1名はメンタルは強いと思います。これにはある理由があります。もう1名は、ちょっとわかりません。

2名の女性が会ってくれるかはわかりません。会ってくれる確率は10%程度だと思います。
まあ、ダメだったら、次の女性を探しに行こうと思います。
とにかくドライに活動することが相談所では重要だと思います。


[ 2017/05/21 23:12 ] 婚活 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/125-be1aeba9