【分析】行動するために理由が必要な大人と不必要な子供

アンパンマンミュージアム

大人になると理由がないとエネルギーを絞りにくい
ゴールデンウィークということもあり、先日、友人知人家族と一緒にアンパンマンミュージアムに出かけてきました。
天気が良かったこともあり、行楽日和でラッキーでした。
アンパンマンミュージアムは基本的に家族で行くところであり、周りを見る限り、独身で来ていたのは私だけっぽかったです。

アンパンマンミュージアムには当たり前かもしれませんが、子供がたくさんいます。
ここにいると、少子化が加速していることを忘れてしまいますね。
アンパンマンが何故、子供を惹き付けるのかが謎です。私も子供の頃に大好きだった記憶があります。
アニメを何気なく見ていると、いつの間にか最後まで見てしまっていたりします。

周りのお父さん、お母さんは自分より若い人ばかりに見えました。自分より年上の人がいないように感じました。
平均初婚年齢は30歳前後になっていますが、これはあくまで平均値です。
分散を計算したら、特徴的なばらつき値が出ると思います。

若い頃に勉強の努力をあまりして来なかったグループは、おおよそ25歳前後までに結婚
それなりに勉強して来て、仕事も遊びもしっかりやって来たグループは、おおよそ30歳前後で結婚
恋愛をおろそかにして来た人は、おおよそ35歳前後で結婚

Facebookで地元の友人の状況を見ていると、だいたいこんな感じかなーと思います。35歳を過ぎたら、もうほぼダメでしょう。
私に関しては、完全な出遅れです。一方で、出遅れたからこそ、新鮮な経験を積めて勉強できている現在があります。

ダラダラ過ごしてしまうと、時間だけ過ぎて行ってしまいます。
アラフォー婚活男女を見ていると、特に女性側がこじらせている人が多過ぎます。取り扱い説明書が必要なレベルです。
35歳が近づいているため、アラサー女性に相手をしてもらえる年齢のうちに、気合を入れて頑張らなければいけないと思います。

婚活したことで、理由もなくエネルギーを出せる子供のパワーに力をもらうようになりました。
子供をよく見ていると、意味もなく突然走り出したりします。考えるより先に行動しています。
おっさんになってしまうと、ああいう意味も目的もない気力を出すことは難しいような気がします。
私が毎日ランニングしている理由に健康促進目的がありますが、それがなかったら、ダラダラな日々を送っていたかもしれません。

若いというのは、とても重要なことだと思います。考えるより先に行動するため、失敗を恐れるという概念がありません。
このような無鉄砲とも言える行動が、結果として、その人の経験値となります。失敗が人を成長させるからです。
若い時に経験を積むことは重要である。よく言われることですが、その根本的な理由はこれなのだと思います。

大人になってしまったら、理由がないとなかなか行動できません。言い換えると、理由があれば行動ができます。
一方で、理由を作って行動することは、精神的に負担になります。自然に取った行動が人間は最も精神的に疲れないです。
婚活で疲れる人が多い理由は、結婚を1つの目的に行動しているからです。簡単に成功しないため、疲れるに決まっています。

恋愛は楽しい、婚活は苦行になる理由は、主体的に動くか受身的に動くかの違いが大きいです。
特に女性は、デートの誘い、告白、プロポーズを男性に丸投げする恋愛方法を取ります。受け身で良いので楽です。
おまけに男性を選びます。自分が恋愛している相手がエスコートしてくれたら、楽しいはずです。
男性が来てくれれば、振る権利は基本的に自分に来ます。女性に上から目線な人が多くなる理由は、女性の恋愛方法にあります。

婚活は自分も能動的に動かなければいけない活動です。振られるリスクは恋愛より高いため、苦行になりやすいです。
ネットで振る可能性があるなら何故私に声をかけるのか?という婚活女性の言葉がありました。甘いです。何を言っているのか。
振られることが嫌なら婚活するべきではないし、結婚するべきでもないです。結婚生活に向いてない考え方だと思います。

仕事において、モチベーションが大切な理由は、モチベーションがあると精神的には仕事が疲れないからです。
肉体的な疲労はあっても、モチベーションがあれば、心地良い疲れになると考えます。
モチベーションがなければ、やらされ感しか出ません。これが精神的な疲弊を生んでしまいます。

婚活を楽しめている人は、結婚を主目的に活動していないか、何も考えていないかのどちらかの場合だと思います。
自分にとって何かプラスになることがあれば、それが行動力の源泉になります。つまり、モチベーションになります。
問題は何をプラスとして考えるかです。私が見る限り、婚活においては、女性はほぼ全員がこの考え方を間違えています。
成功するかしないかは別として、挑戦することで得られることがあることを知れれば、日々の生活にも張りが出ます。

アラサー以上の婚活女性は、心が傷つくことを怖がって、行動できない女性が多いと思います。
タイプの男性が良いと言いつつ、タイプの人だと不安になるという婚活女性が多いと感じる理由は、行動する前に考えるからです。
大人になると行動と思考の順番が逆になるため、結婚を主目的に婚活すると、行動する前に失敗を恐れるようになります。

婚活女性は、デートの誘い、告白、プロポーズを男性に丸投げする発想が強く、ハッキリ言わず気持ちを察して欲しいばかりです。
失敗を恐れる女性は、男性の気持ちを試そうとする傾向があります。
何故、女性は失敗する可能性があることに飛び込もうとしない傾向があるのでしょうか。挑戦して成長するという発想がゼロです。

女性の管理職が少ないことからわかるように、女性は自分で責任を取るという発想が弱い、またはないです。
これは、女性が成長する意思が弱いことを示しています。ありのままの私を受け入れて欲しい感情が見え隠れしています。
アナと雪の女王が女性の間で流行した理由は、ありのままを受け入れて欲しいというテーマに女性が共感したからだと考えます。

しかし、現実は甘くありません。今は、自分に変わる意思がなければ成功はできない時代だと考えます。
変われないのであれば、考える前に行動できていた若い時代までに決めなければいけません。
先に失敗をすることを考えるようになっているのなら、それは自分を変えなければいけないという合図です。

自分の弱さに挑戦し、数多くの振られるという失敗をし、悔しい想いをし、振り返って反省し、再度やり方を変えて再挑戦する。
これを繰り返すことで、客観的に見て良い男性、良い女性が生まれると考えています。人に感謝できる力が身に付くと思います。
恋愛は子孫を残すという本能の行動という側面がフィーチャーされますが、本来は精神の成長に意味があると思います。
子孫を残すことが人の目的であれば、子供が残すことが難しくなった高齢になっても恋愛感情を持つ理由の説明ができないです。

私が婚活を続けている理由は、もう結婚が主目的ではありません。自分を見つめ直し、成長することが目的です。
だからこそ、私は今は婚活を楽しいと思っています。振られれば振られる程、婚活は自分を見直すきっかけになります。
女性は男性に厳しいです。基本的に減点方式で男性を見ます。しかし、言い換えると、自分のダメなところが明確になりやすいです。

婚活は、女性のNG理由を参考に、男性が自分を成長させるために利用するべき活動だと思います。これが正しい婚活です。
自己評価と他者評価が一致している婚活女性はほぼいません。一致しないから婚活女性になっているはずです。
これが婚活女性の実体だとわかれば、それを逆に自身の成長に利用することが正しいと思います。
婚活は、異性を利用しつつ利用されつつという活動でもあります。残念ですが、それが婚活の実態です。

婚活からの成婚率は、平均10%、パートナーエージェントでも約25%です。言い換えると、3/4は成婚できないということです。
成婚退会を目的に婚活したら、疲れるだけです。
婚活は、自身の成長のために利用する、という考え方は、活動スタンスとして正しいと思います。

先日、担当コンシェルジュと婚活設計インタビューをしましたが、その中で上記はコンシェルジュに明確に意識していただきました。

コンシェルジュ『婚活の活動計画は、どうなさいますか?』
私『活動期間という意味ですか?私は最大で今年の年末までしかやりません。そこまでにご縁なしなら、2万円払って止めます』
コンシェルジュ『解約ルールを読んで下さっていてありがとうございます』
コンシェルジュ『ただ、私としては1年は頑張って欲しいのですが、口調から意思は固そうですね…』
私『1年という話は、婚活初心者の話だと思います。私はマイペースとは言え、もう3年半婚活して勉強してきました』
私『今の私であれば、逆に年末までに決まらないのであれば、私には運も縁もないものと判断し、婚活自体も終了します』
私『結婚相談所に来た理由は、女性のNG理由から自分を見つめ直すことです』
私『やるからには真面目にやります。しかし、これ以上自身の成長で得られるものがないと感じれば、年末を待たずに止めます』
私『今は結婚はmustの時代ではありません。趣味と仕事に生きる人生も悪くないと思っています』
コンシェルジュ『…確かにそうかもしれませんが…、でも、女性側の気持ちもありますので、ある意味で正しいかもしれませんね』
コンシェルジュ『私にできることは、成婚していただくために、頑張ることです』
私『その点は期待させていただきます』


ちなみに、婚活設計インタビューは、私の希望する女性像を明確にする目的だと考えていましたが、実際はほぼ違いました。
インタビューの大半は、私の人間像の把握に費やされました。

・いつから婚活しているのか?
・子供の頃に部活やサークルは何をしてきたのか?
・家族構成はどうなのか?
・自分の良いところ、そうでないところは何だと思うか?
・趣味は何か?趣味に対して具体的にはどう向き合っているのか?
・休日は主に何をしているのか?
・仕事は何をしているのか?
・過去の婚活で女性を断った理由は何か?

上記の話を1つ1つ膨らませていった感じです。こういう情報から会いそうな女性を探してくれるのかな?期待してみようと思います。
その後、コンシェルジュの指摘を参考に、プロフィールの趣味欄を少しだけ修正して、後は、紹介を待つだけになりました。

私がコンシェルジュにお願いした女性の条件は以下です。

・32歳以下
・年収300万以上
・専門卒以上(なるべく大卒以上)
・未婚(婚歴ありの女性はNG)
・身長150cm以上(可能であれば160cm以上)
・喫煙される方はNG
・太っている方はNG
・パートナーエージェント会員以外の方はNG

宗教、婿養子等の家庭に事情のある女性については、ご縁があった場合に私からタイミングを見て確認することにしました。
まあ、パートナーエージェントには、家庭に事情のある女性は少ないと思っているので、あまり心配していません。
IBJはプロフィールシートに『宗教有無』が書いてありましたが、パートナーエージェントにはそれがありません。
家庭に事情がある女性は、その事情を理解してくれる男性でなければダメなため、不確定要素の強い相談所には来ないでしょう。

年収は300万円以上にしました。仕事を頑張っている女性が良いため、非正規の女性は避けたいと思っています。
300万円以上であれば、非正規の女性で紹介される可能性がある女性は、契約社員のみだと思います。
契約社員で年収300万円以上は事務職等では難しいです。復職も可能な専門スキルを持っている可能性があります。
あとで追加で、コンシェルジュには、可能な限り、正社員、公務員の女性を希望していることは伝えました。

30代の女性については年収400万円以上にしようかと考えています。30代で400万円ないと学力差がある可能性が高いからです。
過去の婚活経験上、年収以上に学力差は考え方、価値観の差に表れやすいことはわかりました。
年収は職種依存の部分があります。一概に単純な比較はできないです。しかし、学力差はそうではありません。
私の家系は親戚も含めて全員高学歴(偏差値60~65程度)です。低学歴女性だと、私の家庭には居辛いかもしれません。
コンシェルジュには、女性の学歴を重視している話はしました。

また、高学歴な女性の場合、仕事を辞めずに共働きしたい女性が多い可能性も計算に入れています。
パートナーエージェントは、男性も女性もプロフィールに年収表示がありません。
男性の年収を気にする女性は、IBJ等のプロフィールに年収表示がある他社に行くと考えます。
男性の年収を重視しない、ということは、キャリア志向の女性が多い可能性が高いと考えた訳です。
(パートナーエージェントでは、コンシェルジュに問合せれば、相手の女性の年収を知ることができます)

コンシェルジュに確認したところ、私のこの考えは正しかったことがわかりました。共働き希望のキャリア志向女性が多いようです。
私は専業主婦はNGです。女性は都会好きの傾向を感じるため、便利なところに住みたいなら、稼いでもらいます。
私は家事全般得意なため、家事を女性に任せるつもりは全くありません。趣味の欄は料理について重点記載しました。
料理にこだわりがあることが伝われば、専業主婦希望の女性は私にNGを出しやすく、共働き希望の女性はOKしやすいと思います。
将来的なリスク管理としても、共働きか専業主婦かで、生涯世帯収入は大きく変わります。

そもそも、私は高学歴な女性が昔から好きです。頭の回転が速い女性は、会話をしていて噛み合う部分が多いと感じます。
若い頃に勉強を頑張って来て結婚で仕事を辞めてしまうのは、もったいないです。

会社が将来突然倒産するかもしれません。新しい挑戦のために私自身が転職をすることもあるかもしれません。
今は変化の激しい時代です。常に新しいことに挑戦し、頑張れる人が私が希望する女性です。
一緒に未来を切り開くための挑戦をしてくれる女性が良いという話は、コンシェルジュに明確に伝えました。

一方で、子供が欲しいと思った場合、仕事と育児の両立は無理です。私は兄弟が多いため、よく知っています。
ただ、高学歴な女性であれば、産休、育休制度がしっかりしているところに勤めている可能性が高いです。
そういう意味でも、高学歴女性は、私が探している女性です。過去の努力で勝ち取った権利です。

私自身は、子供はいてもいなくてもどっちでも良いというスタンスです。
子供が欲しいと思っても授かれないかもしれません。本当に欲しかったら、可能性の高い20代でさっさと結婚すべきです。
友人知人の既婚者を見ていても、30代は苦労しています。年齢を重ねると子供は授かりにくいということが客観的な事実です。

結婚は子供が欲しいからするのではありません。残りの人生を共にしても良いと思えるパートナーを探すことが婚活のはずです。
不妊治療をしたいと言われても、そこまでして子供が欲しいかと言われれば、欲しくないかもしれません。
女性が望んだら全面協力はしますが、不妊治療は莫大なお金がかかります。そういう意味でも女性の稼ぎは重要です。

年齢を重ねているのであれば、年齢を重ねた分だけの成長を見せられる女性であることは私にとっては必須です。
年齢だけ重ねて成長して来ていない、男性に依存しようとする感情が見える女性は、即NGです。
年収の低い女性は、若さを武器にできる高年収の男性を狙った方が良いでしょう。私は年収が高くありません。


条件を決めたら、あとは、とにかくたくさんの異性に会うしかありません。お互いが相手を良いと思う確率は、非常に低いからです。
振られるのが怖いとか嫌だと思っているうちは、まだまだ余裕があり、自分に甘い状態です。
本当に真剣に婚活しているなら、振られても、はい!次!と切り替えられるはずです。

勇気が出なくて行動していないうちに、どんどん経験値を貯めるチャンスを逃して行ってしまいます。
経験不足が異性を見る目を曇らせ、ピンと来る男性を探してしまう訳です。
婚活女性にビビッと婚をしたがる女性が多いと感じる理由は、それだけ経験不足ということです。

異業種交流会や合コンでは、誘われたら来ているだけで自分から主体的に行動している女性がほとんどいませんでした。
経験不足でビビッと婚しかできない女性しかおらず、いきなりガツガツ来られて私は引きました。
一定以上の経験値があれば、相手にガツガツしないはずです。いきなりガツガツ来られたら、相手の気持ちに負担をかけます。
自分がそれをされたことがないから、わからないのだと思います、選べると思っている女性の典型的なアプローチ方法です。
このタイプの女性は、女性特有のプライドも男性にセット販売で買わせようとしていました。プライドを購入する男性はいません。

婚活女性は、結婚したいなら、自ら主体的に動き、一度は心をボロボロにされなければダメです。
アラサーになったら、主体的に行動できない女性は例外なく売れ残り続けます。
婚活市場にいる男女は売れ残りかもしれませんが、婚活市場に主体的に参加しない女性は、本物の売れ残りだと思います。
無駄なプライドや振られる怖さで戦うこと自体を放棄している人の元に、ビビッと婚をできる異性は現れません。

恋愛経験を積めば、異性に対して、〇〇と□□と△△を満たしていればOKと条件を明確にできるようになります。
求める男性の条件を明確にできない女性に結婚は無理です。ビビッと婚しかできないからです。ビビッと婚はほぼ無理です。

婚活場所を結婚相談所に変更した理由は、自分の意思で主体的に動ける女性がいる可能性が高いからです。
主体的に動ける女性であれば、男性に対して満たして欲しいポイントを絞り込むことができます。これが結婚できる女性です。
アラサー以上で婚活していない女性は、主体的に動いていないのであれば、結婚できない女性しか残っていません。

また、婚活に私と同額を投資できない女性もダメです。懐が痛まないと、本当の意味で本気で頑張らないでしょう。
ビビッと婚しかできなくなって、そのまま老人ホームへ入居の未来に突撃するだけです。

恋愛の場合、通常は相手の良いところもそうでないところも事前に見ています。そのため、欠点があっても許せる部分があります。
しかし、婚活の場合は、相手を見ている時間がないため、先入観により、相手のことを勘違いするケースがあります。
コンシェルジュの仕事は、ここを埋める仕事でもあります。第3者が間に入ることで、誤解が解けることもあります。
パートナーエージェントで1/4が成婚して行く理由の1つだと思います。個人で相手を評価するから失敗する可能性があります。


さて、パートナーエージェントでの本格活動の準備として、不足しているズボンをいくつか買ってきました。
これで服の組み合わせのバリエーションも増えた状態です。
どんな女性をコンシェルジュが紹介してくれるのか?そして、会ってくれるのか?どんな振られ方をして勉強できるのか?
新しい挑戦と勉強を楽しもうと思います。


[ 2017/05/06 00:23 ] 婚活 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/114-ca2f1cf6