【婚活】ネガティブ思考が自分を売れ残りにする



次の一手を考える
さて、先日知り合った高学歴女性とは勘が当たり、2回以上会うことになりました。
やっぱり婚活は女性側がやる気にならないと先に進まないですね。
まあ、男性側もやる気が出ないと先に進めないと思うので、同じだと思います。
高収入とか高学歴とか、そういう条件以前に相手に恋愛できる要素を感じないと、先に進めないと思います。

今回会った女性は好みではないですが、高学歴高収入で性格も良いです。
しかし、恋愛という意味ではこれは惹かれる要素にはならないと考えています。
生理的に受け付ける範囲であることが前提になりますが、惹かれている最大の要因は、相手の女性の若さだと思います。

相手の女性を見ていていると、たぶん、モテないだろうなーと感じます。何となく感覚でわかります。
婚活をして恋愛経験値ゼロから自分の経験値を上げていったことで、この人恋愛経験ありそうなさそうが感覚でわかるようになりました。
男性も女性もそうですが、恋愛経験が少ない人は精神的な幼さ、脆さを感じます。自信がなさそうと感じるからです。

今、会っている女性は高学歴だからかはわかりませんが、社会規範の考え方はしっかりしていると感じます。
しかし、LINEや会話内容を振り返ると、やはり恋愛経験が乏しいように感じます。何となくですが、精神的な脆さを感じます。
別のある女性のことを可愛いと言っていたので、自分に自信があまりないということが表情からも伝わります。
まあ、正直に言ってしまうと、可愛い部類の女性ではないと思います。自分を客観的に評価できているのでしょう。

内面を変えればそれが外面に自信となって出てくるため、表情筋が発達し、異性から見て魅力的に見えるようになります。
彼女はまだ20代後半で若いので、恋愛に対して自信を付けられれば、比較的早く表情は豊かに変わると思います。
女性は自分から告白、プロポーズするという発想が低いため、女性に自信を与える仕事は男性がしないといけないと思います。

会話をしていて婚活した経験はほぼゼロであることもわかりました。
だいたいの男性はやる気がないとか興味を持たれていないと思うだろうという発言をしたからです。
本人には全く自覚がないのは会話をしていてわかります。

おそらく多くの男性はお断りのメッセージと捉えるような気がします。こういうところからも恋愛の経験値が低いと考えられます。
私が真面目な性格で女性の好意を感じる能力が高くなかったら、気付かない可能性が高いと感じます。
一言でまとめてしまうと、恋愛が下手だなーと思います。

真面目な性格の人って裏表がないので、やはり恋愛が下手な人が多いと感じます。私もそうでした。
真面目な人は努力家が多いため、高学歴な確率が高いです。努力して手に入れた地位があります。
一方で努力して成功してしまったために、失敗した経験が乏しいというマイナス面を持ってしまう可能性が高いです。

仕事は失敗や経験を重ねながら覚えて行きます。高学歴な人は勉強をしてこれを自然と身に付けています。
だから、仕事で失敗することを怖れません。そもそも失敗を恐れる、という感覚を持たないのです。過去の経験があるからです。
不測の事態が起こっても臨機応変に対処できる力を自然と身に着けています。

ところが、恋愛はそうではありません。
個人の努力だけで何とかなる可能性が高い勉強とは違い、恋愛は異性の恋愛感情が大きく影響します。
どんなに努力しても失敗してしまう可能性の方が恋愛は圧倒的に高いです。努力すれば成功する確率が上がる勉強とは違います。

勉強の努力をしてきて恋愛の努力を怠ってしまった人は、振られることを怖れる確率が高いと感じます。
努力で成績を残せてしまう確率が高い勉強では、失敗経験を積む、ということができなくなる可能性が高いからです。
婚活している高学歴な人は、メンタルが弱い人が多いと感じます。この理由は、失敗経験が少ないと感じるからです。

恋愛は人と人の関わりの凝縮版です。なまじ勉強という努力している高学歴な婚活者は

・自分が好きになった人、好意を持った人が自分を選んでくれると無意識に思っている。
・好意を持った人に振られたくないという感情を持ちやすい。
・異性を選ぶ権利は自分にあると思っている気持ちが強い。

という特徴を持つようになります。一言でまとめると、高学歴婚活者は、ほぼ100%の確率でメンタルが弱いです。
これは努力して成功した経験を積んで来た一方で、努力して失敗して来なかった人が持つ考え方です。
努力して失敗するという考え方が弱いために、婚活や恋愛で失敗した時に、自己を正当化する言い訳を考えてしまいます。
失敗経験の少なさが、そのような感情を心に生んでしまう、ということです。

恋愛も結局のところ、一種の勉強です。多くの経験値を積まなければ○○な時は△△しよう、という感覚が身に付きません。
私は普段この日記で婚活者にメンタルを鍛えろ!と言っています。私自身が婚活、恋愛に挑戦してメンタルを鍛えてきたからです。
その結果、挑戦して失敗を恐れる意識が低くなり、人に感謝できる力が身に付き、どんな物事に対しても前向きになりました。

一方で婚活している男女は皆さん良い人だと感じます。ただ、アプローチが下手なだけです。
この経験値の少なさが、婚活という短時間の場では他人からは変な人に見えてしまう原因に繋がります。
勉強も努力をしなければ結果は残りません。恋愛も同様で努力しなければ結果は残せません。

子供の頃は何も考えずに突撃できる勢いがありました。しかし、大人になると失敗を恐れやすくなるため、勢いがなくなります。
勉強も大人になってから巻き返すことは至難の業です。大学までの努力で大半の人の生涯収入は決まってしまいます。
恋愛も同様です。何も知らない若いうちに経験していないと大人になっても不器用な恋愛しかできなくなってしまいます。

大人になってから挑戦して経験値を貯めるのは、相当に大変なことです。
低学歴な人が大人になってから高学歴高収入になるためには、相当な勉強をして資格を取得し、巻き返すしかないと思います。
それと同じことが婚活でも起こります。だからこそ、婚活の成婚率は低くなるのです。
子供の頃に勉強して来なかった言い訳をしている人と、子供の頃に恋愛に挑戦して来なかった言い訳をしている人は同類です。


婚活イベントに来る人は、一言でまとめると、恋愛のきっかけ作りの仕方がわからない人です。
経験値があれば、婚活市場に行かなくても恋愛の始め方はわかります。わからないから婚活市場で異性を見つけようとするのです。
婚活イベントにお金を払って参加することは、予備校に入って勉強することと同じです。

大学に入るための予備校に入ることは恥ずかしいとは思いません。周りに多くの同士がいるからです。
勉強の仕方がわからない人はたくさんいるのです。
しかし、婚活になると一転して恥ずかしいという感情が出てきやすくなります。何故なのか?

その理由は多くの同士がいないからです。既婚者の大半は、婚活せずに結婚しています。
日本人には元々ミーハ-気質なところがあるため、流行に流されやすい性格があります。
そのために、少数派なことに対しては恥ずかしいと思ってしまいやすいです。
婚活している人が言い訳する理由はここにもあるのでしょう。


このように考えると、最強の婚活方法が見えてきます。それはナンパです。
言い換えると、婚活している人はナンパができないから、婚活しているとも言えるはずです。

人間の恋愛心理を分析すればわかりますが、男女とも結局のところは容姿を見ています。
容姿は本人の内面が色濃く反映される部分です。容姿の良さは内面の良さと言っても良いでしょう。
生まれた時に容姿は決まりません。本人の努力によって容姿を変えることは私の経験上、可能です。

容姿は生まれた時に決まっていると言っている人が大多数の理由は、大多数の人が自分に甘いだけです。
人生の中で一度でもいいから死ぬ気で努力したことがないのでしょう。本気になれないものに成功はありません。

婚活にしても合コンにしても結局は短時間の集まりです。容姿以外はほぼ見られないと思って良いでしょう。
合コンで全然私に話かけてきていなかったのに、合コンが終わりかけて突然私にアプローチしてきた女性は過去に何人かいました。
結局のところ、女性は最初の短時間では男性の顔しか見ていません。まあ、これは男性も同じです。

今、会っている女性はおそらく私がタイプの男性なのだと思います。若さアピールまでしてくるのはそういうことでしょう。
振られたくないので、自分からの情報発信はなるべく控え、私の考え方や提案について行こうとする強い意識を感じます。
過去に恋愛に挑戦して来なかったため、私が声をかけている以上は無難な選択をしているとも言えます。
何が余計な一言になるかわかりません。恋愛経験が乏しい場合、ある意味賢い行動選択とも言えます。

このことからもわかるように、人は異性の容姿が好みなら先に進めます。逆に考えると容姿に惹かれないと先に進めません。
学生時代も同様です。結局は異性の容姿しか見えていないはずです。そう考えると、ナンパは最も理にかなっています。
婚活イベントに参加する、ということは、女性の立場で考えると、好みの人にナンパされたい、と言っていることと同義です。

合コンや婚活イベントなら良いのに、ナンパは嫌だ、という女性は多いです。
その理由は、女性の恋愛は興味から好意に行くまでの過程で、男性を審査する過程を必要とするからです。

学生時代なら相手を長期間見れるため、男性に安心感を持てるだけの十分な審査期間を取れます。
合コンや婚活イベントは、交友範囲からの招集であったり、条件を最初から指定できることで、短時間でも男性に安心感を持てます。
女性が恋愛において男性との出会い方にこだわる理由は、女性心理の中に男性審査期間を取るようにインプットされているからです。
女性は一生に残せる遺伝子数に限りがあるため、より良い男性を選ばないと自分の遺伝子が残りにくくなってしまいますからね。

しかし、女性は恋愛に受身であるため、男性から声がかからないと恋愛を進めることができません。
女性は恋愛、結婚したいと思ってもできない立場です。男性側にやる気がないと進めることができない性です。
最近はインターネットの普及によって、女性の共感脳も相まって、女性の考えていることが全世界に発信されるようになりました。

女性の要求水準が高いために、男性の中に恋愛に尻込みをする人も増えたでしょう。
男性が女性に声をかけるということは想像以上に勇気が必要なことです。
女性は受身のために、それを本当の意味でわかっていません。
過去に、合コンや婚活イベントで会った女性で、自分が男性を選べると考えている上から目線女性は少なくなかったです。

婚活市場の歴史を辿ると、昔は男性の方が婚活者は多かったことがわかります。
ところが、インターネットの普及と共に徐々に男性が減り始め、今や婚活市場は女性の供給過多の状態です。
日本全国を見ても、東海地区を除いて、ほとんどの地域で女性余りの現象が発生しています。

家電の発達で女性がいなくても困らなくなってしまったために、男性の結婚理由が薄れた、ということです。
そのため、子供の頃から恋愛に高い関心があった男性はおおよそ30歳までに結婚
そして、子供の頃から恋愛に高い関心を持てなくて挑戦できなかった男性は、そのまま独身貴族に、という構図が完成しました。

そのため、30歳前後を境に婚活市場にいる男性は恋愛に高い関心があったのにモテなくて残ってしまった人が多くなります。
残っている結婚向きの男性は、そもそも恋愛に興味が薄いために、婚活市場に出てこないのです。

-----
ガールズちゃんねる『アラサーの恋愛』
http://girlschannel.net/topics/1080559/

64. 匿名 2017/02/25(土) 15:45:46 [通報]

婚活の場に独身の良い男が来ないんだよね。
何故なら女性は恋愛や結婚が一番だけど男性は仕事に趣味も大事だから。
やっぱり紹介が一番良いのはいる。

-----

女性も女性で、モテなくて売れ残っている男性は嫌だというために、余り物同士でくっつこうとしません。
これも婚活からの成婚を下げる要因だと考えています。
女性に関しても婚活市場を見る限り、売れ残っているのはモテない女性が多いと感じますが、その辺の意識はあまりないようです。
ほとんどの婚活女性は、男性に対する『引き』を持っていないと感じます。持っていたとしても容姿や若さだけです。
男性の興味を引く会話ができる婚活女性は、ほぼゼロと言っていいかと思います。男性ではなく自分と戦っているように感じます。

だからこそ、30歳前後からの婚活で結婚に有効な方法はナンパだと思います。
女性についても男性と同様に、恋愛に積極的になれない女性が結婚向きの女性として残っていると考えています。
婚活市場にいるナンパ希望の女性より、通勤電車の中にいる好みの女性をナンパした方が早い気がします。
女性は最初は男性の容姿しか見ていないので、容姿が良い人であれば、ナンパは成功する可能性はあります。

仮に好みの男性であっても、女性心理が原因でナンパは嫌だ、という女性は多いと考えています。出会い方にこだわるからです。
ほとんどの女性には無視をされるでしょう。しかし、ナンパ成功率と婚活からのデート確率は似たようなものである気がします。
最初は男性の容姿しか女性が見ていないなら、即結論が出るナンパの方が早いです。

恋愛や婚活がうまく行っていない女性が多いのは、ガールズちゃんねるを読んでいると多いのはわかります。
10代や20代前半までの女性であれば、ナンパはウザい、と思うかもしれませんが、20代後半以降になってくると話は変わるはずです。

10人だと難しいかもしれませんが、20人に声をかければ1人は引っかかるかもしれません。
ナンパは嫌だ、と言ってスルーしているうちは、まだまだ余裕があるのでしょう。婚活に本腰を入れてない、ということです。
好みでないならしょうがないですが、人生経験としてアタックするのはありだなーと思います。
今、ご縁のある女性に振られることがあれば、結婚相談所に行かずにナンパに挑戦するのもありでしょう。

では、ここでナンパと婚活(合コン、婚活パーティ)との性質を比較してみたいと思います。

-----
■投資額
ナンパ:0円
婚活:3000~8000円/回程度、結婚相談所はそれ以上。

■女性の容姿
ナンパ:好みの女性にだけ声をかけられる。街中レベルで探すとそれなりに好みの女性がいる。
婚活:5-6回参加して1人好みの女性がいれば良い方。半分は生理的にOK、残りの半分は申し訳ないですがNG。

■女性のステータス
ナンパ:場所を選んでする場合、ハイステータス女性が見つかる可能性は高い。(例:六本木、品川、大崎etc)
婚活:どこで何をしているかわからない、宗教、婿養子etcもいる。高収入は少ない。

■女性の考え方
ナンパ:ついて来てくれる女性が1人でもいたら、うまく行く可能性が高い。
婚活:お試しで会う要素があるため、1回会ってもうまく行かない可能性が高い。

■女性の状況
ナンパ:彼氏がいる可能性がある。既婚者である可能性がある。
婚活:全員独身彼氏なし…のはず。

■出会った後のリスク
ナンパ:失敗しても、もう会うことはない。
婚活:失敗しても、もう会うことはない。
-----

こう考えると、ナンパって実は素晴らしい婚活ではないかと思います。
既婚者や彼氏持ちは即断ってくれるので、楽だと思います。
婚活女性は、ダメだった場合に自分で男性に断ることができない人が多いです。
紹介者経由で断ることや、フェードアウトを当たり前のようにしてきます。まあ、そういうことをするから売れ残っている訳です。

-----
ガールズちゃんねる『アラサーの恋愛』
http://girlschannel.net/topics/1080559/

107. 匿名 2017/02/25(土) 17:04:50 [通報]

32だけど婚活はじめました
今までに振ってきた男性、異性としてはちょっと…としか思ってなかった職場の男性達がいかに高スペでいかに優しく、
自分を傷つけないよう接してくれていたかをこの歳になって知った

-----

婚活して男性に感謝する気持ちを勉強してくれた女性は、応じてくれる可能性はあるかもしれません。
同じ考え方をする女性は、ナンパの場合は男性を無視して終わりでしょう。
相手の立場に立てる人は、一言言ってくれると思います。

問題は、20代後半以上、できれば30歳前後で彼氏なしの好みの女性を見つけることです。
10代後半、20代前半は若過ぎる上に精神的に未熟で全く声をかける気にならないです。
前にスーパーの女性に声をかけたのは、こちらに興味あるように見えたからでした。

通勤電車に乗っていると、自分に興味あるのかなーという思う女性に会うことがあります。
本人が直接見ていない時にこちらを見ていたり、などです。もちろん、私が好みではなくて目線を避けられることもあります。
一番良いのは、こちらに興味ありそうな女性をナンパすることでしょう。好みだったら、ナンパはありだと思います。

そうでない場合は、基本的には、ナンパをするならお互いを認識していることが必要だと思います。
電車の中に好みの女性がいても、そう思うだけで一定以上お互いを見ていないと気になるところまではなかなか行きません。
好みの女性でも一目惚れレベルまで行かないと声をかけてみようという発想にはならないです。

しかし、毎日同じ時間の電車に乗っていると、あれ?あの人以前も見たような、という感覚を持つようになります。
ナンパが失敗する最大の理由は、全く自分を認知していない相手にナンパするからだと思います。
同じ時間の同じ電車に乗っている女性の場合、通常のナンパより、わずかではあると思いますが、確率が上がると思います。

成功するかどうかは別として、婚活手段としてナンパは意外とバカにできないと思います。
合コンや婚活パーティとナンパが何が違うのかが私にはわかりません。
合コンで連絡先を交換して遊びに誘ったら、それは立派なナンパでしょう。差分は会話した時間の有無だけです。

-----
ガールズちゃんねる『ナンパでの出会いってあり?なし?』
http://girlschannel.net/topics/859486/

42. 匿名 2016/08/19(金) 18:42:27

婚活パーティだってナンパみたいなものじゃん。他の回でも声かけるんでしょ?

-----

ナンパはチャラい。嫌だ。他の人にも声をかけているに違いない、みたいな感覚を女性は持ちやすいように思います。
でも、それって婚活パーティや合コンでも同じだと思います。
ナンパを嫌がる女性で婚活パーティや合コンに行っている女性は、矛盾した行動を取っていることになります。

以前、合コンの帰りに参加していた女性がナンパされたことがありましたが、無視していました。
あの女性の場合は、そうやって1つ1つの出会いを大切にして来なかったから、婚活しているのだと思います。
意味がわからないです。やはりアラサー以上の女性で残っている良い人は、恋愛のきっかけが作れない人しかいないと思います。
恋愛のきっかけが作れないのに選んでいたら、売れ残って当然です。それがアラサー婚活女性の多くに当てはまるはずです。

ナンパをOKしてくれる女性がいたら、行ける可能性はゼロではないと思います。
ただし、相手が自分をある程度認知していることが前提でしょう。
少なくとも、あ、いつも電車で見る人、くらいの認知は必要かと思います。
たぶん、この認知度があれば、婚活で10分20分会話した人と同程度の認知度にはなると考えるからです。

今、会っている女性に振られたら、ナンパしてみるか~。結婚相談所は数十万かかるに対して、こっちは0円だし。
ナンパって勇気がないとできない行動なため、婚活パーティや合コンより、メンタルが強くて魅力ある男性多そうですけどね。
女性に声をかけられない男性が婚活パーティには多いように感じます。
婚活パーティに参加している女性は、ナンパする男性より、そっちの男性の方が良いんでしょうか。
ナンパされないから婚活パーティにナンパされに行く、という理由なら、まだ理解できますが…。


[ 2017/02/26 15:25 ] 婚活 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/102-ba62ee11