【検討】女性に自信を持たせることの必要性



アラサー以上で残っている良い女性は、自分に自信がない女性
アラサーからアラフォーまでを中心に、これまで数多くの婚活女性に出会って来ました。
婚活をしながら、友人の嫁さん(既婚女性)と並行して会うようにもしました。
その経験をこの日記では整理したいと思います。ただし、これはあくまで確率論の話になります。

男女ともに恋愛に対する考え方は大きく2つに分かれます。
1つは恋愛に積極的になれる人、もう1つは恋愛に積極的になれない人です。至ってシンプルです。

恋愛に消極的だった人を積極的にさせることは容易なことではありません。
子供の頃から積極的になれなかったのに、アラサーになって積極的になれというのは高難易度の話です。
私は恋愛に積極的になれなかったタイプです。要するに、女性に声をかけるきっかけを作ることができないタイプでした。

声をかける努力を怠ったツケがアラサー婚活者という結果を招いています。
声をかけられない自分の弱さを棚に上げて、言い訳をしていたことも子供の頃にあったなーと思い出すこともあります。
恋愛に消極的だった私が積極的になった理由は、女性に声をかけることが自己のメンタルを鍛えることに繋がると知ったからです。

振られることは辛いことだと思います。しかし、何もしなければ振られることと同じです。
このように考えたら、振られた方が良いと思いました。結果は同じでも心の成長で得られるものが違うからです。
経験論から10人に声をかけて会ってくれる女性が1人いれば運が良い方です。
したがって、恋愛に挑戦すれば、振られまくることが可能なため、心を鍛えることに繋げることができます。
人は挑戦しなければ強くなることはできません。

子供の頃から恋愛に積極的な人は、アラサーまでには結婚しているか恋人がいるでしょう。
したがって、子供の頃から恋愛に積極的だったにも関わらず、アラサー婚活者になっている人は、高確率で思いやりがないです。
私が見た限りでは、婚活女性の多くは自分が結婚したいタイミングで結婚できると勘違いしています。思いやりがないからです。
過去に自分に好意を示してくれた男性を大事にして来なかったからこそ、このような考え方になるのでしょう。
もちろん全員ではありません。しかし、確率論では統計上どうしてもそうなってしまうということです。

アラサーで残っている思いやりのある女性とは、アプローチができない、または下手な女性だと考えています。
男性に対して好意がありますよーということを明確に示すことができないということです。
女性は自分から男性をデートに誘えない人が大半です。したがって、男性から声がかからない女性が売れ残ります。

思いやりがある女性は、自分の気持ちだけでなく、男性の気持ちがなければ結婚できないことに気付いています。
したがって、自分にアプローチしてくれる男性がいれば、その男性を大事にすることができます。だから結婚できます。
このような女性はアラサーでは通常売れ残りません。女性は誘われる側だからです。しかし、例外もあります。

その例外女性はアプローチができない、または下手な女性です。
思いやりのある女性でアラサーで残っている女性がいるとすれば、このタイプの女性しかいないと思います。

容姿が良かったり、一緒にいて印象に残る会話のできる女性は、売れ残ってしまう確率が低いように感じます。
女性は誘われる性であり、女性の『出会いがない』の意味は『恋愛対象になる男性との出会いがない』という意味になります。
思いやりがあってアプローチができる婚活女性がいるとすれば、理想が高いのでしょう。このタイプはほぼいないですけど…。
おそらく恋愛経験が不足しています。恋愛経験が多ければ、自分に好意を持ってくれる異性に感謝できるため、理想は下がります。

何故アプローチができない、または下手になってしまうのか?それは自分に自信がないからです。
理由はわかりません。自分に高い理想像を設定していてそれに達していないと考えているのかもしれません。
過去に恋愛で辛い思いをして、積極的な性格から消極的な性格になってしまった可能性もあるかもしれません。

過去の婚活パーティ参加経験を考えても、私に好意がある可能性を感じた女性で私にアプローチして来なかった女性がいました。
判断基準は、プライベートな質問をしてきたかどうかです。
婚活女性は、興味のある男性に対して、高確率でプライベートな質問をしてきます。

『実家はどこですか?』
『仕事は何をしていますか?』
『残業は多いですか?』
『休日は何をしていますか?』
『どこに住んでいるんですか?(1人暮らしですか?or実家ぐらしですか?)』
『タイプの女性はどんな女性ですか?(芸能人だと誰がタイプですか?)』

このような質問です。特に『実家はどこですか?』を聞いて来る確率は高いです。理由は女性ではないのでわかりません。
何故、女性は男性の実家の位置を気にするんですかね。男性の実家が遠ければ、嫁姑の面倒な関係はないと考えるのか…??

プライベートな質問をしてくる女性で私にアプローチした女性として来なかった女性の違いは、自信の有無だと考えています。
婚活パーティではマッチングシートの○×結果は重要ではありません。女性が何を質問して来たかの方が遥かに重要です。
良いなと思っても自信がない女性はアプローチしてきません。振られたくないからです。

婚活パーティに行っている時に不思議な感覚を持ったことがあります。
中間シートで私が希望した女性(私には希望を出していない女性)の態度がフリータイムで変化したことがありました。
私は女性の微妙な変化を見逃さずに捉えられることが多いので、ある程度は感覚でわかります。
女性の好意が最も出るのは、仕草や態度です。男性に誘われたい願望があるため、表情や仕草に出ることが多いです。

私の勘ですが、このパターンを感じた女性は、以下のようなことを考えている確率が高いと考えています。

自己紹介タイム → この男性良いなー。でも、私では釣り合わないだろうな…。でも、とりあえず第3希望にしておこうかな。
中間結果発表 → え?あの男性、私に興味があるの?私でも良いの?大丈夫かな?
フリータイム → 私のところに会話に来てくれた。私に興味あるのは本当なのかな?私でも良いのかな。
マッチングシート → 第1希望で書いてみよう。 or やっぱり自信がない。身の丈にあった人にしよう。

これが自分に自信を持てないアラサー婚活女性の思考パターンだと考えています。
私にアプローチしてくる女性は、容姿に自信がある女性か、自分を客観的に評価できない女性のどちらかに偏っていました。
ただ、このような女性はプライドが高いことが多かったです。自己評価が他者評価より高いからです。
仮に付き合うことになっても、気を使わないといけなかったかもしれません。男性を選ぶ思考が強い女性は取り扱いが大変です。

このように考えると、アプローチできない女性、下手な女性は思いやりがある女性である確率は高いと感じます。
しかし、私はこのような女性とはマッチングを希望しませんでした。これは男性の恋愛思考に原因があります。
男性の心理では、中間で自分を希望しなかった女性とはカップリングはまず成立しないと考えます。

したがって、フリータイムを踏まえて実は自分に興味があったの?みたいな感じで評価が逆転することはありません。
中間で希望していないなら、最終のマッチングでも希望しないと考えるからです。
事実、私は中間で自分を希望しなかった女性に、最終マッチングでマッチング希望を出したことがありません。
周囲の男性に聞いても、これが男性心理だと思います。女性の迷いが婚活でのマッチング不成立を招きます。

自分が良いと思ったら迷わずに特攻しないとダメです。そうしないと、気持ちは相手に伝わりません。
私は女性の好意を感じる力に優れている方ですが、それでもわからない時はわかりません。
特に、アプローチが下手な女性、できない女性の好意を感じ取ることは超高難易度です。

思いやりのある女性は、迷ってしまうからこそ、売れ残ってしまいます。すぐに決断ができません。
真面目な性格、責任感のある性格のために、短時間で結論を出すということが苦手なのでしょう。振られたくないからです。
しかし、世の中にいる男性全員が恋愛対象にはならないはずです。であるなら、迷わず行動することが婚活では必要です。

女性の中にある男性に声をかけられたい願望が、この迷いを生んでしまう部分はあるかもしれません。
しかし、自信がなくても良いと思う異性がいるなら勇気を持って進むしかありません。自信がないのはみんな同じです。
楽して手に入れた家庭を人は大切にはできません。辛い思いをした分だけ人の気持ちを大切にする力が付きます。

結婚して家庭を持っている人の多くは、勇気を持って挑戦することで今の地位を築いて来ているはずです。
興味がある男性だからこそ、プライベートな質問をしている自分を自覚し、自分の正直な気持ちに気付かないといけません。

ちなみに、女性は男性のプライベート情報を一定以上得て、男性に安心感を持つと、今度は自分のプライベートを話始めます。
男性が聞いていなくてもです。これは女性がその男性を認めたという証拠を意味します。
女性は自分のことは自分からあまり語りません。男性より力の弱い女性にとって、自己開示は弱みを見せることと同義です。
したがって、自分のプライベートな情報を女性が自分から話し始めたら、その男性は選ばれたということです。

元々、自然の摂理の問題で、子供は男性の方が生まれやすいです。
これは、男性が切磋琢磨して女性獲得戦争を勝ち抜くためだと考えています。
つまり、女性は生まれながらにして女性心理の中に男性を選ぶ思考を持っていることを意味します。

この男性を選ぶという深層心理が、興味のある男性にプライベートな質問をし、そこに合格すると自身の自己開示に繋がります。
男性にプライベートな質問をしている段階は、まだ興味があるというステージです。まだ男性を選んでいる段階です。
この興味が好意に明確に変わった場合、女性は自己のプライベート情報開示に会話内容をシフトチェンジします。

好意を持った男性には自分を選んで欲しいと思います。
何故なら女性は自分から告白、プロポーズをするという発想が基本的にないからです。
したがって、自分が好意を持っても男性に選ばれなければいけないことを女性は本能で理解しているということです。

自己の情報の開示を自発的に始めた時、その女性は自分を選んでもらうように努力を始めている段階です。
ここまで来てしまえば、男性の勝ちです。女性から断れることは低確率になったと言って良いでしょう。

女性は男性に対する『興味』が『好意』に一度昇華すると、余程のことがない限り、『興味』以下に低下することはありません。
これは女性は一度に1人としか恋愛できない心理を持っているからです。
女性は男性の不倫に激高する心理を持っています。このことが示すことは、女性の恋愛は一度に1人で良い、ということです。

男性は恋愛に対して熱しやすく、冷めやすい心理を持っています。女性はその逆で熱しにくく、冷めにくい性質を持っています。
まとめると、女性が男性に対して好意を持つステージは以下のように3段階に整理できます。

興味 -> 第1次試験は顔。女性は実は男性と同様に無意識で3秒で男性をジャッジしている。
審査 -> 第2次試験は性格。プライベートな質問を行い、自分がお腹を痛めても残すべき遺伝子を持っているか判断する。
好意 -> 第3次試験は逆試験。男性に自分にアプローチしてもらえるように自己開示して選ばれる努力を開始する。

男性の場合は、おそらく上記で言うところの興味、審査ステージを飛ばしています。男性は一気に好意に行ってしまいます。
男性は論理的には一度に100人の女性と子孫を残すことが可能だからです。

一方で、女性はそうではありません。一生に残せる自分の遺伝子の数には限界があります。
したがって、自分の遺伝子を残すには、できるだけ強い遺伝子を持っている男性を選ばなければいけません。
これが女性が女性心理に男性を選ぶ心理を持ってしまうメカニズムです。

子供を作ると、男性の方が生まれやすいのはこういうところにもあるのでしょう。
強い遺伝子を後世に残すためには、男性は女性に選ばれるように努力する必要があります。
より強い遺伝子を残すための生物の進化論というところです。よく出来ていると思います。物事には必ず理由があります。

婚活をしている男女で良い男女がいるとしたら、恋愛のきっかけを作ることが下手な人だと思います。
恋愛のきっかけづくりが子供の頃から上手かったのに、婚活市場にいるのであれば、正直何かあると考えた方が良いです。
特に問題がないのであれば、プライドをなくす努力ができなくて選び過ぎただけでしょう。
婚活パーティであれば、女性に関しては、特に何も感じなかった女性の方が当たりである確率が高いとみています。

-----
ガールズちゃんねる『好きか分からない男性とのデート』
http://girlschannel.net/topics/530020/

33. 匿名 2015/11/02(月) 14:06:24

1回あって好きになるなんてイケメンでない限り無理でしょ。
アラサー以上で優しいイケメンなんて残ってるわけないんだから、結婚向きかどうかをよく見る。
1回デートして好きになれないから、イケメン探しに行くアラサーは40になっても結婚できないよ。
-----

先日私が会った高学歴女性が私を振る確率が低いと判断している理由は、自己開示をしたからです。
デートの始めの方は基本的に私のプライベートを聞いてきていました。
しかし、デートの終わりの方で、会話内容が女性のプライベートな話にシフトチェンジしています。

デートの途中で私への『興味』が『好意』に昇華したということでしょう。別れ際、泣きそうになった理由は、おそらくこれです。
彼女の中では、おそらくもう結論は出ています。それがわかったので、その後は結構ガツガツと押しました。
通常、ガツガツした態度は相手が自分に『好意』を持っていない場合は引かせる要因にしかなりません。怖いです。

一方で、『好意』のレベルに達した女性に対しては逆です。ガツガツ押した方が女性は安心します。
振られたくないという気持ちを持っているためです。
女性の恋愛心理を解析できてしまえば、あとは自分への『興味』を『好意』に変えるだけです。これは制御可能です。

女性の恋愛心理で唯一制御できないことは、自分に興味を持ってもらえるかどうかです。
特に婚活では一発勝負のため、女性に顔で興味を持ってもらえなければアウトです。
日常的に接している場合は、男性の強い内面を見ることで好意を持ってもらえることがありますが、婚活ではこれはできません。

だからこそ、男性も女性も自分に興味を持ってくれる人は大事にしなければいけないと思います。
異性の自分に対する好意、興味に感謝できる人は売れ残りません。売れ残るとすれば、恋愛のきっかけ作りが下手な人だけです。

私は振られるまでは今回会った女性を大事にします。女性に振られない限りは、私の婚活はこれで終了です。
どこかで振られればそれは私の力不足です。良い経験として反省材料にして、また次の挑戦をすれば良いと思います。
年齢増加のハンデはありますが、それはしょうがないと考えています。それが若い時に努力しなかったツケです。

記念すべき100回目の日記はこれで終わりたいと思います。


[ 2017/02/19 12:36 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/100-26ea1240