【分析】婚活女性の傾向のまとめ



人生最大の決断の判断ポイント
婚活を開始してから3年。ようやく男性を加点方式で見れる女性と知り合うことができました。
アラサー以上になると、男性の立場で物事を考えられる思いやりのある女性がここまでいないとは思いませんでした。
ここまでの道のりは本当に長かったですが、同時に自分を見つめ直し、特に精神面で自分を成長させる良い機会になりました。

今、会っている女性は私を断る可能性は低いと感じます。お付き合いは順調に進みそうです。
婚活日記はこれを持って終わりにしたいと思います。今後は婚活をする前のゲーム中心の日記に戻したいと思います。
私の婚活日記を読んで下さった方、ありがとうございました。一緒に頑張って幸せな家庭を作りたいと思います。






























…と思っていたのですが、ここに来て、1つ問題が発生しました。

相手の女性が結婚願望がある以上、ダラダラ付き合う訳には行きません。
女性はプロポーズされたい願望を持っている人が多数派ですし、今、会っている女性はプロポーズは自分からしないと思います。
したがって、私が決断をするしかありません。しかし、どうやって決断力を養うのか?これが新しく発生した問題です。

婚活パーティ、合コン、異業種交流会、紹介。
自分から合コンを主催することもする中で、私は自身のメンタル強化に挑んで来ました。
街コンと結婚相談所は行ったことはありませんが、婚活女性が婚活女性になってしまう傾向は見えてきました。

では、それぞれの出会いの場にどのような女性が来たかを以下にまとめてみます。
ただし、これはあくまで私が主観で感じた傾向というだけであり、全員には当てはまる訳ではありません。
対象の女性はアラサー以上の婚活女性になります。

-------------------
【合コン】
・興味のある男性に対して何らかのアプローチはできる。しかし、自分から男性をデートに誘うことはない。(誘わせようとする)
・理想が高く、基本的に男性の顔しか見ていない。自分の客観的な評価が苦手なため、自分を棚に上げて男性を選んでいる。
・自分から周りの人と積極的にコミュニケーションを取るが、興味がある男性には、何故かあまり話しかけない。
・興味のない男性には適当に話をする。しかし、作り笑いであることが感じられる。
・交友範囲は広い。
・コミュニケーション能力は高い。
・プライドが高く、婚活パーティ等に行かなくても自分は結婚できると思っているように感じる。(白馬の王子様を探すタイプ)
・婚活パーティには行っていないように感じる。街コンには行っている可能性を感じる。
・比較的、高収入女性が多い。非正規女性はほぼ会わない。
・高学歴の場合、学歴アピールが多い。また、男性の学歴を気にする傾向がある。
・交際を断る際に、私の気持ちに気づいてねメッセージを送ってくる確率が高い。ハッキリとは断らず、フェードアウトすることもある。

【婚活パーティ】
・宗教、婿養子等、家庭に何らかの事情を抱えている女性が一定数混じっている。
・自分と同じ趣味であることにこだわりやすい。
・コミュニケーション能力は低い。会話はできるが、自分からは話題を振らない。
・興味のある男性がいても、アプローチはしない。アプローチした時の男性の反応を見ることが怖いため、メンタルが弱い。
・自分が興味を持った男性が自分に興味を持っていないと感じると、泣きそうになりやすい。
・基本的に顔しか見てないが、時々男性の顔をそこまで重視していない女性がいる。
・受身であり、自分から情報発信はしない。会話を振れば返答はする。
・考え方が画一化的な傾向があり、柔軟性のある考え方ができない。
・非正規、低収入な女性が多い。
・考え方や価値観が合わない男性をバカにする態度、発言を無意識にしていると感じることが多い。
・交際を断る際に、フェードアウトを選択する傾向が強い。

【異業種交流会】
・高学歴高収入女性が多い。
・年齢層が高く、アラサーよりアラフォーが多い。
・容姿が良いと感じる女性が多い。しかし、容姿が良い女性程、女性特有のプライドが高い。
・実年齢より5歳くらい若いと感じる女性が多い。
・自宅と仕事場の往復生活をしていると感じる。出会いの場に積極的に足を運んでいない。
・ヨガ、山登り、海外を含めた旅行のどれかが趣味になっている女性が多過ぎる。
・受身であり、自分から情報発信はしない。会話を振れば返答はする。
・周囲に自慢できる男性を探す傾向があり、自分が男性に自慢される女性であるかどうかは考えない傾向がある。
・交際を断る際に、フェードアウトを選択する傾向が強い。

【紹介】
・愛嬌のある女性が少ない。
・男性を減点方式で見ている女性が多い。
・紹介を断る場合、本人ではなく、仲介者経由やフェードアウトで断り、自分からは断らない。
・紹介者に感謝しない傾向がある。紹介してくれたから会ってやった的な上から目線が多い。
・1つ1つの出会いを大事にする傾向がなく、そのうちまた誰かを紹介してくれると思っている傾向が強い。
・友人知人に誰か男性を紹介して欲しいと頼める女性以外は紹介してもらわない方が良い。理想が高い上に100%男性を選んでいる。
・基本的に受身。男性を疲れさせる特徴を持っていることが多い。
-------------------

私は以前、別の日記にて、婚活女性を簡単にまとめると、以下の2つのどちらかに分類できると書きました。

・自己評価が他者評価より高い。(理想が高い、プライドが高い)
・モテない。(自分から情報発信しない、容姿改良努力をしない)


この分析結果は、婚活パーティ、合コン、異業種交流会、紹介に自らの主催を含めて参加したことでわかったことです。
ほとんどの婚活女性は、このどちらかの特徴を持っていると整理できてしまいます。体感で確率は95%以上です。
美人な婚活女性の場合は、ほぼ100%だと思います。しかし、どちらにしても心にしっかりと自覚を持っている女性はほぼいません。

婚活女性が婚活女性になった理由は、男性を選んでいるからです。ここでの意味は、選ばれる意識がない、という意味になります。
選ぶことは普通だと思います。誰でも良い人を選びたいと思います。しかし、自分も選ばれる立場であることを忘れています。

自覚があるなら、男性の立場で物事を考えるので、どういう男性なら自分を自慢できるかを考えられます。
婚活女性は自分が自慢できる男性を探しているばかりで、自分が男性に自慢できる要素を持っているかを考えていません。
初見でピンと来る男性を行動もせずに選んでいる人が多いです。男性に上から目線な態度を取る女性が多過ぎます。

婚活女性は、恋愛できないからこそ婚活しているはずなのに、何故ほとんどの女性はそれを認めないのでしょうか。
婚活をしている時点で男女の需要は若い頃と比較して大差なくなるため、不平等条約は成立しません。
自分よりレベルが高い人が良いのであれば、若い頃に売り切ってしまうしかありません。

婚活を始めた頃は女性に選ばれるにはどうすれば良いかを考えていました。
しかし、途中から振られてもいいやーと楽観的に考えながら婚活したことで、婚活目的に女性心理分析が加わりました。

女性は幸せな場合に顔に出る傾向があると感じますが、これは女性心理によって発生するため、女性に止めることはできません。
女性は男性にアプローチされたい願望があるため、言葉はもちろん、それ以上に態度、仕草に考えていることが出てしまいます。
これは一定以上の恋愛経験値を積むことで比較的簡単に感知できるようになります。

女性はどうしても恋愛に対する考え方が、言葉、態度、仕草(特に態度と仕草)に出てしまう性であることは間違いありません。
女性が男性とコミュニケーションを取る場合、恋愛が全く関係しないことは珍しいと感じます。
好き嫌い、好み好みじゃない、が会話している時に空気で出ていると感じるからです。
ガールズちゃんねるを読むと、『女性は仕事中や勉強中もそれだけに完全に集中できない』に大量のプラスが付いています。
私のこの推定は高確率で間違いないでしょう。

私は仕事中や勉強中は、基本的にそれだけに集中しているため、男性は1つのことに集中できる力が長けていると言えます。
男女平等社会により女性の社会進出は今や当たり前ですが、女性と仕事をする機会はあります。
女性は個人の感情を仕事に持ち込むことが多いと感じます。

理系のような専門職は、仕事に対する集中力が他業種の仕事より必要になることが多いです。
そして、専門職の女性は社会全体を見ると男性より少ないです。

料理をすることをとって見ても、女性はそれができるだけという範囲に留まり、職人レベルになると男性が多くなります。
専門職に就くには、物事に対して一定以上のこだわりを持つことが必要になります。
つまり、女性は物事に対してこだわることが男性と比較して少ない、ということです。
職人気質の男性は、料理で言えば、デコレーション、味付け、料理道具、料理環境、そういうことに対してこだわることが多いです。

しかし、女性が全ての物事に対してこだわらないかと言えば、そうではありません。
ガールズちゃんねるを読めばわかりますが、人気キーワードは『結婚』『婚活』『美人』『イケメン』『コスメ』などになっています。
女性がこだわる傾向にある物事は、勉強や仕事や趣味ではありません。恋愛に関係することです。

女性が恋愛に対してプライドが高くなる傾向があると感じる理由は、このようなところにあるのだと考えています。
ちなみに、同じ女性同士では、女性が恋愛に対して高いプライドを持っていることは感知できないようです。
このことは、何人かの女性と話していてわかりました。

つまり、女性が恋愛に対して高いプライドを持っていることは女性心理から来るデフォルトであるということです。
これは、女性同士では感知できないということを意味します。

女性特有のプライドを感知できるのは、一定以上の恋愛経験を積んだ男性だけになると思います。
女性から見てプライドが高い女性がいたら、その女性は男性にはプライドのただ高いではなく、エベレスト級の高さに見えています。
女性から見た女性のプライドの高さは、男性には一段上に見えていると思った方が良いです。

実はこのことは男性にも言えます。男性の場合は趣味や仕事です。
男性は趣味や仕事に対して、高いプライドを持っているように女性には見えると思います。
これは男性である私にはあまり感じられないことです。

女性から見たら、仕事、趣味に対して高いプライドがあるように見えるだろう男性と感じる程度です。
この理由は男性がデフォルトで趣味や仕事に対して高いプライドがあるからでしょう。
モテない男性が年収や学歴の話を出しやすい理由はこれです。

婚活者が相手の年齢や年収を見てしまう最大の理由は、モテないからだと思います。
モテる人はここにはあまりこだわらない傾向に感じます。
何故かと言うと、モテるということは男女関係なく、選べる立場になりやすいことを意味するからです。
ただし、容姿がモテるだけで性格がモテない女性は、男性の年収、年齢にこだわる傾向があると感じます。

モテる人は、恋愛市場で好条件の人と縁を持ちやすいはずです。選び過ぎたらアウトですが。
年収や若さを売りにする、ということは婚活では正しいですが、恋愛では不正解です。
条件で勝負している時点でモテないことを自覚する必要があります。

若さを失ったアラサーでモテるのは、子供の頃からモテていた人だけだと思います。しかし、若い人から見たら、おじさんおばさんです。
しかし、努力をすれば、同年代の異性にはモテるようになります。
私は婚活を始める前は女性の視線を全く感じませんでした。
しかし、栄養成分を考えた自炊生活と毎日の運動によって女性の視線を感じるようになりました。

20代後半より30代前半の今の方が鏡で自分を見ることができるようになりました。
毎日2kmのランニングと野菜中心自炊生活は今も継続中です。
これは異性の目線を気にして努力する人がモテる人ということを意味します。モテない人は努力不足なだけです。

自分に対する厳しい努力が人を変えます。
心が傷つくことを怖れる弱メンタルが挑戦をする気持ちを弱め、精神年齢が実年齢より幼くなります。本人に基本自覚はありません。
婚活者に共通してメンタルの弱さを感じる理由です。過去に逃げて来た精神的に未熟な男女の行き着く場所が婚活市場ということです。

私のように自分に厳しくなれる人は少数派です。婚活市場で3年活動してきたため、間違いありません。
婚活市場は自分に甘い人しか基本残っていません。
甘いからこそ、レアな人がいつか現れるかもしれないと思ってしまいます。白馬の王子様を待つ理由は、自分に甘いからです。
自分の理想の人が現れたとしても、その人が自分を相手にしてくれる可能性を考えたら、この考えが間違っているとわかります。

婚活市場には、恋愛市場で成功できない男女が集まるというように認識を改めないといけません。
婚活市場に自分に甘い人しかいないことがわかれば、婚活市場での正しい異性の探し方がわかるはずです。それは消去法です。

婚活で異性を減点方式で見てしまう最大の理由は、恋愛感情が持てないからです。
恋愛感情は偉大です。相手の欠点を見えなくしてしまいます。
婚活で結婚できない人のほとんどは、異性に対して条件(高学歴高収入etc)だけでなく、恋愛感情まで求めるからです。

恋愛感情にこだわるなら、恋愛市場で頑張るべきです。婚活市場は条件で勝負をする場のはずです。
恋愛感情と条件の両方を求めるから、失敗します。特に女性は誘われる性のため、婚活している時点で売れ残る理由があります。
自分を客観的に見て、男性に理想を求めても良い条件を持っているなら理解しますが、そうでない人が多数派です。
ナイナイのお見合い番組で、男性票は分散傾向があるのに、女性票は一部の男性に集中する傾向がある理由です。

結局は釣り合いが取れる相手としか結婚はできないはずです。
恋愛と条件を同時に求めている女性は、基本理想が高いです。考え方を変えないと、結婚はできないです。
恋愛をして結婚したいなら、電車やバスでナンパでもすれば良いです。女性の成功率は男性より高いはずです。

でも、ほとんどの女性はそれをしません。
良いなと思う男性を電車の中で見つけても何もアクションを起こさないのに、婚活市場で恋愛できる男性を探そうとする。
誰かどう見ても矛盾した行動を取っています。自分の心の弱さを棚に上げて好みの男性と恋愛したいというのは、高望みです。

自分の理想の人がいないなら生涯独身で良い、と割り切っているならそれで良いと思います。
女性の社会進出により、今は、そういう女性は少なくありません。
私個人としては、そういう考え方をしている女性は会うだけ無駄なので、婚活市場には来て欲しくないですが…。

婚活市場には、バランスが整っている女性がほぼいません。
理想が高い(自覚なし)か、受身(自覚有り)のどちらかである確率が高いです。
理想が高い人は積極的に婚活しておらず、受身の人は積極性はあっても行動が伴っていません。

これは、男性を疲れさせる女性が婚活女性であることを意味します。しかも、男性を疲れさせている自覚がないように見えます。
その理由は、振られたくないという自己保身感情を持っているからです。
ほとんどの女性は、女性のプライドの高さ、ネガティブな思考から来る受身体質が男性を疲れさせていることに気付いていません。
男性を疲れさせる女性は、美人であってもモテないです。

婚活市場は消去法で異性を選ぶ場です。
理想が高い女性、受身の女性。正直なところ、どっちも選びたくないです。しかし、選ぶとすれば、受身の女性かなと思います。
私がリードすれば何とかなるからです。遊びの計画を立てることは私にはそこまで苦ではありません。

飲み会でも旅行でも、私は幹事になることが多いです。周りもそれに付いて来てくれるため、それで良いと思っています。
ただ、恋愛の場合は、ある程度は女性からも意見を出して欲しいと思っています。
恋愛の場合は定期的に会うからです。不定期の旅行、飲み会とは違います。

恋愛では、受身な態度は、コミュニケーションが常時一方通行になる可能性が高くなります。
男性は振られたくない、傷つきたくない、と考えて女性にアプローチしないと売れ残ります。草食系、奥手と言われる男性です。
これは女性も例外ではないです。振られたくない、傷つきたくない、と考える女性は売れ残る傾向があると感じます。

女性は誘われる性であるため、ネガティブ思考でも男性と比較して通常は売れ残りにはなりにくいと思います。
しかし、振られたくない、という感情は男性の心に負担をかけます。自己保身感情は、相手の心に負担をかけてします。
そのため、付き合うことはできても、途中で男性に一緒にいてもつまらないと思われてしまい、どこかで別れることになります。

女性は男性とは違い、メンタルが弱くても結婚が可能です。ただし、それには条件があります。
たまたま自分に声をかけてくれた男性が好みの男性だった場合です。
男性は自分から声をかけているため、女性を振る確率は低いです。

私が見る限り、メンタルの弱い女性は、好みの男性が良いと言いながら、好みの男性だと不安になる矛盾した感情を持っています。
メンタルの弱さが振られたくないという感情を生んでしまうからです。
しかも、女性は自分から挑戦をしない傾向があるため、メンタルが弱い女性はメンタルを強化する行動が簡単にできません。

相手の女性に恋愛感情を持っている男性なら、多少受身でつまらないと感じる女性でも頑張るはずです。
メンタルの弱い受身な女性は、偶然自分に声をかけてくれた男性が好みであるという、複数の偶然が重ならないと恋愛できません。
だからこそ、婚活市場には男性に甘えることができない受身女性が、かなりの数で存在してしまいます。

まあ、受身のままでは100%結婚できない男性よりは女性はずっと恵まれていると思います。
メンタル弱くても女性の場合は、運と縁があれば結婚は可能です。男性なら、メンタルを鍛えないと100%結婚は無理です。
メンタル強化できないなら、容姿のストライクゾーンを広げれば女性の場合は婚活は楽勝ですが、好みの異性にこだわるんですよね。
メンタルが弱いのに選びたいとか、そういう女性の感情が婚活からの成婚率を下げていることに、いい加減気づいて欲しいです。

私が見る限り、婚活女性は理想が高い上に受身という思考を自覚なしで持っているケースが多いです。
これは、男性から見て恋愛対象、結婚対象から避けられやすい最強マイナスコンボセットになります。
まあ、最近の若い女性は、謙虚な女性が多いので、受身なだけで理想が高い女性は今後は減るかなと思っています。
婚活に苦労している上の世代を見て学習している世代だからです。

今、会っている女性は受身ですが謙虚です。引っかかっているのは容姿が好みではないことと、せっかちな性格です。
容姿は自信が付けば変わるから良いとして、積極性がないのは何とかならないものか…。
まあ、せっかちな性格が修正される気配が見えないため、恋愛に積極的になることはダメだろうなーとは思います。

相手の女性の結婚願望が高いのはわかりますが、このまま何も変わらないのであれば、プロポーズする決め手がありません。
先のことを考えた時、今の女性で迷いが生じた理由はこれです。
残りの人生を一緒に歩んでもいいかなと思える決定打がありません。

振られたくない、というようなマイナス感情は、過去の私がそうだったからわかるのですが、自分を変えることに繋がらないです。
結婚しても受身な性格のままな気がする。このままネガティブな思考が続くようだとちょっと考えます。
これまでの自分で恋愛、結婚できなかったのだから、自分を変えるしかないことはわかっていると思いますが…。

婚活女性は、本当に自分の心に挑戦しない傾向が強いですね…。メンタルを鍛える努力を1歩でもいいからして欲しい。
メンタルを鍛えるという発想に何故ならないのか…。まあ、女性ではないのでわかりません。
女性から結婚が運、縁という言葉が出やすい理由はこれでしょう。自分で縁をたぐり寄せる力がない、ということです。

通常、男性にプロポーズしてもらうきっかけって女性が作るものだと思います。
ただ、黙って付いてきているだけで、きっかけ作りはできないです。恋愛経験がほぼゼロだと感じる理由はここにもあるのでしょう。
恋愛できなかったことは問題だから隠すべき、とは言いますが、私は女性の好意を感じる力に長けているため、すぐ気づけます。

プロポーズするって、男性にとっては人生最大の決断だと思います。その決断を全部男性に丸投げしてしまうのは、どうなんでしょうか。
できない、ではなく、そぶりでも良いので、できるようになる努力をして欲しいんですよね。
私は自分に厳しいため、女性を厳しい態度で見ています。メンタルを鍛える努力をしない女性は見ていて迷います。

男性に告白、プロポーズの決断を丸投げするのであれば、それでも良いです。しかし、このままでは短期間で結論が出せません。
…相手の女性と並行して、別の女性に会うしかないかもしれません。

並行して別の女性に会うことは結婚していないので不倫にはなりません。
そもそも婚活の場合、恋愛感情からのスタートでないため、通常のお付き合いとは違います。

本当にこの人で良いのか?と思ってしまう理由は、女性は他にもいるからです。
無人島で女性が1人しかいないという状況ではありません。
並行して女性と会う努力をすることで、本当にこの人でいいのか?はこの人しかいない!に変わると思います。
恋愛感情があれば、こうは思わないと思います。婚活ならではです。

いつか私はこのブログで、最強の婚活方法として、結婚相談所と並行して別の女性に会うことだと書きました。
結婚相談所では、男女全員が結婚相談所の管理下に置かれます。
つまり、並行して別の女性と会う場合、真剣交際を2人同時にできるという荒業が使えます。

2兎を追う者一兎も得ず、ということわざがあります。
しかし、私の中に迷いがあり、それを短時間で解消する自信がなければ、そのために結婚相談所を利用することは有りです。
どんな理由で結婚相談所に入会しようと、それは顧客の自由です。彼女がいるのに結婚相談所に入会とか、前代未聞でしょう。

しかし、今回は私が会いたいというよりは、誰でも良いから、という気持ちで女性にアプローチしてしまいました。
恋愛感情がないため、ちょっと事情が違います。
会いたくない女性以外の女性にアプローチするという考え方は間違っていたんだろうか…。
年齢的に、そんなことを言っている場合ではないのですが…。恋愛感情とは、難しいものです。

このまま結婚したとして、離婚することはないでしょう。そうなると、結婚相談所の活動を楽しめるのは独身の今だけです。
結婚相談所がお金が高いとか考えているうちは、婚活が楽しくないのだと思います。
傷つきたくないという自己保身感情があるからです。

例えば、趣味(例:海外旅行)だと、比較的簡単にお金を出す決断ができます。
婚活を趣味だと考えれば、結婚相談所の費用は安いです。結婚したら結婚相談所とは比較にならない出費があります。
計算すると、とんでもない額です。先のことを考えたら結婚相談所にいる女性は高収入女性が多いので、助かります。
私は女性には家事能力は求めていません。私が家事全般得意なため、稼ぐ能力のある女性であることを重視しています。
縁がなかったら結婚しない選択をすれば良いだけです。

また、結婚相談所にどんな女性がいて、どんな経験ができるのか。
人生において、面白い経験になるかもしれないという考え方もあります。更なる女性心理研究の一助にもなると思います。

もし、今、会っている女性よりも大切にしたい女性が見つかることが万が一あれば、私は今、会っている女性を断ると思います。
3年かかってようやく見つけた思いやりのある女性のため、それ以上の女性がいるとは思えませんが…。

性格は抜群に良いです。よくこんな女性がまだ残っていたなと思います。おまけに高学歴高収入です。
しかし、酷い話かもしれませんが、私は今、会っている女性に対して恋愛感情がありません。
これが私の決断を鈍らせていることは事実のようです。自己分析した結果なので、間違いないと思います。

近々、IPAが今年から新設した資格試験を受けるため、しばらくは行動はしません。
資格試験が終わったら結婚相談所で4ヶ月〜半年だけ活動して見るかな。まあ、マイペースにしか活動しないつもりですけど。

女性との出会いは運や縁もあります。
今、会っている女性以上に良いと感じる女性に、結婚相談所で半年間会えなかったら、プロポーズする決断ができるでしょう。
受身過ぎる女性のため、女性から男性に決断するきっかけを作れないなら、自分で作るしかありません。

…こういう考え方をする男性は、まずいないような気はします。
しかし、女性は厄介なことに愛されたい願望があります。それも好きな男性にです。受身な性格の女性でもです。
女性にとってはデフォルト感情でも、男性から見たら何だかなーという感じです。婚活女性はメンタル強化できない女性が多過ぎます。

そういうこともあり、基本的には好みの女性以外はおそらく結婚相談所では会わないと思います。
写真だけで好みではなかったら容赦なくコンタクトNGを出します。それが婚活です。基本ドライです。

今、会っている相手の女性は待っているだけなため、おそらく自分からは動きません。私が言い出すまで待つはずです。
恋愛感情のない以外はほぼ完璧な甘え下手な女性に短期間で人生最大の決断をするには、私に関してはこれしかないです。
私の行動を恨むなら、もっと積極的になって欲しいと思います。
振られたくないという感情を捨ててくれたら、結婚相談所はその時点で即退会で良いです。

さて、勉強を再開しよう。最終的に入会するかしないかは、試験後の決断で良いです。


[ 2017/04/01 00:57 ] 婚活 | TB(0) | CM(2)

マシュマロさん、こんばんは。初めまして。
私は女性なので男性から見た女性像や改善すべき点等が参考になるので婚活日記を非常に興味深く拝見しております。
良いお相手が見つかったようで喜ばしいですが、女性としてはやはり男性からプロポーズされたいという願望は強いので受け身になってしまうものなんでしょうね。

私は自分のメンタルの弱さを自覚して変えようと努力されたり、お仕事でも資格勉強をされたり、前向きなマシュマロさんは素晴らしいと思います。
私自身は最近入籍したのですが、主人が無断で退職してしまったりとトラブルがありまして、もっと相手の精神面も見極めていたら…とつい思ってしまいます。
なのでメンタル面は大事だとしみじみ感じております。
良いお相手が見つかることを祈っております。
長文で失礼いたしました。
[ 2017/04/02 01:43 ] [ 編集 ]

>> そらさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

メンタルは弱くても私は良いと思っています。問題は、メンタルを強くする意思があるかどうかです。
既婚者に話を聞くと、男性側がベタ惚れ以外は、基本的に女性側が告白、プロポーズに誘導していると感じます。
そういうことを女性側にされることによって、男性側はこの人でいいかなーという気持ちになります。

私が見ている限り、ほとんどの婚活女性はこれができないように感じます。世界で一番大事なのは自分だということです。
メンタルが弱い女性は、成功することではなく、失敗することを先に考えてしまいます。
その結果、アラサー以上の婚活女性は、プライドが高かったり、受身だったり、男性に誘われない理由を持ってしまうことになります。

自己評価が他者評価より高い女性は、自分が何故男性から声がかからないかがわからないため、心に言い訳を始めます。そしてこじらせます。
受身な女性の場合は、振られるのが怖いため、婚活の場には足を運ぶことはあまりせず、白馬の王子様を待ってしまいます。

ちなみにアラフォーになると、この両方の特徴を持っている女性が増えてきます。もう精神面の問題で結婚は不可能です。
男性も女性もメンタルが弱い者が婚活者になるということです。

そういう意味では、結婚相談所には他にはない出会いが期待できる可能性があります。
何故かと言うと、結婚相談所は短期間で振って振られてを繰り返す場であり、逃げられないからです。

婚活パーティは女性は500円だったり、1000円~2000円という世界です。
価格が安いために、ピンと来る男性と出会えるまでは粘ってしまいます。そのため、真剣な女性より遊びの女性が増えます。
友人知人に紹介を頼んで来てくれた女性が、友人知人に紹介を頼んでいない女性だった場合、婚活パーティに参加している女性と同じ空気を持っていました。

自分から紹介を頼めない女性、安い価格の婚活パーティに来る女性は、考え方が同じレベルということです。
婚活パーティで自分が良いと思う男性がいなければ女性はマッチングシートを白紙提出する傾向があります。
良いと思う男性がいてその人とマッチング希望を出してマッチングできなかったとしても、直接振られた訳ではないため、心へのダメージが少ないです。
体感では、婚活パーティで真剣な出会いを探していた女性は、低収入女性だけです。しかし、婚活理由にはお金が関係していることには変わりありません。

アラサーになって本当の意味で真剣に婚活している女性は、紹介を頼んでいる女性か高収入女性のどちらかだと感じます。
女性には異性を守りたいという感覚はないと感じます。したがって、高収入だと、お金がないことが婚活理由にはなりません。
おそらく、高収入女性が婚活する理由は、子供が欲しいか、家庭を持ちたいかのどちらかの可能性が高いと感じます。
子供の頃に、ご両親がしっかり幸せを子供の表現できる家庭を作ってきたのだと考えています。

売れ残りだと思われたくないという無駄なプライドが理由で婚活している女性も一定数いましたが、1回会って終わりにしました。
考えていることがバレバレです。

結婚相談所にいる女性は、本気で結婚したいと思っている高収入な受身女性が多いと考えています。
理想が高い女性はプライドをセットで持っている可能性が高いため、恋愛結婚にこだわり、結婚相談所には来ない確率が高いと思うからです。
自己評価が高いため、結婚相談所で短期間で振って振られてを繰り返してしまったら、メンタルが崩壊してしまいます。

受身であっても振って振られてを繰り返す覚悟を決めて自分を変えるために自分の意思で頑張ろうとする女性は結婚相談所にはいると考えています。
結婚相談所の異性には共通の知人がいない出会いのため、異性に本当の意味での身元の保証がありません。
しかし、ツテがなくなってしまったのなら、ナンパができない女性は行くしかありません。

2chの掲示板を見ていると、理想が高いなーと感じる女性が多いですが、おそらく受身な女性は書き込みしていないと思います。
私は昔からリア充な女性にはモテない傾向があります。私に好意を持ってくれる女性は、受身な性格の女性で、頼りになる男性を探しているタイプの女性です。
私はよく女性から頼りになりそうと言われています。そのため、受身の女性の場合、私に好意を持ちやすいのだと思います。
自分がどのような女性に需要があるかを考えた時、行くべき場所は結婚相談所である可能性が高いと感じます。

タイミングの問題もありますので、縁がなかったらそれまでです。振られることの方が圧倒的に多いと思います。
しかし、楽しい活動にはなると思います。疲れると思いますけどね。


そらさんは既に結婚されているようですが、ご主人は大事にされるべきだと思います。
今すべきことは、新しい仕事を探すために全力でサポートすべきことではないでしょうか?

女性はプロポーズされたい願望があるため、プロポーズの意味を勘違いしている女性が多いと感じます。
男性に責任を取ってもらうことがプロポーズの意味ではありません。女性がして欲しいから男性がするのがプロポーズではありません。
結婚は生活です。プロポーズは本来、お互いにお互いの残りの人生に責任を取ります、という意味であるべきはずです。
プロポーズの意味を正しく理解できていない女性は私の体感では多いです。だから、既婚者の1/3が離婚するという統計結果が出ます。
女性を幸せにするのが結婚の意味ではありません。

話を聞く限り、ご主人がそらさんにプロポーズして、そらさんはOKしたのだと思います。そうであれば、OKした責任を取るべきです。
もっと精神面を見極めていたらとは言いますが、見極められなかったのであれば、それは自分の責任です。
私は高学歴な部類に入りますので、周りの男性に無断で仕事を辞めるような男性は聞いたことも見たこともないです。
高学歴な男性はしっかりと先を考えている男性しかいません。そういう男性と縁があったことが過去の自分の行動の答えではないでしょうか。

私は男性であり、共感脳は持っていません。そういう個人の話を私にした理由は、共感して欲しい以外に理由はないと思います。
メンタルが大切であると私が考えていることは、私の日記を読んでいらっしゃるなら十分感じているはずです。
あえてそれをコメントで言う理由はないはずです。それをコメントで言う理由は、深層心理レベルでは1つしかないと思います。

ご主人をしっかり支えてあげて下さい。それが今、そらさんがしなければいけないことのはずです。
[ 2017/04/03 00:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightningplus.blog.fc2.com/tb.php/106-7acc0238